アクセス解析ツールの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この資料は15ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではアクセス解析ツールのサービスについてまとめています。
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業、株式会社ビービット、株式会社Ptmind
利用規約とご案内の連絡に同意の上
これらの無料ガイドもよく一緒にダウンロードされています。
営業支援・顧客管理(SFA・CRM)選び方ガイド
生産管理・販売在庫管理選び方ガイド
ネットワークセキュリティ選び方ガイド
決済代行システム選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
選択中の{{checkedIds.length}}件の無料ガイドを

アクセス解析ツールサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
料金
最近は無料でも十分使えるアクセス解析ツールは存在しますが、本格的にアクセス解析を行いたい方には有料版がおすすめです。やはり、有料のアクセス解析ツールの方が配慮の行き届いた機能がたくさんあります。無料のアクセス解析ツールには広告が表示されることがあるので注意が必要です。多くの場合、この広告を取り除くためには有料プランに移行しなければならないことが多いです。比較するときには、無料か有料で分けずに、無料なら有料になる条件は何か、有料ならいくらなのかが大切です。これによって料金による比較が正確に行えます。
2
機能
機能面に関しては、低価格のものでは、機能が不足しているものがあります。反対に、高機能すぎて使いこなせない場合があります。ですから、自社の利用目的に合った機能を持ち合わせるアクセス解析ツールを探すべきです。ちなみにどの利用目的にも共通してみるべき機能は、ログの保存期間です。有名なアクセス解析ツールは、Web検索すると使い方が載っているので、公式のサポート以外にも、情報収集することができます。
3
使いやすさ
使いやすさは、社内での利用が広げる上で重要なポイントです。扱いやすいUIと一言で言っても、実際に使ってみないと分かりませんが、トライアルがあるアクセス解析ツールがほとんどなので実際に利用してみてください。このトライアルを行う際には、想定しているユーザーには全員に操作するようにしましょう。なかなか全員の意見が一位するとは限りません。しかし、できるだけ多くの人が使いやすいと思うものを選ぶと、その後の運用が楽になります。

アクセス解析ツールサービスの一覧


手間なし
費用なし
アクセス解析ツール
12
サービス分の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
Download for free yellow
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
手間なし
費用なし
アクセス解析ツール
12
サービス分の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料は登録したメールアドレスへ送信されます。
Download for free yellow

アクセス解析ツールの基礎知識


1
アクセス解析ツールとは
アクセス解析とは、WEBサイト内にアクセスしたユーザーの数、男女の比率、滞在時間などが値として表され、ユーザーの行動を把握することができます。コンバージョン率(WEBサイトの目標に達成した割合)を上げるためにアクセス解析ツールは使われます。ページがどのように遷移され、どのコンテンツがよく読まれているかが分かれば、今後どのようにWEBサイトを作成していけばいいか考えることが可能になります。
ここ最近では、ヒートマップからクリック場所や閲覧率を「見える化」できるアクセス解析ツールもあるので、ユーザーの傾向をパッと見て理解できます。
2
アクセス解析ツールの基本性能
・アクセス数
・ユーザー属性
・流入元URL
・検索エンジンと検索ワード
・リアルタイム分析
アクセス数はセッション、PV数、UU数などを検出します。ユーザー属性は、ユーザーの性別や年齢、地域別訪問率も調査します。流入元URLは、どのように自社サイトに遷移してきたかを確認できます。どの検索エンジンからどれほどのアクセスが行われているか、どのような検索ワードから多く流入しているかを把握できます。
リアルタイム分析は、現在のアクティブユーザー数やそれぞれのユーザーがどのページを開いているかが分かります。
3
アクセス解析ツールはなぜ必要か
・SEO対策
・広告の効果測定
WEBサイトを作っただけで、目標(問い合わせやダウンロードなど)を達成できるとは限りません。自社サイトの何に興味を持って訪れたのか、どのような過程でコンバージョンに至ったかを知ることができます。
また、どのページが直帰率が高いか確認することも可能です。そのため、効果的なWEBサイトを構築するため、広告の最適化を図るためにはアクセス解析ツールは欠かせません。
4
アクセス解析ツールを導入するメリット
・サイト内コンテンツの人気か不人気かを把握
・広告の導入の検討
・経営陣や関連部門にレポートで報告
頻出検索ワードPV数は増加しているか、サイトの滞在時間は伸びているか、直帰率は低いかなどを比較すればコンテンツの良し悪しを見つけ出すことが可能になります。
ヒートマップやクリックエリアからは、広告をどこに打てばよいかを検証できます。いわゆるwebマーケティングの見える化が可能になります。
5
アクセス解析ツールを導入する際に起こりえるデメリット
「データが何を表し、どう活用していけばいいのかわからず、導入したのは良いが使いこなせていない。」 「サイト上のどこが悪いかは分かったが、どのように修正するかは分からない。」
などアクセスの動向が見える化できたとしても、その後どのように修正・強化をすべきか改善に活かせない場合があります
6
アクセス解析ツールを導入する際に比較するべきポイント
・コスト
・機能
・使いやすさ
最近は無料でも十分解析できるアクセス解析ツールは存在しますが、本格的にアクセス解析を行いたい方には有料版もおすすめです。また、無料の場合には広告が表示されるアクセス解析ツールもあるので注意が必要です。機能面に関しては、高機能すぎて使いこなせない場合があります。自分の使い方に合ったアクセス解析ツールを探すべきです。グーグルアナリティクスのような有名なアクセス解析ツールはネット検索すると使い方が載っているので随時確認しながら利用することができます。
最後は使いやすさが大切です。扱いやすいUIは実際に使ってみないと分かりませんが、お試し期間があるアクセス解析ツールがほとんどなので実際に利用してみてください。
7
アクセス解析ツールの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
まず第一に、PV数やUU数、セッション数などが何を意味しているかを知る必要があります。ある程度の事前知識は蓄えておく必要があります。
次に、得られた情報からどのように活用して次の施策を打つかを考えなければなりません。その際には、マーケティングの知識が必要になります。ツールを選ぶ際に多機能なアクセス解析ツールばかりに固執してしまうのは良くありません。多機能が逆に煩雑さを生むことが多々あります。