ソフトバンク、IoTやロボット活用した「次世代スマートビルディング」を加速

27日、ソフトバンクが日建設計と業務提携を発表した。IoTやロボットを活用した「次世代スマートビルディング」の設計開発などを日建設計と共同で行うこととなる。

ソフトバンク、IoTやロボット活用した「次世代スマートビルディング」を加速

11月27日、ソフトバンクが日建設計と、IoTやロボットを活用した「次世代スマートビルディング」の設計開発などを目的として業務提携を行ったことを発表した。両社で具体的なフィールドを選定し、共同実証実験を手がける構えだ。

同社によると、共同実証実験の概要はこうだ。

1.ビルの「ナカ」と「ソト」の人流解析とIoTセンシングによる新しいワークプレイスデザイン

2.IoTとロボットの導入を考慮した次世代スマートビルディングの共同検討

3.各種IoTセンサーを活用したビルのライフサイクルマネジメント最適化検証

まずは、各種IoTセンサーを活用して働く人の行動データなどをもとに、新しいワークプレイスをデザインする。各種IoTセンターとロボットの連携により、ビルの新たなソリューションを検討していく。

また、IoTにより蓄積されたデータを分析することで、消費電力削減、設備管理、清掃、セキュリティなどビルのライフサイクルコストを総合的に最適化することを目指すという。

日本のIoT市場は、欧米だけでなく中国韓国にも大きく水を開けられるとの予測がある。

IoTの活用が進み、スマートビルディング、スマートシティの整備が加速すれば、働き方や生き方は大きく変わる可能性が高い。今年10月には副業解禁を発表するなど働き方改革への柔軟な姿勢も見せているソフトバンクの参入で、IoT市場がどう変わるのか注目したい。