インターネットタイムレコーダーで勤怠管理をすっきり簡単に!クラウド勤怠管理システム『ちゃっかり勤太くん』です。ちゃっかり勤太くんは、弥生給与など給与ソフトとも連携可能。タイムレコーダーはもう必要ありません。

この資料は15ページあります。続きは請求してください。
勤怠管理システムお役立ちガイド
資料名:勤怠管理システム選び方ガイド
他のサービス資料と比較するなら
請求される資料数:19

ちゃっかり勤太くんのサービス概要


インターネットタイムレコーダーで勤怠管理をすっきり簡単に!クラウド勤怠管理システム『ちゃっかり勤太くん』です。ちゃっかり勤太くんは、弥生給与など給与ソフトとも連携可能。タイムレコーダーはもう必要ありません。

3つのポイント


1
充実したタイムレコーダー機能

様々な出退勤入力方式に対応静脈認証(指静脈・手のひら静脈 両対応)や指紋認証方式を採用することにより、面倒なタイムカード発行作業や不正打刻をなくすことができます。
本社はフェリカ、支店はWEBブラウザ、店舗は指静脈、外回り営業はスマートフォンといった混在利用も追加費用無しで可能です。 また、タッチパネルを使えばマウス操作の苦手なご年配のパート社員でも簡単にご利用できます。 1日複数回勤務対応1日に何度でも出退勤を繰り返すことができます。午前中に勤務した後、一度 家に帰って夜から再び出勤するシフトがある場合などにも対応可能です。 出退勤打刻場所の把握どのPC/拠点から打刻したかを把握できるため、より正確な勤怠管理が可能になります。他拠点の応援にも対応してます。

2
モバイルにも対応

携帯電話やスマートフォンからの出退勤
携帯端末から出退勤打刻や情報確認ができるため、社外で勤務する派遣社員や外出の多い営業社員でもご利用いただくことが可能です。もちろんアンドロイドやiPhoneといったスマートフォンにも対応しています。
GPS機能
打刻場所の位置情報を取得できますので、勤務場所以外での打刻を抑止することが出来ます。GPS機能がついていれば携帯電話、Android、iPhoneいずれも利用可能です。※プライバシー保護のため「位置情報を送らない」ことも可能です。
電車遅延・直行直帰の連絡機能(一部開発中)
出社時の不意な電車遅延や、予定外の直行直帰が生じた場合もご安心下さい。携帯電話から申請を行うことができますので、事後修正や打刻漏れを最小限にすることができます。2013年1月現在、スマホからの申請承認機能が可能となっています。
回線・機器などインフラの心配がありません
モバイル端末からの通信により打刻データをアップロードしますので、回線やPCなど機器の準備の必要がなく、低コストでご利用いただきます。

3
充実した管理・集計機能

申請~承認ワークフロー
休暇や残業の申請から承認までのワークフローを標準でご用意しています。申請項目は、固定されたものだけでなく任意のものを自由に作ることができます。申請書の入力と同時に承認者へ通知メールが送信されるなど、ペーパーレスを実現する機能を備えて参ります(メールサーバの条件が有ります)。
様々な休暇管理機能
年次有給休暇はもちろん、誕生日休暇やリフレッシュ休暇など、様々な休暇の管理が可能です。また、任意の休暇項目を自由に作ることができます。2010年4月より改正労基法にて適用された時間単位の有給休暇にも対応しております。
多彩なアクセス権限
設定が可能雇用形態設定とアクセス権限設定、所属部門設定にてそれぞれ設定することにより、見せたくないメニューの非表示はもちろん、勤務表の修正可能範囲や、データの閲覧可能範囲などを無制限に設定することが可能です。
多彩なシフト作成
設定数も項目も無制限の柔軟なシフトを設定できます。日またぎや最大連続勤務も対応しており、24時間稼働拠点の管理も可能です(19時~32時などの出退勤可能)。また、遅刻・早退・欠勤を無視する設定も可能ですので、自由出勤のアルバイトの管理にも対応しています。
様々な給与計算システムとの連動
出力フォーマットを自由に設定できますので、ほとんどの給与計算システムにデータを連携することが可能です。また、給与計算アウトソース等を委託されている社会保険労務士法人への提出データとしてもご利用になれます。

ちゃっかり勤太くんの利用環境


おすすめの社員数

モバイル対応

無料お試し期間あり
情報なし
無料プランあり
情報なし
日本語対応
情報なし

ちゃっかり勤太くんの会社情報


非公開設定
会社名非公開設定
代表者名
資本金
従業員規模1人
所在地
設立年月

ボクシルスタッフからのコメント


手入力の手間とチェック業務の業務期間が大幅に減ります。 月間3-4日間→半日間になります。
勤怠管理と工数管理が一元管理できるようになり、業務分析がしやすくなります。
常駐者の勤怠情報がリアルタイムで管理できるため、残業時間の抑制が可能になります。
月初の確認作業が分散され、月初に業務が集中せず、平準化されます。