Article square balloon
2016-09-29
会員限定記事

お金をかけてでもベンチャーが導入するべきクラウドサービス13選

Large
Article thumbnail cover

お金をかけてでもベンチャーが導入するべきクラウドサービスとは

企業において経営資源と言われる「人・モノ・金・情報
特に駆け出しのベンチャー企業においてはどの経営資源も足りていないのが実情なのではないでしょうか。


そんな中で自分達のプロダクトを磨く事に集中する為にも、業務効率化が図れるクラウドサービスはできる限り導入したいといった声をよく聞きます。
一方で、全ての経営資源が潤沢にあるとは言えないベンチャーでは、お金をあまり使いたくないというところが多いのではないでしょうか。


リーズナブルで便利だからと言ってあれもこれも導入とはいかないとは思いますが、限られたリソースを賢く回したいベンチャーだからこそお金を払ってでも導入した方が良いと思えるクラウドサービスをご紹介致します。

お金をかけてでもベンチャーが導入するべきクラウドサービス13選

1.スタンバイ・カンパニー

stanbycompanySS

ベンチャー企業がお金を掛けてでも導入すべきサービスとして、優秀な人にジョインしてもらうために求人作成・採用媒体の分野があります。

そうした採用媒体ツールの中でも、今回ご紹介したいのは、「完全無料」で利用ができるスタンバイ・カンパニーというクラウドサービスです。

スタンバイ・カンパニーは、求人作成・編集、求人媒体への掲載・応募者の管理といった「採用の媒体掲載」に関する一連の業務をクラウド上でカバーすることができ、入力された情報は、ビズリーチが提供する国内最大級の求人媒体「スタンバイ」に反映されることから、求職者へスピーディーに情報を届けることができます!

また、自社ホームページの採用ページとして利用していただくことも可能です。ページの更新や修正、募集停止はいつでもできるため、状況に合わせてスピーディーに対応することができます。

採用の掲載・進捗管理の双方に関する機能が無料かつオールインワンで提供されているため、資金の限られているベンチャー企業にはとてもありがたいサービスです。

スタンバイ・カンパニー

Next Japanese
Article whitepaper bgS3 0
会計ツール
選び方ガイド
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
株式会社ネオキャリア
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ