最先端のIoTデバイスを集めたスマートホステル「&AND HOSTEL」秋葉原と神田に新店オープン

最終更新日: 公開日:
18日、​and factoryは、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステルブランド「&AND HOSTEL」の4号店「&AND HOSTEL AKIHABARA」を1月20日に、5号店「&AND HOSTEL KANDA」を2月20日にそれぞれ開業することを発表した。
最先端のIoTデバイスを集めたスマートホステル「&AND HOSTEL」秋葉原と神田に新店オープン

IoT(Internet of Things・アイオーティー)を活用したスマートホテルが続々オープン

日本初のスマートホステルブランド「&AND HOSTEL」を運営するand factoryが、1月に秋葉原に4号店、2月に神田に5号店を新規オープンすることが明らかになった。

同社はすでに福岡、浅草、上野に3店舗営業しているが、2020年に向けますます訪日外国人旅行者の増加が見込まれるため、2018年内を目処に同ブランドで10店舗程度の開業を目指しているという。

IoTとはインターネットに従来接続されていたパソコンやサーバなどではなく、それ以外のさまざまなモノを接続すること。「&AND HOSTEL」では、独自に開発したIoTプラットフォームアプリ「&IoT」を用いている。

一度は体験してみたい近未来空間「&AND HOSTEL」

「&AND HOSTEL」では、下記のような体験ができ、訪日外国人などにも好評だという。

● スマートステイ
チェックイン時に鍵ではなく専用のスマートフォンを貸出。ドアキーの開錠施錠はもちろん、テレビやエアコンなど居室内のさまざまな家電の操作が可能。

● スマートスピーカーに声をかけると、快適環境を整備&旅をガイド
「外出」「リラックス」「集中」「起床」「就寝」の5シーンにおいて、宿泊者がスマートスピーカーに声をかけると、居室内のIoTデバイスが作動し利用シーンに応じた快適環境が瞬時に整う。また、周辺情報やホステルの利用環境について話しかけると、情報を教えてくれる。

● リアルタイムな情報をお知らせ 
センシング技術やクラウドデータとの連携により、天候、防災情報の通知などリアルタイムな情報をお知らせする。

新店はヤフーや大崎電機工業との連携も

「&AND HOSTEL AKIHABARA」「&AND HOSTEL KANDA」両店舗では、大崎電気工業が提供するスマートホーム向けIoTサービス「ホームウォッチ 」、ヤフーが提供するIoTプラットフォーム「myThings Developers」との連携や話題のスマートスピーカーも導入されるという。

スマートスピーカーに「おやすみ」と話しかけると、7つのデバイスが一斉に作動。照明の光量が調節され、リラックスできるアロマが香り、眠りへいざなう音楽が流れ、カーテンが閉まり、空気清浄機が静音モードになり、エアコンが快眠モードに変更され、テレビ電源がオフになるいう、まるでおとぎ話のような空間だ。

各家庭でも、いずれこういった技術が家事や介護を代行してくれることにもなるだろう。単なるアミューズメント体験だけではなく、少子高齢化や人手不足、労働生産性の向上など、課題解決という視点で、IoTの発展に今後期待したい。