フェイスブック、テスラ、アップルに共通する「売れる新製品」を世に広める方法

高機能VRヘッドセットOculus Riftに続き、手ごろで使いやすいOculus Goを発表したフェイスブック。洗練された製品ロードマップで新しい製品カテゴリを創造できるのは、テスラやアップルにも共通する、米国企業の強みだ。

フェイスブック、テスラ、アップルに共通する「売れる新製品」を世に広める方法

フェイスブックの新製品「Oculus Go」に寄せられるVR普及の期待

米フェイスブックは2017年10月、VRヘッドセット「Oculus Go」を発表した。単体で動作するのが特徴で、スマートフォンを組み合わせたり、高性能PCに接続したりする必要がない。設定の手間が省けるため、手軽にVR環境が楽しめるのが利点だ。

フェイスブックが発表した新たなVRヘッドセット「Oculus Go」

Oculus Goの価格は199ドルで、Oculus Riftに比べて安価に設定されている。2016年に発売されたOculus Riftは、高解像度の画面やスムーズなVR体験が提供できるものの、399ドル(約5万円)と高価なため、熱狂的なゲームファンなどのコアユーザー層に利用が限られていた。

加熱するVR市場においては競合も多く、低価格帯のVRも数多く登場している。たとえば、Samsung Gear VRやGoogle Daydreamは、同製品に対応するスマートフォンをヘッドセットに搭載して利用する。いずれも本体価格は1~2万円程度と比較的安価に購入できるので、はじめてVRを体験するには手ごろだ。しかし、長時間継続して使うほど洗練された機能は提供されていない。

Oculus Goは、低価格のモデルでは満足できなかったユーザーも、高価格帯には手が出せなかったユーザーにとっても新たな選択肢をもたらす。とくに、高い解像度の画像を単体で楽しめるというユニークな機能に期待が集まっている。

一般消費者のニーズに応えられるであろう使いやすさと買いやすい価格を備えたOculus Goは、VRの普及を後押しするだろう。ゲームや映像コンテンツの開発もさかんになり、VR市場の広まりが期待される。全世界のVR市場は2016年の20億ドルから毎年54%と大幅な成長が予想され、2022年には268億ドルまで拡大するとの予測もある。

フェイスブックは今後、「Santa Cruz」と呼ばれるさらに高性能な製品モデルの開発も噂されている。Oculus Riftのような高機能性と、Oculus Goと同様に単体で動作できる手軽さが両立できるモデルだ。フェイスブックはSanta Cruzの投入を含め、10億人のVRユーザーを創り出すというビジョンを示している。