2021年に25兆円規模の世界ロボティクス市場、急成長する5つの分野はこれだ

公開日:

IT専門調査会社のIDC Japan (以下 IDC)は2日、世界ロボティクスおよび関連サービス市場における2016〜21年の予測を発表した。ロボティクス関連支出額はアジア太平洋地域を中心に加速度的に増加し、幅広い業界で需要が拡大する模様。

2021年に25兆円規模の世界ロボティクス市場、急成長する5つの分野はこれだ

IDCの世界ロボティクス市場予測、2021年までに2,307億ドルへ成長

(IDC発表資料から作成)

IDCが発表した「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」によると、ドローンおよびロボット関連ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを含めた世界におけるロボティクス関連支出額は2017年に972億ドルで、2016年と比較すると支出額の成長率は17.9%になる見通し。

同社によれば、2016年から2021年の予測期間中にロボティクス関連支出額は加速度的に増加し、2021年には2,307億ドル、日本円で25.4兆円(2017年8月時点)にまで拡大するという。2016年から2021年のCAGR(年間平均成長率)は22.8%と予測している。

米国IDC Manufacturing Insights ロボティクス リサーチディレクターのジン・ビン・チャン博士は、次のように概況を説明している。

「ロボットと人工知能/機械学習の統合が産業向け、および消費者向けの次世代インテリジェントロボットの開発に拍車をかけている」
出典:世界ロボティクス関連市場予測を発表

同氏が述べるように、ロボティクス産業は、人工知能や機械学習などのAIとの統合が進んでいる。そのため、B2B向け・B2C向けのロボット開発に注力されていくことが見込まれるようだ。

市場を支えるのは「組立製造」と「プロセス製造」 教育や小売などでも急拡大

組立製造とプロセス製造におけるロボット製品・サービス支出総額はそれぞれ305億ドルと241億ドルで、2017年のロボティクス関連支出額の中では最大というデータがある。

この2つの産業分野を合わせると、今回の予測期間内ではロボティクス関連支出総額の半分以上を占めるとのこと。

また、組立製造における組立・溶接・塗装業務は、2021年までの支出予想額の25%近くに成長することが見込まれているようだ。これに対しプロセス製造におけるミキシングでは、ロボティクス関連支出総額の15%以上を占めるようになるという。

これに追従する形で自動採掘、棚出梱包などの支出も増えていくとのこと。鉱業や石油・ガス採掘、農業を含む資源産業は、2017年の支出額は3番目に大きくなったという。

また、2016年~2021年の予測期間に支出額が急速に拡大する産業分野は、従来の業界でなくこれまでロボットが利用されていなかった業界や分野での需要や利用の拡大が進むとジン・ビン・チャン博士は予測する。積荷降ろしや教育補助、顧客への配送業務などもこれに含まれる形で成長していくとのこと。

ロボティクス市場、急成長する5つの分野

ロボティクス関連市場で2016〜2021年の年間平均成長率で、最も急速な拡大が見込まれる上位5つのユースケースは、積荷降ろし(71.6%)、教育補助(68.3%)、顧客への配送(60.6%)、精密農業/農作物観察(58.4%)、種まき植え付け(56.4%)となった。

(出典:世界ロボティクス関連市場 ユースケース別 2016年~2021年のCAGR(上位5ユースケース))

ジン・ビン・チャン博士は、さまざまな産業でロボット活用が進むと予測される背景を次のように説明する。

「使いやすさ、自己診断能力、ゼロダウンタイム、学習と適応、それにコグニティブ(認知型)インタラクションなどの画期的な機能を備えたロボットが登場し、製造業や資源産業中心にロボットの導入拡大をけん引するとともに、医療、保険、教育、小売業における新たなロボットの利用を可能にしている」
出典:世界ロボティクス関連市場予測を発表

介護ロボット市場2018年度は19億円超え、普及への課題は価格 | ボクシルマガジン
矢野経済研究所は8月8日、介護ロボット市場に関する調査結果を公表した。これによると、2018年度の国内介護ロボット...
「国内商用ロボティクス市場」2022年までに2兆8,395億円規模へ拡大の見通し-IDC | ボクシルマガジン
IDC Japanは5月17日、国内商用ロボティクス市場における産業分野別およびユースケース(用途)別の市場規模予...

テクノロジー別に見る場合、ロボティクス関連支出総額の半分以上は以下のものが占めているようだ。

  • ロボットシステム
  • アフターマーケットのロボットハードウェア
  • システムハードウェア

そして、ソフトウェアおよびそのサービス、ドローンおよびアフターマーケットのドローンハードウェアの2つの市場は、2021年までの期間で全体を通して最も急成長が見込まれている分野とのこと。それに続き、教育やトレーニング支出が今後伸びていくとの予想がされている。

2021年までアジア太平洋地域が支出額の半分以上に、日本、米国、西欧が追従

地域別で支出額を見てみると、日本以外のアジア太平洋地域、通称「APeJ」が2016年でのロボティクス関連支出額の半分以上を占める見込みという。2017年度の数値を見てみると、APeJに続き日本、米国、西欧が続くとの予測。しかし、2021年までにアメリカが日本を抜いて支出額2位になるとの分析も。

APeJ、日本、アメリカ、欧州の地域市場は、いずれも組立製造プロセス製造による好調な支出がけん引していくという。そして、5年間の予測期間内で最も急成長が見込まれる地域は、中南米(CAGR 26.5%)、APeJ(CAGR 25.2%)、および米国(CAGR 24.1%)が挙げられる。

今回の発表の詳細は、IDCが発行する「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」に報告されている。

2018年のロボティクス関連市場の支出額は前年比22.1%増の1,031億ドルに―IDC予測 | ボクシルマガジン
IT専門調査会社 IDC Japan は2月13日、世界ロボティクス関連市場の予測を発表した。これによると、201...