{{ message }}
Article square balloon
2017-03-18
会員限定記事

勤怠管理システム比較40選!価格・機能・無料期間など知りたい情報すべて網羅!

勤怠管理システムの特徴・機能・価格を徹底分析!計40サービスをカテゴリー別にまとめました。導入が初めての方に向けて勤怠管理システムのメリットやデメリット、口コミもご紹介しています。システム導入前にまずはこのページをチェック!※2017/4/20更新
Large
Article thumbnail cover

勤怠管理システムは、出勤・退勤を記録するだけのものと思っていませんか?
実は勤怠管理システムには様々な機能があり、サービスによって違ってきます。
例えば、

・経費精算ができるもの
・従業員の労働生産性を把握できるもの
・紙の出勤簿ソックリなもの
・社労士に相談できるもの…

など、それぞれ明確に差別化されるポイントを持つ勤怠管理システムが増えています。

しかし、サービスを1つ1つ見て比較するのは大変ですよね。
そこで、今回は勤怠管理システム40サービスを7つの分類に分け、それぞれの特徴を比較しながら紹介します。
また、勤怠管理に初めて携わる方、人事だけど勤怠管理の意義やメリットについてよく知らない方のために、勤怠管理の重要性についても1から解説します!

勤怠管理システム40サービス紹介!

それでは、勤怠管理システムを40サービス紹介します。カテゴリーごとにサービスを分類したので、自社に合ったカテゴリーから選びましょう。
さらに、各サービスのポイントを一言で分かりやすく説明しているので、気になったものだけを見ればOKです!

1.定番サービス8選

まず初めにどなたにも広くお勧めできる、多機能なサービスを紹介します。

ジョブカン勤怠管理

ae05b70ecfbe5112696f2eff7103c3b0
【ポイント】
業界一豊富な機能から、自社に必要なシステムを構築!
ジョブカン勤怠管理は、業界一の多機能性を誇る勤怠管理システムです。打刻方法は、スマホ・PC・タブレットはもちろん、ICカード、指静脈打刻とほぼ全ての方法から選べます。
「シフト管理」の機能もとても充実しており、飲食業界や小売業界はもちろん、福祉業界や一般企業(中規模~大手)にも最適。キッチンやホールなどスタッフの種別での設定・グループ設定に加え、個人の設定や管理もできますスマホで簡単にシフトの提出をすることが出来るので、従業員にとっても便利です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円~/1ユーザー 60日間

ボクシル特典
特典:3ヶ月無料
※通常の60日間無料に加えて+1ヶ月無料

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

jinjer(ジンジャー)

dcef3861f1426079d109c901339583b0

【ポイント】
管理者側のマルチデバイス対応で使いやすい!
jinjerは、業界標準の機能を網羅し、簡単導入・簡単操作ができる勤怠管理システムです。iBeaconやGPSなど多彩な打刻機能を実装し、チャット機能も完備。業界初となる管理側のマルチデバイスフル対応していることで、専用端末がいらず、使いやすさを追求したサービスです。
また、多くの決済方法など機能も充実。管理・作業コストを軽減することで企業のパフォーマンス向上を実現します。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円/1ユーザー 30日間

ボクシル特典
2ヶ月無料
※通常の30日間無料に加えて+1ヶ月無料

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

follow スマート タッチ

【ポイント】
NTTのクラウドサービスが業界最安クラスの月々200円で利用できる!

follow スマート タッチは、NTTコムウェアが提供するクラウド型勤怠管理サービスです。シフト作成、休暇管理の機能もついて月々200円という価格設定はとても魅力的です。お手持ちのPCやタブレットを打刻用端末にすれば、導入費用は掛かりません。
また、NTTグループの国内最高レベルのクラウドサービスであるので、セキュリティーも万全で個人情報も安心して預けられます。さらに、2017年4月に全面リニューアルをしており、デザインや操作性が各段に向上。検討候補の1つとして、是非抑えておきたいサービスと言えます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円~/1ユーザー 60日間

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

KING OF TIME(キングオブタイム)

kingoftime
ポイント
クラウド型勤怠管理シェアNO.1
KING OF TIMEは、導入シェア実績NO.1のクラウド勤怠管理システムです。導入企業が多く、残業管理や申請承認機能も備わっているため、業務改善を検討している企業にもオススメの勤怠システムです。
打刻手段もカード、生体認証、携帯端末など多様な種類があります。既存の給与システムとの連携もできるため、集計されたデータをそのまま利用し簡単に運用スタートが可能です。もちろん初期費用などは無料で、利用人数分のみの料金体系です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 300円/1ユーザー

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

AKASHI

AKASHI

【ポイント】
簡単な導入・利用!使いやすさを追求
AKASHIは、ソニーネットワークコミュニケーションズ(前So-net)が提供する新しい勤怠管理サービスで、同社が10年以上前から提供してきたクラウド型勤怠管理サービス「Internet Time Recorder」の中からユーザーの貴重な意見を反映させたものとなっています。

カスタマイズ性も高いため管理者側も扱いやすく、「画面や操作が分かりづらい」といったこれまでの不満を解消。導入・利用がとても簡単な勤怠管理システムです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円~/1ユーザー

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

CLOUZA(クラウザ)

スクリーンショット 2015-05-25 20.52.52
【ポイント】
99種類のシフトパターンで、様々な業種・業界に対応!
CLOUZAは、初期費用・基本費用無料で月額200円〜利用できる勤怠管理システムです。シンプルなUIデザインにこだわっており、「打刻」「確認」「出力」3ステップで操作をすることが可能です。また、全ての機能を最初の30日間は無料で利用することが出来るため、実際にどこが使いやすい・自社に合うのかといったことをノーリスクで確認出来ますね。登録するシフトパターンも99種類まであるので、様々な業種・業界に対応しています。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円/ユーザー

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

バイバイタイムカード


【ポイント】
豊富な打刻方法とユーザーごとにカスタマイズができる柔軟なシステム
バイバイタイムカードは、豊富な打刻方法とユーザーごとにカスタマイズができる柔軟なシステムが特徴のクラウドサービスです。iPadとQRコードでの簡単な打刻や、ICカード、スマートフォン、指静脈認証など様々な打刻方法からユーザーの要望に適した組み合わせを利用することができます。システムの反応時間も平均0.02秒と速いので、作業効率を下げることなく打刻が可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
20,000円 200円/ユーザー

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

e-就業ASP

【ポイント】
就業規則に合わせて柔軟に設定。企業の健康経営をサポート!
e-就業ASPは、健康経営を支えるために労働時間を適性に把握・記録することを実現した勤怠管理ツールです。

100種類以上の勤務パターンに対応し、職種や役職により変更できる残業アラートで残業を防ぎます。就業規則に合わせて柔軟に設定できるので企業の健康経営をサポートします。ICカードやスマートフォンなど豊富な打刻機能を備えているので、自社に適した方法での運用が可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
75,000円~ 280円~/1ユーザー

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

2.中小企業・スタートアップにおすすめのサービス9選

導入が簡単で、中小企業やベンチャーにおすすめのサービスを紹介します。また、サービス導入が初めての方におすすめな、操作が簡単なサービスも合わせて紹介します。

勤之助ver.2

スクリーンショット 2015-05-25 21.54.46

【ポイント】
紙の出退勤表にフォーマットが近いため、WEBが苦手でも使いやすい!

勤之助ver.2は、中小企業や特に店舗運営をしている方にオススメの勤怠管理システムです。今時のUIデザインというよりは、これまで紙で管理をしている出退勤表にフォーマットが近い為、WEBリテラシーがあまり高くなくとも抵抗感なく操作できる点がポイントです。
24時間稼働してる工場などでシフト管理をしなければならない場合も、交替勤務スケジュール作成機能があるため簡単に管理することが出来ます。
また、朝イチの会議や急な外出などで打刻を忘れてしまうこともありますよね。そんな時に、自動で打刻漏れをユーザーに通知してくれる機能もついています。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
別途見積もり 300円~/1ユーザー

CYBER XEED(サイバーエクシード)

【ポイント】
勤務管理用のサーバー及び業務拡大に伴う設備投資不要。既存のインターネット回線で利用できます。
サイバーエクシードは、打ち忘れ情報の抽出や日々の打刻集計、年休・残業の申請・承認、従業員勤務スケジュールの作成や各種帳票の出力など、勤怠管理にかかわる一連の機能をサーバーやネットワークの追加構築をせずに、既存のインターネット回線を活用してご利用可能な勤怠管理システムです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

AttendancePro (アテンダンスプロ)

【ポイント】
インターネット環境があればどこからでも全機能を利用可能。
AttendanceProは、インターネットへの接続環境があれば、いつでも、どこからでも、全ての機能をご利用可能です。カードリーダーを利用して正確な時間の把握が可能で、休暇申請や承認作業機能も備えたシステムにより、休暇管理が容易となっています。オプションの工数管理機能でプロジェクト管理も可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

ICタイムリコーダー

【ポイント】
ICカードで手軽にクラウドシステムの導入!

ICタイムリコーダーはICカードをタイムカードとした、インターネットを用いたクラウド型のタイムレコーダーです。これまで紙のタイムカードやエクセル勤務表でおこなっている、お客さまの勤怠管理・給与計算にかかる時間の短縮、コストの削減を実現します。タイムカードで印字打刻し集計や管理をする作業から、ICカードで打刻し、データとしてインターネットを介し、直接パソコンに取り込み集計、管理をすることで打刻ミスや集計ミスをなくします。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 150円/1ユーザー 1ヶ月

勤怠管理システム「ディーレコ」

【ポイント】
タイムカードの使い勝手をそのまま導入できるクラウド型勤怠管理システム

ディーレコは、タイムカードの使い勝手をそのままに導入できる、シンプルで使いやすいクラウド型勤怠管理システムです。
月額ひとり30円というリーズナブルな価格設定ながらもシンプルかつ豊富な機能で、勤怠管理における『作業の効率化』『コスト削減』を実現します。
インターネットがあればどこからでも簡単に打刻ができますので、すぐに運用を開始することができます。
また、タイムカードや出勤簿のデータはクラウド上に保管されるので、日々の打刻忘れや残業時間のチェック、社員の勤怠表や自動集計された勤務時間を全てWebブラウザから確認できます。時間集計では社員1人1人の勤務形態に合わせた柔軟な設定が可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 30円/1ユーザー 14日間

sociaクラウド

【ポイント】
インターネットに接続するだけでサービスを利用できるため、設備投資の必要なし

Sociaクラウドは、勤怠管理・人事給与業務をシステムからアウトソーシングまで充実したラインナップでサポートします。Sociaは、オープン系人事システムのパイオニアとして20年前に発表、1,200社の顧客を獲得しています。
インターネットに接続するだけでサービスを利用できるため、設備投資費用が必要ありません。項目の追加変更、複雑な計算ロジックまで標準機能で十分対応できるシステムです。
また、人事管理・勤怠管理・給与計算のほか、時間外申請などの申請承認フローといった人事労務管理で必要とされるシステムを網羅し、人事情報の一元管理ができます。
データセンター及びアウトソージングセンターを二重で完備し、不測の事態でもシステムと業務を復旧できます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
50,000~

ネクストタイムカード

スクリーンショット 2015-05-25 20.48.56
【ポイント】
スタートアップや少人数で経営している企業にオススメ

ネクストタイムカードは初期費用無料かつ、1人から利用することが出来る勤怠管理システムです。10人以上でいくら、という金額での計算ではないので、スタートアップや少人数で経営している企業にオススメです。残念ながらスマホには未対応ですが、普段使っている交通系ICカードがタイムカード代わりになるので、使い勝手はむしろ良いかもしれません。
また、入力が面倒くさいという理由から、導入ハードルになりがちな「勤務体系の登録」や「社員登録」を専任のコンサルタントがサポートしてくれます。どれだけ登録が簡単とは言っても、なかなか自分で設定するのは大変です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円/1ユーザー

備考:無料体験版あり
ASP利用料金:10,000円

Hachikin (ハチキン)

【ポイント】
ワークフローで煩雑な業務をシンプルに

ハチキンでは、勤怠管理、経費・交通費精算でそれぞれのワークフローを定義することができるので、煩雑だった業務を改善することができます。ワークフローでは、承認・却下・再申請を簡単に行うことができ、申請や承認のタイミングでメールによる通知も行われるので、スムーズに処理を進めることが可能です。また、Hachikinは2人まで無料で始められるので、個人での利用や、本格利用の前にちょっと試してみたいといった方に便利です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 3,800円~ 30日間

備考:フリープランあり

Workcloud(ワーククラウド)人事・労務・給与管理システム

【ポイント】
スタートアップ企業に!「人財力」、「会社力」をサポート。

ワーククラウドは、起業時から300人規模の会社の「人財力」、「会社力」をサポートします。
会社の人事をワーククラウドで一元管理し、オンラインで人事管理、勤怠管理、有休管理、給与計算、マイナンバー管理等を行える人事労務管理クラウドサービスです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 1000円/1ユーザー 30日間

3.カスタマイズ性の高いサービス2選

カスタマイズ性の高いサービスを紹介します。会社ごとの就業規則に合わせてカスタマイズしたり、無駄な機能を省いて使いやすくしたりすることができます。

MINAGINE就業管理

【ポイント】
人事のプロが開発!勤怠の集計をもっと楽に。

MINAGINE就業管理は、人事のプロが開発した勤怠管理システムです。
勤怠の集計を簡単にしたい、労基法に対応させたい、社労士に相談したい等、こんな顧客の要望を解決してくれます。
また、自社に合わせたカスタマイズが可能なクラウド型の就業管理・勤怠管理システムです。会社ごとに異なる就業規則や形態に合わせてシステムを設定していくことができ、インターネットに接続できる環境であれば、すぐに使うことができます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 150円/ユーザー 30日間

EnCollabo(エンコラボ)

【ポイント】
顧客の要望へのキメ細かい対応!自分だけのカスタマイズが可能。

勤怠管理クラウドサービス、エンコラボは顧客の要望にとことん応えます。
様々な設定を搭載し、設定変更での対応の他、カスタマイズでの独自の画面や帳票の追加も可能です。
クラウドでは難しかったキメ細かい要望への対応とクラウドの特徴であるコストの低減を掛け合わせたハイブリットな仕組みで顧客の悩みを解決します。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
30,000円 100円~/1ユーザー 30日間

4.グループウェア・他機能連携サービス4選

勤怠管理を含むグループウェアや、勤怠管理と関わりの深い「経費精算」などと連携できるサービスの紹介をします。

ビジネスgoo

【ポイント】
簡単かつ高セキュリティのグループウェア

ビジネスgooはPC・携帯電話・スマートフォンで利用できる簡単かつ高セキュリティのグループウェアです。シフト管理では、出社時刻と退社時刻を記録することで就業時間や残業時間の合計を出力することができます。タイムカードを一括管理することができるので、煩雑な月末の集計作業から解放されます。従業員はビジネスgoo上で簡単に出勤情報の登録ができ、集計結果の印刷やファイルでのエクスポートを行うことができます。また、タイムテーブルを複数登録することができるので、様々な働き方に適した利用が可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 600円/1ID

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

TeamSpirit(チームスピリット)

https://gyazo.com/5eea85070a6cee2297e66a4965e91d0e

【ポイント】
勤怠管理・就業管理・経費精算・工数管理・電子稟議を一つにまとめた、手軽なワークフロー・サービス

チームスピリットは"ちょうどいいERP"をコンセプトに、「勤怠管理」「就業管理」「経費精算」「工数管理」「電子稟議」など、基幹業務につながるシステムをクラウドで一つにまとめた、手軽なワークフロー・サービスとなっています。既存の会計ソフトや給与計算のパッケージともシームレスに連携をすることが可能なため、導入の際に他のサービスから切り替える必要がありません。スマホにも完全対応しているので、外出先でも簡単に勤怠を入力することが出来ます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
150,000円/組織 30,000円/1社 30日間

UBIOS(ユビオス)

【ポイント】
営業マンの勤怠管理に!派遣先・外出先での勤怠状況を、リアルタイムにPCで管理
UBIOSシリーズは、位置情報と時刻情報をコアにしたサービスです。
スマートフォン・携帯電話の位置情報を活用した、出退勤報告サービスで、派遣先・外出先での勤怠状況を、リアルタイムにPCで管理できます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円/1ライセンス


kincone(キンコン)

【ポイント】
ICカードで楽々管理。交通費生産も簡単!

kinconeとは、出勤時と退勤時に従業員がIC定期券をタッチするだけで勤怠情報を管理。利用した交通機関の情報も同時に読み取り、交通費精算にかかる労力を削減。カードリーダーとiOS端末、もしくはNFC対応Android端末だけで運用開始で、導入コストも最小限に抑えます。月額200円~(従業員1名あたり)で、毎月の見えないコストを削減します。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 200円~/1ユーザー 最大2ヶ月

5.シフト機能充実サービス2選

勤怠管理の中でも、特に「シフト管理」に特化したサービスを紹介します。

シフト管理システム「シフケア」

【ポイント】
シフト管理に特化した様々な機能!

シフケアは、シフト希望の提出やシフト表の作成、シフト共有をオンライン上で行うことができる、シンプルで使いやすいシフト管理システムです。月額ひとり30円というリーズナブルな価格設定ながらもシンプルかつ便利な機能を、管理者もスタッフも、難しい設定なしですぐ利用できます。
インターネットがあればどこからでも最新のシフトを確認できるので、スタッフがシフトの提出・確認のために店舗へ来る必要もありません。また、管理者はシフト表から役割や時間帯ごとのシフト人数、店舗やスタッフの勤務時間を一目で把握できるので、人が多すぎたり手薄な時間帯はないか、誰かに勤務時間が偏っていないかといったシフト状況の管理も簡単です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 30円/1ユーザー 14日間

シフオプ


【ポイント】
シフト管理のすべてをオンライン上で管理

シフオプは、シフト管理に特化した勤怠管理システムです。シフト管理のすべてをオンライン上で管理、希望シフトの収集からシフト表の作成、共有、そして急な欠員対応まで、日々発生する店舗のシフト管理の業務時間を大幅に削減します。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 300円/1ユーザー

6.無料・低コストサービス4選

IEYASU(イエヤス)

IEYASUscreenshot
【ポイント】
無料サービスの中では圧倒的な多機能性!

IEYASUは、1000社以上のサポート経験により培った人事・労務の専門ノウハウが詰まった勤怠管理システムです。人事実務の専門家がベンチャー企業で必要な機能を精査し、シンプルで使いやすい勤怠管理システムを共同開発しました。出退勤データを出力して様々な分析が行えるよう、Excelの分析レポートを豊富にそろえています。
なんといっても一番の魅力は、無料でかなりの機能を利用できるところです。これだけの機能が備わっていて無料の、勤怠管理のシステムはなかなかありません。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 0円

備考:有料オプションあり

シュキーン

kintaikanri_shuki-n_screen_201606

【ポイント】
タイムマネジメント型"の勤怠管理システム

シュキーンは、"タイムマネジメント型"の勤怠管理システムです。日々の勤怠データを元にしての勤怠分析、タイムマネジメントが可能なことが特徴的です。「総労働時間」や「総残業時間」を一瞬で算出し、総労働時間や残業時間の多い従業員を一瞬で把握することが出来ます。
これにより従業員の一人あたりの労働生産性について正確に計算することが出来るため、「業務効率システム」としてだけでなく、健全な経営の判断材料とすることが可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
20,000円/台(端末購入費用) 0円

備考:有料プランあり

スマレジ・タイムカード

【ポイント】
即日利用可能!タブレットなどで無料で始められるアプリ。

iPadなどのタブレットを使って無料で始められるクラウド勤怠アプリ「スマレジ・タイムカード」は、導入が簡単で即日利用可能。お店や会社の出退勤や休憩時に、顔写真を撮って打刻することで不正防止にも繋がります。
有料版ではシフトの作成や有給・日報管理だけでなく、会計サービスとの連携により給与計算なども正確かつ効率的な業務が行えます。また、管理工数も大幅に減少するので、本業に専念する時間を増やし、スタッフの生産性を向上させることができる勤怠管理システムです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 0円

備考:有料プランあり(4000円/店舗)

Tomasサーバ型勤怠管理システム

【ポイント】
ランニングコストは格段に下げる!サーバ型勤怠管理システム。

Tomasサーバ型勤怠管理システムは、会社内のネットワークを使って利用するタイプです。社内ネットワークが整備されている企業や、大規模の企業向けになります。
クラウドタイプに比べ、イニシャルコストはかかりますが、ランニングコストは年間保守費用のみなので、格段に下がります。
ネットワーク内のみでの運用が可能なため、企業コンプライアンスの厳格な企業に向いています。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

7.その他11サービス

TimeCrowd(タイムクラウド)


【ポイント】
Googleカレンダー等と連動!チームでの時間を共有し生産性を高める!
タイムクラウドは未来、現在、過去と、タイムクラウドはチームでの時間を共有し生産性を高めるためのツールです。
Googleカレンダー等と連動して空き時間を手軽にチームと共有できたり、今やっているタスクをリアルタイムで共有することでオフィスで隣の席にいる時以上に誰が何をやっているのかを把握することができます。また、時給計算まで含めた稼働レポートを確認する事もできます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
500円/人 2週間

ClearWorks給与ワークス

【ポイント】
給与計算業務をもっと簡単、スピーディに!給与・賞与から年調・社保まで給与業務をサポート。
ClearWorks給与ワークスは、給与計算業務をもっと簡単、スピーディにをするべく、給与・賞与から年調・社保まで給与業務をサポートします。
勤怠情報入力から各種保険や税金の計算、給与・賞与明細書の作成、各種届出表の作成まで、給与業務をトータルにサポートしています。
マイナンバー制度にも完全対応しています。

Touch on Time(タッチオンタイム)

kintaikanri_touchontime_screen_201606

【ポイント】
従量課金制で低運用コストで運用することが可能!
タッチオンタイムは従量課金制で低運用コストで運用することが出来ます。そのうえ、300円/ユーザーの費用の中にはサーバーのメンテナンス費用なども含まれ、手厚いサポートが受けられるなどユーザーに優しい勤怠管理システムです。
また、打刻端末は指紋認証・ICカード認証・従業員IDとパスワードによる認証に幅広く対応しています。また、有線 / 無線LANで打刻データをクラウド上に送信するため、打刻用のPCは不要です。
無料お試し期間もあるのでぜひお試しください。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
10,000円 3000/2ID 最大2ヶ月

インターネットタイムレコーダー

【ポイント】
プロ集団による安全サポートで、顧客満足度96.8%
インターネットタイムレコーダーは、顧客満足度96.8%のクラウド勤怠システムです。プロ集団によろサポートが魅力のこのサービス。平日の電話、メールサポートだけでなく、社労士による相談にも対応しています。機能追加による追加費用なしで利用できますし、30日間無料ですべての機能を試すことができます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
30,000円 500/1ID 30日間

勤労の獅子

【ポイント】
顧客専任のプロフェッショナルSEがよりよい運用方法を提案
勤労の獅子は、顧客専任のプロフェッショナルSEが直接ヒアリングを行い、顧客に代わってシステムの設定を行うだけでなく、よりよい運用提案をします。また、勤怠運用を極限まで自動化できるような基本機能に加え、多彩なオプション機能があります。そのなかから、顧客のニーズに合わせた必要なオプション機能を提案してくれます。
お客様ごとに専任のプロフェッショナルSEが担当するので、貴社独自の運用や仕様変更にもスムーズに対応可能です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

Time fun

【ポイント】
介護福祉事業所向けの機能を標準装備!
タイム ファンは、介護福祉事業所向けの機能を標準装備した勤怠管理システムです。
介護福祉に特化し、常勤換算を自動で集計、チェック機能で確認がスムーズで、人員配置基準の充足状況把握が可能です。
また、「ほのぼの」シリーズとの連携で、勤怠情報を元に給与計算できるからさらに効率的です。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

DEGISHEET(デジシート)

【ポイント】
人材派遣業界に特化したクラウド勤怠管理
デジシートは、人材派遣業界に特化したクラウド型勤怠管理システムです。人材派遣業界に特化しているため、業界に特化した機能やオプションが充実しています。人材派遣業界の方は一度検討してみる価値があるでしょう。
また、サポート体制にも定評があります。初めてクラウドサービスを導入する方も安心できるサービスです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

G'job(グッジョブ)

【ポイント】
コンプライアンスを重視。適正な勤怠管理を支援。
G'Job 勤怠24(勤怠管理サービス)は、コンプライアンスを重視した、適正な勤務時間管理/休暇管理を支援します。
固定時間制、フレックス制、交代制等、様々な就業形態にも対応し、また従来のタイムカードとの併用や遠隔地からの登録・編集 等運用面においても柔軟に対応しています。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
50,000円 280円/1ユーザー 30日間

奉行シリーズ 就業奉行i10

【ポイント】
法改正への迅速な対応と、様々な雇用形態に対応可能な管理機能
就業奉行i10は、3つのコンセプトに基づき機能を強化しています。頻繁に行われる法改正への迅速な対応、様々な雇用形態に対応可能な管理機能により、お客様の勤怠管理業務を強力にサポートします。長時間労働をめぐる労働審判が後を絶たない昨今、企業の労務コンプライアンスの維持・向上をサポートする労務管理資料を豊富に搭載。就業奉行i10は、成長し続ける企業が、永続的に安心してご利用いただけるシステムです。

初期費用 月額費用 無料お試し期間

就業管理クロノス

【ポイント】
変形労働時間制への対応など、あらゆるニーズにきめ細かくこたえます。
就業管理クロノスは、ギリシア神話の時間の神様「クロノス(Xpôvos/Chronos)」に由来し、その名にふさわしく、勤務環境での時間に関するあらゆる情報を完全に掌握・活用するための、最新の就業管理(勤怠管理)システムです。
勤務時間等の自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制への対応をはじめ、あらゆるニーズにきめ細かくこたえる先進機能を満載。貴社のコンプライアンスのもと、業務の効率化・高速化・人件費の適正化をバックアップします。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
250,000円~ なし

Time Pack Ⅲ(アマノ)


【ポイント】
安心の紙タイプ!定番のアマノ
最後に紙タイプのタイムレコーダーを紹介!定番中の定番アマノのタイムレコーダー、Time Pack Ⅲです。クラウドは少し心配、時間がかかっても紙での集計が安心という方には定番のこのサービス。
紙タイプのタイムレコーダーの中では、長年の指示と圧倒的な人気を誇っています。タイムレコーダーとタイムカード、勤怠管理ソフトが揃っており、買ったその日から使えます。
紙タイプも進化をしており、押し間違い防止に”出勤””退勤”と音声で教えてくれます。

初期費用 月額費用 無料お試し期間
99,360円~(パック費用)

勤怠管理の意義

ここまでサービスを見てきましたが、そもそも勤怠管理って何?という方に向けて、勤怠管理の意義、メリット・デメリット、勤怠管理でできることについて解説していきます。

では、勤怠管理の意義から見て行きましょう。

勤怠管理のいちばん基本的な役割は、従業員の出勤・退勤時間を正確に記録することです。この他に、休憩時間や残業時間、欠勤、休暇取得の情報も記録します。

この記録をもとに給与の計算が行われるので、これらは正確に行われることがとても重要になります。

この勤怠管理が正確に行われないと、様々な問題が生じます。

昨今、過労の問題がニュースなどで取りざたされるようになってきました。
正確な勤怠管理を怠ると残業代の支払いのトラブルがおこったり、従業員の働きすぎに気付けず、最悪の場合、従業員を過労死へと追い込んでしまうこともあります。

また、有給休暇の取得は義務化されているので、きちんと管理していないと法的なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

このような問題を起こさないためにも、従業員の勤怠状況をきちんと管理することが重要になってきます。

「勤怠管理」そのものの概念や考え方を今一度確認したいという方は、下記記事にて詳しく、分かりやすく解説しているので、ご一読ください!


勤怠管理システムのメリット・デメリット

次に勤怠管理システム導入のメリット・デメリットを見ていきましょう。

勤怠管理システムの導入を検討しているのなら、メリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。社内でシステム導入のプレゼンや話し合いをするときに、ここをしっかり理解しておくと強みになります

勤怠管理システムのメリット

1.コストの削減
 コストの削減は大きなメリットです。例えば、紙の勤怠管理表の集計に2日かかっていた企業が、勤怠管理システムを導入することで時間を2時間に縮め、労働生産性をアップさせた例があります。
 
2.適切な労働時間管理
 冒頭にも述べた過労の問題。労働時間を超過しそうな従業員、休暇を取れていない従業員に対してシステムが警告してくれるので、管理漏れによる勧告を防ぐことができます。

3.不正打刻防止
 指静脈や顔認識での打刻方法など、打刻方法も多様化しています。これらは、タイムカードと違い他人に代わってもらうことができないので、不正防止につながります。

勤怠管理システムのデメリット

1.導入における問題
 勤怠管理システムは、「打刻をするだけのもの」と思われがちです。そのため、機能を詳しく調べずに導入し、失敗している企業が多いです。
 実はサービスによって機能が違ってくるので、ポイントを押さえて自社に合ったサービスを探す必要があります。

2.経営層の理解が得ずらい
 勤怠管理システムは利益を生むものではないので、導入の際に経営層の理解が得ずらいという点があります。また、他部署からは人事が楽をしたいだけなのではと思われてしまうことも。

そこで、導入を検討する際は、以下の点を明確にしていきましょう。

1.システムを導入する会社側のメリット
2.業務をどれだけ効率化できるか
3.従業員にとってのメリット
4.システム導入前と導入後のコスト差

これらをきちんと説明できるようなサービスを見つけた上でプレゼンをして、理解を得るとよいでしょう。

メリット・デメリットについてはこちらの記事により詳しくまとめてあるので、きちんとした知識をみてください。


勤怠管理でできることは?

さて、勤怠管理でどんなことが出来るかもチェックしておきましょう。
下の表に主な機能をまとめておきました。

これらの機能をもとに、自社に必要な機能をよく考えたうえでサービスを選んでいく必要があります。


機能概要
打刻機能従業員が使う機能で、始業や終業時、また休憩時開始・終了時の時間を記録します。方法は、ICカードやスマホでの打刻など、多様化しています。
出勤管理従業員の勤怠情報を管理します。従業員の打刻の承認や勤怠状況の確認、営業の直行直帰の管理などを行えます。
シフト管理シフトの管理を行う機能です。人員の過不足判定やシフトの自動作成を行ってくれるもの、夜勤対応のものなどがあります。自社に必要な機能があるかを見ておく必要があります。
各種申請管理従業員が休暇や残業の申請をするための機能です。雇用者側は従業員の休暇実残数の管理などができます。
集計機能勤務時間の集計をします。残業や深夜労働時間を別に集計出来たり、まるめ設定で10分や30分ごとに区切って集計することもできます。
グループスタッフ管理職場のポジションごとにグループを作って管理したり、従業員一人ずつの勤怠状況を管理することができます。
通知機能出勤時のアラート機能や、シフト募集、確定のメール通知などができます。

打刻方法は営業担当に便利なスマホ対応や、不正を取り締まりたい場合のための指紋認識などがあります。

また、アルバイトやパートの管理をしたい場合は、シフト機能やグループ機能が充実したものを選ぶと良いでしょう。
その他、価格も無料のものから選べるので、価格と機能を照らし合わせてみていく必要もあるでしょう。

実際にサービスで使える機能は以下表にまとめてみました。各サービスで項目は異なってきますが、はじめに紹介した多機能なサービスではこれらをほぼ網羅しています。

機能項目
打刻機能ICカード打刻、指静脈打刻、モバイルGPS打刻、PCタブレット打刻
出勤管理複数拠点での打刻管理、アラート機能、直行・直帰管理
シフト管理シフト自動作成機能、確定シフト共有、夜勤シフト対応
各種申請管理休暇付与・残実数管理、休暇申請、残業申請
集計機能勤務時間の自動集計、締め機能、まるめ設定、残業時間集計、深夜時間集計
グループスタッフ管理グループ設定、スタッフ種別設定、従業員ID設定
通知機能プッシュ通知、メール配信

下記の資料では、勤怠管理システムの選び方をインフォグラフィックスにして分かりやすくまとめています。こちらも参考にしてください。

利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
株式会社ヒューマンテクノロジーズ,
株式会社Donuts,
株式会社ネオキャリア等


まとめ

導入したいサービスは見つかりましたか?
勤怠管理は日々行うものなので、いかに効率化できるかを考え、必要な機能のあるサービス選びをしましょう。
自社に合う勤怠管理システム選びの検討材料になれば幸いです!

ボクシルでは資料の一括請求もできます。勤怠管理以外にも様々な法人向けサービスの紹介・比較をしていますので、検討の際に参考にして下さい!

各種勤怠管理システムの一括資料請求

ボクシルで紹介している各種勤怠管理システムのサービス資料を一括で見たいという方は下記のリンクからどうぞ!

利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

クラウド型勤怠管理システム・アプリの口コミ

ボクシルでは、各種サービスに関する利用者からの口コミも見ることができます。
それぞれのサービス紹介ページで口コミを見ることができるとともに、
新着の口コミはサービス一覧ページからも比較しながら見ることが可能です。
勤怠管理

勤怠管理システムの新着口コミ

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article whitepaper bgS3 0
勤怠管理システム
選び方ガイド
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
株式会社ヒューマンテクノロジーズ,
株式会社Donuts,
株式会社ネオキャリア等
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ