仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点

最終更新日: 公開日:

2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落、その後2019年には持ち直したものの不安定な状況が続いています。一時は60万円台まで落ち込みました。世界各地での規制やハッキング、有名人の発言などの気になる暴落の原因と今後の動向について解説していきます。

仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Coincheck
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
最短10秒で購入可能
スマホアプリは累計200万DL

急成長と大暴落

仮想通貨元年とも言われた2017年。今まで以上に11月から12月は今まで以上に仮想通貨市場は急成長し、仮想通貨取引所のテレビCMを見かける日も増えました。

それを見て仮想通貨への投資を始めた人も多いかと思います。年末年始は特に急上昇し、利益を得た方も多いのではないでしょうか。

そんな仮想通貨ですが、20%以上の暴落が何度か起きています。2018新年早々1月16日の大暴落は記憶に新しいのではないかと思います。さらに2018年2月時点では60万円台を割り込むなど、価格の暴落が続きました。そんな仮想通貨市場の暴落の原因と暴落時の投資戦略や注意点について紹介します。

過去の仮想通貨市場の大暴落とその理由

各国の規制強化

去年の年末に韓国では仮想通貨への熱狂的な投機を受け、国内取引所の閉鎖などを行うという発言があり、仮想通貨全体が暴落しました。

また、記憶に新しい大暴落の理由としては、2018年1月の中国の規制への懸念によるものが挙げられます。

中国の仮想通貨への規制に対する発言では、「中国国内からの国内外の取引所での取引を規制する」という、中国の投資家を仮想通貨から遠ざけるような措置を行うことが示唆され、中国の今後の仮想通貨に対するさらなる規制への懸念が暴落をもたらしました。

中国での仮想通貨規制の現状や、個人投資家の様子は以下の記事で解説しています。

仮想通貨取引が中国で全面禁止になったワケ | 個人投資家の規制後の様子・現状 | ボクシルマガジン
過熱する中国国内の仮想通貨人気に中国政府は全面的に禁止する規制を行いました。しかし、その結果として中国では投資家が...

取引所のハッキングや閉鎖の影響

取引所へのハッキングや閉鎖でも仮想通貨の価格に影響を及ぼすことがあります。ニュースでもありましたが、各州の規制当局が取引所であるBitconnectに対して警告をし、取引所が閉鎖されたときにはBitconnect coinの価格は90パーセント以上も下落しました。

また、これが原因と断言はできませんが、2017年12月にウクライナのリクイ取引所がハッキングされました。その際に「ビットコインが盗まれた」と報道され、ビットコインの価格は大きく価格が下落しました。

このように、取引所の閉鎖やハッキング被害は投資家の不安を生み出すので価格の下落につながる可能性があります。

ビットコインについては以下の記事で詳しく特徴などを解説しています。

仮想通貨投資のメリット・デメリット | ビットコイン再び価格上昇か? | ボクシルマガジン
2017年11月、投資家に人気の仮想通貨、ビットコインの価格は200万円を超えました。これを機に関心を持った方も多...

有名人の発言が及ぼす価格への影響

有名な投資家や仮想通貨有力者、銀行最高責任者の発言に市場や通貨が大きな影響を受けた例もあります。

アメリカの大手銀行持株会社のCEOであるJPモルガンが「ビットコインは詐欺だ」と発言した際にはビットコインの価格は一時的に急落しました。

また、仮想通貨有力者のマカフィー氏の発言は一部から「マカフィー砲」と言われ、彼の発言により特定のコインの価格が一時的に高騰し、その後高騰前の価格以下へ急落したこともあります。

このように、有名人の発言は、一時的な高騰や急落をもたらす場合があります。

暴落時の投資の注意点や心構え

暴落時、FXにおけるロスカットや追証

相場が乱高下しているときのレバレッジ取引(自分が保有している何倍もの金額を取引する代わりに、最低限のお金を担保として差し出し取引すること)には特に注意が必要です。

仮想通貨の変動はとても激しく、タイミングによっては一瞬でロスカットされてしまう場合があります。追証のある取引所となると、変動幅の激しい相場の際は資産がマイナスになってしまう場合があるので、Fxにおいては取引所の選定も重要となってきます。

仮想通貨でレバレッジ取引するメリット・デメリットとは | 取引所も徹底比較してみた | ボクシルマガジン
仮想通貨で手元の資金が少なくてもテコの原理のように大きな資金を運用するレバレッジという方法があります。今回はそのレ...

パニック売りは危険!?

不安が不安を生むパニック売り(狼狽売り)。相場が急落して焦って売り、後ほど価格をみてみたら戻ってるなんてことありませんか。

もちろん投資は自己責任ですが、情報が交錯している中で目先の他社情報や現状の価格の推移だけで売却してしまうということは危険です。

ルールを決める

今現在投資している人も、これから投資しようと思っている方も投資における自分のルールを作っておくことは重要です。

人によりルールは異なってくると思いますが、投資の基本は「安い時に買って高い時に売る」です。暴落時には、よほど決定的な要員がない限りは目先の値動きに惑わされることのないようにしましょう。
慣れてくれば、暴落の初動を見極め枚数を増やすこともできるかもしれません。

今後の暴落リスク

各国の規制

2018年はじめに中国の規制強化に対する懸念による暴落がありましたが、今後も中国以外の世界各国における、仮想通貨に対する規制には注意したほうがよさそうです。

ドイツ連邦銀行の理事は「国境なき仮想通貨では、国ごとではなく、世界規模で規制を行うべきである。」と述べ、世界各国が対応に追われています。

取引所のハッキングやマネーロンダリングなど問題点がまだ残る仮想通貨に対する世界各国の規制に関する情報には敏感になっておくべきです。
   

システム欠陥

送金づまりなど機能的問題

仮想通貨のシステム欠陥などもそのものの価値を下落させる加可能性があります。

過去にイーサリアムは処理の集中により送金エラーが生じ、送金が行方不明になったり、送金料だけが取られたりすることがありました。これにより、イーサリアムの信用が失われ急落したことがあります。

システム欠陥の度合いによっては大暴落もありうるので、保有している通貨の情報は常にチェックしておいたほうがいいです。

ハッキング

大手取引所などでのハッキングが起こった場合の一部のパニック

ウクライナのリクイ取引所や韓国のユービット取引所では、ハッキングにより通貨が盗まれ、相場の下落や取引所の破産が起こりました。
また、最近ではフィッシング詐欺なども多発していることから、取引所のセキュリティやウェブぺージのぜい弱性なども改善する余地があり、大手取引所が被害を受けた時には価格が下落することも予想されます。

取引所のハッキングが不安な方はウォレットに通貨を移動させるのも一つの手です。

【2019年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は? | ボクシルマガジン
仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのでは...

技術の進歩

量子型コンピューターの仮想通貨への影響

仮想通貨は解読困難な暗号技術を使っており、2019年10月時点ではその暗号が破られる可能性は低いです。しかし、今後の技術の進化により解読が容易になったり、代替技術が開発される可能性もあります。

量子コンピューターはその一つとして注目されており、もし開発された場合には、桁違いの計算力により暗号が容易に解読される可能性があります。最近では量子コンピューター対策をしている仮想通貨もあります。今後の量子コンピューターの発展にも注目です。

乱高下する相場の未来は!?

2019年になり、よくニュースで仮想通貨のバブル崩壊や大暴落などを見かけますが、長期的にみれば、高騰と暴落を繰り返して仮想通貨市場は全体的に成長しています。

また法整備が整い始め、今年の韓国や中国の規制検討のように各国が仮想通貨の対応に追われています。

今後、新たな規制の発表などで暴落する可能性もありますが、情報をしっかりピックアップし取引の判断をしていきましょう!

国内仮想通貨取引所TOP3

1位:GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。

GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。

取引手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料となっています。

3位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckは、スマートフォンのアプリが累計200万ダウンロードに到達した取引所です。最短10秒で500円から購入できるので、仮想通貨をはじめたい初心者の方におすすめです。

スマートフォンのウィジェットで価格を確認できる他、大きな価格変動の際には通知してくれるので、仮想通貨に慣れていない方でも安心して利用できます。

月額200円~で投資できる!?Tポイントを使った投資(SBIネオモバイル証券)

>>>ネオモバ公式サイトをチェックする<<<

「Tポイントの使い道がない…」と悩む人も多いのではないのでしょうか?
ネオモバは、お持ちTポイントを1pt=1円分で投資できるサービスです。1単元単位での株式購入もできるので、少ないポイントでも投資できます。
利用には月額200円必要ですが、200円分のTポイントがプレゼントされるので実質の月額料金は0円となります。

※約定代金合計額(1ヵ月)が50万円以下に限る

\余ったTポイントで投資できる!/

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けに、おすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

お金のパーソナルトレーニング bookeeは、毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけられます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

J.P.RETURNS【不動産投資セミナー】

J.P.RETURNS【不動産投資セミナー】の特徴としては、日本取引所グループ・SBI証券・幻冬舎など名だたる大企業と共催でセミナーと行っている点です。不動産投資のメリット・デメリットを複数の企業の視点から学べるので好評です。参加者の女性が75%の無料セミナーなので、安心して参加できます。

リアネスト【マンション投資セミナー】

リアネスト【マンション投資セミナー】は、マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加できます。また一人ひとりに対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受けられます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2019年価格予測と上昇理由 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2019年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2019年10月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2019年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落、その後2019年には持ち直した...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...