「LANDLOG」アプリ開発プロバイダ向けにAPIを提供開始 建設生産プロセス効率化に貢献

公開日:
ランドログは14日、建設生産プロセス全体をつなぐIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」において、アプリケーション開発プロバイダ向けAPIの第1弾としてID管理、課金管理などの基本機能の提供を開始した。
「LANDLOG」アプリ開発プロバイダ向けにAPIを提供開始 建設生産プロセス効率化に貢献

「LANDLOG」は、建設生産プロセスに関わる地形・建設機械・資材・車両等のさまざまなデータを集積し、現場の効率化に活用できる形式へと加工したうえで一元管理、提供するオープンIoTプラットフォーム

正式リリースは2018年2月末を予定している。

「LANDLOG」上で開発を希望するアプリケーション開発プロバイダは、順次公開されるAPIを活用することで、現場の課題を解決するアプリケーションの先行開発が可能になるという。

APIは一定の審査後、秘密保持契約の締結を行ったパートナー企業に限定し、Web上でのドキュメントにて提供していくとのこと。

出典:プレスリリース

また、今回同社が提供したのは「ID管理」「課金管理」「データ管理」「デバイス管理」など、あらゆる建設アプリケーションの基礎となる機能。

今後も、地形情報をさまざまな形式で取得できる「地形API」、建設機械の稼働状況・燃料状況等を取得できる「建設機械API」、スマートフォンを利用し車両管理を行える「車両API」などの新たな機能を順次提供していく予定だという。

そして12月中旬には、ドローンで施工現場を撮影した写真を短時間で3次元データに変換する「EdgeBox」のユーザーテストを開始する。


ランドログでは、今後も建設現場向けIoTソリューションの開発と提供を通じ、国内建設業界が直面する高齢化などによる深刻な労働力不足に取り組み、安全で生産性の高い未来の建設現場作りに貢献していくようだ。