2017年国内家電流通市場は7兆円超と予測 4Kテレビ、スマホ付属品、生活家電も好調

GfKジャパンは14日、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データをもとに、「2017年上半期 家電・IT市場動向」を発表した。AV市場、テレコム市場、IT・オフィス市場、イメージング市場、生活家電市場それぞれで回復傾向が見られる模様。

2017年国内家電流通市場は7兆円超と予測 4Kテレビ、スマホ付属品、生活家電も好調

国内家電流通市場、前年並みの販売水準 2017年は7兆円をやや上回る予測

2017年上半期の家電小売市場は、前年並みの販売水準となった。ここ数年低調だったAV、ITの市場縮小に底打ち感が見られたとのこと。

2017年通年では、2016年の市場規模7兆円をやや上回るとGfKジャパンは予測する。7月の猛暑の影響で季節家電の販売が前年を大きく上回っていることも売り上げを押し上げる要因だという。

販売形態では、インターネット販売が緩やかではあるものの成長を維持しており、2017年通年の家電小売市場における金額構成比は13%程度を見込んでいるとのこと。

AV市場、4Kテレビが好調 BD/DVD、ヘッドホン・ヘッドセットは減少傾向

2017年上半期のAV市場は、

  • 4Kテレビ
  • マルチチューナー搭載BDレコーダー
  • Bluetoothオーディオ

などの高付加価値製品の販売伸長に下支えされ、縮小に歯止めがかかったようだ。

(出典:2017年上半期 家電・IT市場動向)

薄型テレビの販売台数は前年並みの240万台となった。エコポイントなどの後押しがあった2009年頃に購入されたテレビの買い替え需要が徐々に顕在化しているのが影響しているという。

4Kテレビは前年同期の1.6倍となる70万台を売り上げ、小型の40~45インチなどが成長をけん引する要因となったようだ。薄型テレビに占める4Kテレビの構成比は数量ベースで29%、金額ベースでは59%に達している。

また、同社は国内メーカーの参入があった有機ELテレビは、数量構成比は薄型テレビ全体の1%未満ではあるものの、販売数量は前年同期の9倍に伸長したと発表している。

こうした大画面製品の販売好調により薄型テレビの税抜き平均価格は7万2,700円と、前年同期から2%上昇した模様。その結果、薄型テレビの金額前年比は1%増となった。


BD/DVDは前年比4%減の180万台となった。内訳は以下の通り。

  • BDレコーダー;前年比4%減の90万台
  • DVDプレーヤー;前年比4%減
  • BDプレーヤー;前年比2%減

BDレコーダーでは、安価なシングルチューナー搭載機が数量構成比で11%(前年同期14%)、ダブルチューナー機が63%(同66%)へ縮小した一方で、3基以上のチューナー搭載機は26%(同21%)へ拡大したという。その結果、BDレコーダーの平均価格は前年同期から1%上昇したようだ。


オーディオ市場で存在感を増すヘッドホン・ヘッドセットは、前年比5%減の940万本となったとのこと。数量ではマイナス成長となったものの、高付加価値製品の伸長により平均価格が上昇したことで金額ベースでは前年比3%増と拡大が続いたという。

その中でワイヤレスタイプの需要拡大が顕著で、特にBluetooth対応機は数量前年比38%増と成長。市場における構成比は数量ベースで20%、金額ベースで39%へ拡大したようだ。

携帯電話、前年比横ばいをキープ スマートフォンアクセサリーは好調続く


(出典:2017年上半期 家電・IT市場動向)

フィーチャーフォンは数量前年比13%減と減少が続いたが、携帯電話販売の86%を占めるスマートフォンが同2%増の1280万台と下支えしたため、携帯電話は前年から横ばいの1480万台。

契約種別毎に前年比を見ると、機種変更が横ばいであったのに対しMNPを含む新規契約は前年比8%減となっているとのこと。なお、SIMフリースマートフォンは数量構成比でスマートフォンの8%を占めるまでに拡大したという。


 
スマートフォンアクセサリー(ケース・液晶保護フィルム・充電器)は数量では前年並み、金額では家電量販店ベースで前年比2%増となったようだ。ケースが数量前年比7%減、液晶保護フィルムが前年並みとなる中、充電器は同9%増と好調が続いているという。

スマートフォンアクセサリーは全体的に平均価格の上昇が続いていたが、ケースではその傾向に一服感がみられたとのこと。


ウェアラブル端末は前年比13%減の50万台。
スマートウォッチは丸型ディスプレイタイプの販売好調により数量前年比38%増、スポーツウォッチは同18%増と前年を上回ったようだ。一方、前年同期に市場の過半を占めていたフィットネストラッカーは同39%減となっている。

(出典:2017年上半期 家電・IT市場動向)

ウェアラブル端末の平均価格は、単価の高いスマートウォッチとスポーツウォッチの構成比拡大により、前年同期から3割超上昇したとのこと。


人気記事
資本主義から価値主義へ移行する社会
スマートコントラクトの仕組みとは?
アマゾン銀行業参入の脅威
メガバンクRPA導入で迫るリストラXデー
「サイバーセキュリティの5大トレンド」


パソコン、タブレット端末、市場回復傾向 Vistaのサポート終了に伴う買い替え需要が影響か

2017年上半期のIT・オフィス市場では、パソコン、タブレット端末をはじめ、市場縮小からの回復傾向が見られたという。パソコンは前年比6%増の620万台、リテール市場は同2%増の170万台と14年上半期以来のプラス成長だったようだ。

スマートフォンの登場以降続く市場縮小が底を打ちつつあり、4月のWindows Vistaサポート終了に伴う買い替え需要もプラス成長に貢献したとのこと。リセラー市場は同8%増と前年に続き堅調な販売となっている模様。

同市場では、Windows 10の導入が未だ限定的であり、OSの移行が押し上げの一因となっているという。


タブレット端末は前年比4%増の350万台となり、リテール市場は前年のマイナス成長から回復し同4%増の210万台。

通信方法別数量構成比ではキャリア回線付モデルが76%、Wi-Fiモデルが20%、SIMフリーモデルが4%を占めたSIMフリーモデルは規模こそ小さいが販売数量は前年同期の約2倍となったようだ。前年同期は2桁減であったリセラー市場は数量前年比1%増に転じた。

これについて同社は、「企業においても端末の買い替え需要が顕在化してきている」との見解を述べている。


パソコンとタブレット端末と合わせてみると、市場規模は前年比5%増の970万台。このうちタブレット形状デバイス※7が占める割合は前年同期の43%から42%へ縮小したようだ。リテール市場、リセラー市場ともに同様の微減傾向にあり、リテール市場では58%から57%へ、リセラー市場では17%から16%へ縮小しているという。

(出典:2017年上半期 家電・IT市場動向)

タブレット形状デバイスの画面サイズはリテール市場では9インチ以上が48%、9インチ未満が52%と拮抗しているのに対し、リセラー市場では9インチ以上が71%(前年同期64%)へ拡大。

また、プリンター・複合機は前年比4%減の240万台となった。リテール市場では数量前年比4%減となるも、平均価格は前年同期から9%上昇しているようだ。