国内ITサービス市場は2021年まで成長鈍化、環境激変の要因は「SaaS・BPO」

IDC Japan(以下、IDC)は13日、国内ITサービス市場予測を発表。同市場は2017年以降も低率ながら成長していくものの、2016年で大型案件が一段落し、今後の成長にはベンダーの変革が必要になりそうだ。

国内ITサービス市場は2021年まで成長鈍化、環境激変の要因は「SaaS・BPO」

国内ITサービス市場は、2009年から2011年まで世界的な金融危機と景気後退、さらには東日本大震災の影響を受けて3年連続でマイナス成長が続いた後、2012年から4年連続でプラス成長してきた。

国内ITサービス市場 支出額予測:2016年~2021年(出典:プレスリリース)

この成長を支えたのは、企業の業績回復を背景とした既存システム更新/拡張需要に加えて、金融機関におけるシステム統合/更新や、官公庁/地方自治体での支出拡大、小売業における店舗システム刷新といった大規模なプロジェクトである。

IDCによれば、2016年に入ってこれらの大型案件が一段落したため、2017年以降の成長率が鈍化したという。

2017年以降の市場を支えるのは何か?

2017年以降の国内ITサービス市場は、クラウドやIoT(Internet of Things)、コグニティブ/AI(Artificial Intelligence)システムなどの第3のプラットフォームやデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていくという。

しかし、予測期間の前半においては、依然として従来の第2のプラットフォーム向けITサービスに関する支出が市場を支えていくとしている。

また第2のプラットフォーム向けITサービス支出の縮小傾向が強まる一方で、クラウド(特にSaaS:Software as a Service)、BPO(Business Process Outsourcing)などのITサービスの代替製品/サービスの影響力は強まっており、国内ITサービス市場は、大きな変革期に入っているようだ。

IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの木村 聡宏氏は次のように分析する。

「DXに対する取り組みは、成功が約束されているわけではない。ITサービスベンダーがDX時代に存在感を高めるためには、業界や組織の壁を越え、スピード感を持って果敢に試行錯誤を重ねることが必要である」

なお、今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ITサービス市場 産業分野別予測アップデート、2017年~2021年」(JPJ41783017)にその詳細が報告されている。