JapanTaxiが国交省の実証実験参加を発表、公式アプリ「相乗りタクシー」も同時リリース

公開日:
22日、国内最大級のタクシー配車アプリ・全国タクシーの開発・運営を手がけるJapanTaxiは、国土交通省の相乗りタクシー実証実験に参加するための公式アプリ「相乗りタクシー」のリリースを発表した。
JapanTaxiが国交省の実証実験参加を発表、公式アプリ「相乗りタクシー」も同時リリース

国土交通省は1月22日〜3月11日のおよそ2か月月間、タクシーにおけるマッチングの成立状況、運賃水準の検証、利用者アンケート結果等を検証するための実証実験を行う。実証実験に参加するJapanTaxiが、公式アプリ「相乗りタクシー」をリリースしたことが明らかになった。

個人間でモノや時間、能力などをやりとりするシェアリング・エコノミーの市場規模は急速に拡大している。その中で、タクシーの中での空間を共有することで時間やお金を削減するという「相乗り」は、新しいシェアリング・エコノミー型のサービスといえる。

日本的な恥じらい文化においては、なんとなく気まずい相席、相乗り。このアプリの利用でどこまでスマートにストレスなく相乗りできるのか?興味のある方は期間中、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

「相乗りタクシー」概要

1.同乗者検索機能
乗車地と降車地を指定するだけで、付近にいる同方向への相乗りを申し込んでいるユーザーを検索してマッチングする。

2.タクシー配車機能
アプリ上で同乗者が見つかり、双方が相乗り条件(お迎え時間や金額)に合意すると、システムが自動で近くのタクシーを手配。相乗りするユーザーを順番に迎えにくる。

3.支払い機能
アカウント登録時に設定したクレジットカードにより、事前に乗車距離に応じて振り分けられた相乗り料金が自動で引き落とされる。平等で適正な価格が双方に請求される仕組み。

ドコモ、ANAなどもパートナー企業としてアプリ普及をサポート。キャンペーンも開始

ドコモのポータルサイト「dメニュー®」や「iコンシェル®」からの利用を促す他、ヴァル研究所は
「駅すぱあと」、ナビタイムジャパンは「乗換NAVITIME」から、それぞれ終電後などの交通手段として利用を促進する。また、日本航空も、二次交通の充実に向けた施策の一環として、航空便利用者への利用促進するという。

アプリリリースに合わせ、キャンペーンもスタート。相乗りタクシーアプリを利用してタクシーに乗車し、その後アンケートに回答した方の中から抽選で30名に、全国タクシーでご利用いただける1,000円分のクーポンをプレゼントするという。

実証実験期間…2018年1月22日(月) 9時00分 ~ 2018年3月11日(日) 23時59分
配車エリア…東京都23区、武蔵野市、三鷹市
実証実験参加台数…日本交通グループ300台
相乗り専用アプリ「相乗りタクシー(iOSのみ)」を使用