20代女性の約4割が「キャリアチェンジ」を検討するワケ 職種選びで最も重視する条件は?

VSNは19日、全国の20代女性のビジネスパーソンを対象に「キャリアチェンジに関する意識調査」を実施した。約4割が「キャリアチェンジ」を検討しているその理由とは。

20代女性の約4割が「キャリアチェンジ」を検討するワケ 職種選びで最も重視する条件は?

VSNは19日、全国の20代女性のビジネスパーソンを対象に「キャリアチェンジに関する意識調査」を、 2017年8月25日(金)~8月31日(木)に実施し、計3,045名からインターネットリサーチで回答を得た。

20代女性の約4割が現在、キャリアチェンジを考えている。もっとも多かった理由は「新しいことに挑戦してみたい」という結果に。

20代の女性を対象に現在、キャリアチェンジについてどのように考えているかという質問では、約4割の方が「新たなキャリアに進みたい」と考えていることが判明した。

(出典:プレスリリース)

その理由として上位に挙げられたのは「新しいことに挑戦してみたいから」「現在の職業に不安を感じるから」という回答だった。

(出典:プレスリリース)

未経験から挑戦したい職種、トップは事務職、次いでデザイナー(ファッション関係)という結果に。
未経験からでも挑戦したい職種を聞いたところ、「事務職」が約4割でトップであった。

事務職に挑戦したい理由は「働きやすそうだから」が最も多く挙げられた。

次いでデザイナー(ファッション関係/クリエイティブ関係)が上位に。その理由には「給与がよさそう」「自身の能力に合っていると思う」などの意見がみられた。

(出典:プレスリリース)

キャリアチェンジをするために必要だと感じているスキルについては「コミュニケーションスキル」がトップに。

(出典:プレスリリース)

また、キャリアチェンジのために現在行っているのは「情報収集」が上位の回答となっている。

(出典:プレスリリース)