【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は?

仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのではないでしょうか。そこで仮想通貨のウォレットの種類を5つ紹介し、それぞれの特徴やメリット・デメリットをあらためて解説していきます。代表的なウォレットも紹介するので詳しく知りたい方はぜひご覧ください。※初回公開日2018/01/16

【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は?

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料

ウォレットの重要性

現金を管理する際には銀行の口座、株を管理する際には証券会社の口座があるように仮想通貨を管理する際にはウォレットと呼ばれる仮想通貨のための口座があります。

仮想通貨の市場が盛り上がるにつれて、仮想通貨を管理するウォレットの重要性も増してきています。
ウォレットにはもっとも一般的なオンラインウォレットと、クライアントウォレット、モバイルウォレットなどがあります。そこで、5つのウォレットそれぞれの特徴と、使い分けの仕方について説明していきます。

そもそもウォレットとは

ここからは仮想通貨のウォレットについて、持つことのメリットや、取引所との違いを説明します。

取引所とウォレットの違いは?

仮想通貨における取引所とウォレットでは役割が異なります。

取引所とは仮想通貨を売買したい人が集まり、法定通貨から仮想通貨への交換や仮想通貨同士の交換を行う場所です。

対してウォレットは交換した仮想通貨を保管する場所です。単に保管するだけではなく外部から仮想通貨を守る「金庫」の役割も果たしており、ウォレットから別のウォレットへ送金することも可能です。

仮想通貨取引所についてさらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所おすすめ徹底比較12選 | 選び方のポイント解説  | ボクシルマガジン
これから仮想通貨の投資を始めようとしている方は、取引所にサービスを利用するための登録が必要になってきます。そんな仮...

「ウォレット持ち」なら得られる3つのメリット

ウォレットを持つことによって生じるメリットはウォレットの種類にもよって異なりますが、主に以下の3つが挙げられます。

  • 安全に仮想通貨を保管できる
  • 送金が簡単に行える
  • 残高照会ができる

中でも安全に仮想通貨を保管できるメリットは特に重要なため、ウォレット選択の際の重要な判断材料になります。

「オンラインウォレット」がもっとも一般的

ウォレットの中でも一般的なのが「オンラインウォレット」です。名前のとおりオンライン上の口座仮想通貨を管理します。

オンラインウォレットはインターネット上に存在するので、PCやスマートフォンなどのさまざまな媒体で利用でき、PCやスマートフォンが壊れても保管している仮想通貨に影響が出ないことがメリットです。

しかし、サイトが障害などでサーバーダウンしている場合、ウォレットは利用不可能です。
そして、ウォレットの鍵をサービスの提供者に預けるため、信頼できる業者を選ぶ必要があります。

また、アカウントがハッキングに遭った場合に、仮想通貨を盗まれる可能性があるというポイントも押さえておきましょう。


以下では主要なオンラインウォレットを紹介します。

Blockchain

Blockchain は現在、オンラインウォレットの中でも非常に人気があると言われています。日本語にも対応しているため使いやすく、スマートフォン対応のアプリも配信しているので、PCが使えない外出先でも仮想通貨の管理ができます。

必見!大人気ウォレット「BLOCKCHAIN.info」の取扱通貨・使い方を解説 運営会社やCEOはスゴイ人だった!? | ボクシルマガジン
最近コインチェックのネム流出事件や暴落などで日本でも大注目の仮想通貨。こういったニュースを聞くと取引はおろか持って...

coinbase

coinbase は世界的に人気のあるオンラインウォレットです。こちらも取引所として運営もしているのでウォレットとして管理するだけでなく、決済機能を用いて他の仮想通貨の購入ができます。

しかし現在、日本語には対応していないため口座開設の際には注意が必要です。

Zaif・bitFlyer・BITPOINT

Zaif BITPOINT

ZaifBITPOINTなどの一般的な仮想通貨取引所内にはオンラインウォレットが存在します。そのため、管理と同時に決済機能もついています。

取引所で仮想通貨を購入する場合、円やドルを先に入金し仮想通貨を購入します。購入した仮想通貨は取引所に反映されますが、反映された状態が取引所のウォレットに仮想通貨を預けている状態となっています。

Zaif(ザイフ)コイン積立とは | 低リスクでビットコインを増やせる? | ボクシルマガジン
Zaif(ザイフ)ならではのサービスとして評判のコイン積み立て。いつ買ったら良いかわからず、なかなか仮想通貨を買え...
bitFlyerの全手数料を徹底解説 - お得に仮想通貨を買う方法とは | ボクシルマガジン
bitFlyerには様々な取引形態・取扱通貨がありますが、それぞれに手数料が異なりますので、本記事で徹底解説します...

「クライアントウォレット」でセキュリティを強固に

クライアント型のウォレットは、ローカルウォレットとも表現され、パソコンやスマートフォンにインストールして使います。サービスによってはオンライン環境とオフライン環境の両方で利用できるものもあります。

完全型と簡易型のウォレットがあり、すべてのブロックチェーンをダウンロードするものが完全型で、必要最小限をダウンロードして使うのが簡易型です。

完全版は数十ギガバイトのサイズの情報をダウンロードするため、ハードディスクの容量は必要ですがセキュティーは強固です。

対して簡易版は全データをダウンロードすることはないので、完全型クライアント型に比べるとハードディスク容量が少なく済みます。しかし、ウイルスなどのセキュリティ面は完全版と比べるとぜい弱になります。

メリットとデメリット

クライアントウォレットでは、仮想通貨取引所が破綻しても預けてる資産には影響がなく、個人でセキュリティを管理するため、オンライン型よりも安全というメリットがあります。オフラインでも使用可能なのが嬉しいポイントです。

それに対してデメリットは、デバイスにウイルスが感染したら仮想通貨が盗まれる可能性があることや、ソフトウェアをダウンロードしたデバイスでしか利用できないという点が挙げられます。


以下では特徴やメリットデメリットを踏まえて代表的なクライアントウォレットを紹介していきます。

Bitcoin Core

Bitcoin Core はビットコインの公式ウォレットとして人気があり、完全版・簡易版ともに利用が可能です。WindowsやMacをはじめとする、さまざまなOSに対応しているため多くの方は普段利用しているPCで操作が可能です。

完全版のダウンロードには数日かかることもあるので注意が必要です。

Copay

Copay はiPhoneやAndroidといったモバイル端末にも対応しているため多くの方に利用されている簡易型のクライアントウォレットです。

特にセキュリティの高さは定評があると言われており、Copayは共有ウォレットとして家族や友人、会社内で同一のウォレットを共有することも可能となっています。

Electrum

ElectrumはBitcoin Coreと比較すると処理速度が速く、機能が豊富なため操作性に定評がある簡易型のクライアントウォレットです。日本語対応もしているので利用も簡単です。

seedという12個の英単語をマスターキーとして利用できるため、これを控えておくことで適宜バックアップをとる必要がありません。オフラインでの操作も可能なので、持ち運べるデバイスは場所を問わず仮想通貨の管理が可能です。

また、ホームページの上部にてElectrumの詐欺サイトについて警告されているので、利用を検討している方は注意してください。

MyEtherWallet

MyEtherWallet は名前のとおりイーサリアムの管理を目的として作られたクライアントウォレットです。イーサリアムだけではなくイーサリアムを利用して作成されたトークンの保存ができます。

ICOトークン対応のイーサリアム ウォレット4選 | 種類・評判・メリット【初心者必見!】 | ボクシルマガジン
イーサリアムを安全に管理するために必要になるウォレット。人気ウォレットの種類や評判、メリット・デメリットなどを詳し...

イーサリアムのペーパーウォレットを作成することや、オフラインで管理することも可能になっています。ペーパーウォレットについては後述します。

「モバイルウォレット」でスマホから楽々管理

モバイルウォレットの利点はスマートフォンなどから出先でも仮想通貨を管理できることです。代表的なモバイルウォレットと特徴を説明します。

Mycelium

MyceliumAndroid用のウォレットです。スマートフォンなどのデバイス上に鍵を保管するためセキュリティが高く、多機能で便利なのが特徴です。

iOS版もリリースされていますが、こちらは対応言語が英語とドイツ語のみであるうえに機能も少ないため使い勝手はあまり良くないとされています。

breadwallet

breadwallet は大手ビットコイン取引所「bitFlyer」が出資しているモバイルウォレットです。シンプルな操作性に定評があり、UIも使いやすく初心者にもおすすめです。

このウォレットも鍵をデバイス上で保管するので、管理会社がハッキングされてしまっても仮想通貨を盗まれる危険性はありません

Coinomi

coinomi70種類以上の通貨に対応しているモバイルウォレットです。現在はAndroidのみの対応ですが、iOS版もリリース予定と言われています。

多数の通貨に対応していますが、不具合でコインを取り出せなくなる事例も報告されているとのことなので多額のコインを預ける際は注意しましょう。

「ペーパーウォレット」は紙に印刷するもの?

ペーパーウォレットは、ビットコインの鍵を紙に印刷して保存するタイプのオフライン型ウォレットです。

インターネットに接続されていないためセキュリティは高く、他のウォレットに比べ残高を使うための手間がかかるため無駄遣いしなくて済むといった利点があります。

セキュリティは高いものの、ペーパーウォレットをなくした場合や物理的に盗まれた場合は、保有していた仮想通貨の復元ができなくなる点に注意しなければなりません。

紙媒体であるため保存状態によっては劣化し文字の解読ができなくなってしまう可能性があるのも気を付けましょう。


以下で主なペーパーウォレットを紹介します。

bitaddress.org

bitaddress.org では、デスクトップ上でウォレットを作成し、鍵は自分で管理します。日本語を含めた12か国語に対応しているため英語が読めなくても問題ありません。

ペーパーウォレットを作成する際はサイト内の「ペーパーウォレット」ボタンを押せば、鍵の情報をそのまま印刷できます。

「ハードウェアウォレット」を外付けHDに

ハードウェアウォレットとはPCなどのデバイスに外付けのハードウェアを用いて保管する方法です。保管するものは仮想通貨の鍵そのものとなりますので、信用できるところからの購入が望ましいです。

中古やヤフオク・メルカリなどの個人から購入することは盗難につながるリスクがあるため注意しましょう。

PCなどは基本的に片手に収まるサイズなので持ち運びは簡単で、ハードウェアの破損・紛失のリスクやウイルスなどでハッキングされる危険性を除けば強固なセキュリティを持っていると言えるでしょう。


以下では、主なハードウェアウォレットを紹介していきます。

Trezor

Trezor はハードウェアウォレットの中でも人気が高いとされています。価格は1万円程度で、ビットコインイーサリアムを含む7種類の仮装通貨を保管できます。

たとえPCがウイルスに感染しても鍵がなければ送金することが不可能なため、セキュリティは非常に強固と言えます。

Nano Walletはネム取引に不可欠!?人気ハードウォレットTREZORも解説【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
記憶に新しいコインチェック事件や、これまでの仮想通貨史で度重なるハッキング被害。当然これらの過失は企業側にあります...

Ledger Nano / Nano S

Ledger Nano / Nano S は、価格は1万円程度ですがTrezorでは管理できないRippleの保管が可能です。

Nano Sでは28種類の仮想通貨に対応していますが、ネムには対応していません。USBでPCに接続することで使用でき、専用アプリと連携し情報を送受信がすることも可能です。アプリは日本語に対応しており、操作性に優れているとされています。

ウォレットはどうやって使い分けるべき?

各種ウォレットにはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあるため、ここからはそれらを吟味して使い分ける際の判断材料を紹介します。

「卵は一つのカゴに盛るな」の考え方が重要

投資のリスク分散の格言として「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。

これは卵をすべて一つのカゴに盛ると、落とした場合に全部の卵が割れてしまうかもしれませんが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落とし卵が割れて駄目になったとしても、他の卵は影響を受けずにすむことを示しています。

仮想通貨のウォレットも同様で、リスクに備えてそれぞれの用途ごとに資金を分散させることが必要になってきます。

日常使い

日常使いの場合は大きな額を保管・送金するようなことはあまりないかと思います。そのため仮想通貨を決済する利便性が重要になるため、オンラインウォレットモバイルウォレットを中心に管理するのが良いでしょう。

特にモバイルウォレットはスマートフォンでいつでも決済が可能なため、ビッグカメラなど仮想通貨で決済可能な店舗で買い物を楽しめます。

投資

投資では、取引所と提携しているウォレットを使用するのが良いでしょう。取引所のウォレットに仮想通貨をある程度保管しておけば、取引の際に不足金額を都度送金する必要はありません。

日本の場合は先述したbitFlyerなどの多くの取引所がウォレットを提供していますので、取引所ごとの専用ウォレットを使って投資のリスク分散するのも良いかと思います。

貯金

貯金では、大きな額を保有するため安全性を第一に考える必要があります。その場合、選択肢としてはペーパーウォレットハードウェアウォレットになります。

どちらも仮想通貨の鍵をインターネットの外部で自分で管理するためセキュリティは非常に強固です。そうは言っても紙やハードウェアを紛失してしまうことは仮想通貨の鍵をなくしてしまうことなので管理には気を付けましょう。

信頼できるウォレットで堅実な資産運用を

仮想通貨のウォレットについて説明しましたが、多額の仮想通貨や複数通貨を保有している方はそれぞれのウォレットを用途に応じて使い分けることが重要になります。

そして仮想通貨のリスクをウォレットで分散・軽減させることで、より良い資産運用ができるかと思います。

【無料eBook】今さら聞けない仮想通貨「10年の歴史」を図解

国内仮想通貨取引所TOP3

1位:GMOコイン

>>>GMOコインの公式サイトをチェックする<<<

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。

GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

2位:DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェックする<<<

DMMBitcoinは2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。

取引手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料となっています。

3位:Liquid by Quoine

>>>Liquidの公式サイトをチェックする<<<

Liquid by Quoineは金融庁登録第一号の取引所です。直近12か月で5.6兆円の取引高を誇っています。

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2019年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...