仮想通貨の収支計算システム「クリプトリンク」正式版リリース、税理士とのデータ共有機能も実装

クリプトリンクは16日、税理士たちが開発した仮想通貨の確定申告用収支計算ツール「クリプトリンク」の提供開始を発表した。

仮想通貨の収支計算システム「クリプトリンク」正式版リリース、税理士とのデータ共有機能も実装

仮想通貨に精通した税理士たちが開発したシステム

2017年は仮想通貨投資で数多くの投資家が所得を得て、確定申告をしなくてはならない人も増えた。

しかし、仮想通貨の収支計算は非常に複雑かつ難解であると言われており、税理士ですら仮想通貨に詳しい人でないと対応に苦慮するといわれている。

今回発表された「クリプトリンク」は、そんな課題を受けて、多数の仮想通貨投資家からの相談を受けてきた税理士たちが、開発したシステムだ。

より多くの仮想通貨投資家が安心して確定申告ができるようにすること、そして確定申告を担う税理士が積極的に仮想通貨の所得による確定申告を受託できるようにすることはもちろん、「税理士」自らが「納税者」の申告をより多く・スムーズに行うことができるような機能を持つシステムにしたいとの想いで開発したという。

「クリプトリンク」は取引データ集計報告書により簡単に確定申告が可能

クリプトンクは、税理士自身が確定申告時に欲しい資料を作成することを第一に開発している。そのため、システムより作成される「取引データ集計報告書」を用いて自身でも簡単に確定申告が可能だ。

また、仮想通貨収支計算システムの中では唯一の、税理士とクラウド上で計算結果を共有できるシステム「税理士管理画面」も実装。計算結果を即時に共有し、確定申告書作成に活かすことができる。この税理士管理画面は、税理士であればだれでも無料で利用できる。

さらに、税理士に相談したうえでの確定申告の検討者には仮想通貨に詳しい税理士を紹介するサービスもあるという。

以下に具体的な特徴を示す。
●各取引所が発行するAPIデータや、ダウンロードできるCSVデータを利用して、複数取引所における取引データを解析
●移動平均法、総平均法両方に対応、FXにも対応
●日本国内の5つの取引所に対応済み(bitFlyer・Coincheck・Zaif・QUOINEX・bitbank)
●クラウドマイニングのGenesisMining(ジェネシスマイニング)にも対応
●税理士と計算結果をクラウド上で共有できる機能を無料で提供
●上記計算システムのみならず仮想通貨の税務に精通した税理士の紹介も実施
※システムに対応していない国内外の取引所についてはオプションで対応。

■システム利用料
3,980円  (消費税込・H29年度確定申告に対応)
2018年6月30日まで利用可能。
その後の継続的なデータ保持には別途月額プランに申し込む必要がある。
※無料で試すことも可能
※上記料金は収支計算システムの利用代金となる。紹介した税理士に確定申告などを依頼する場合には、別途税理士のサービスに対して費用が発生する。


ビヨンド(Beyond)人気コンテンツ
中国「最強のユニコーン企業」10社
みずほ次期システム開発炎上のワケ
DMM亀山会長に聞くアカデミーの実態
ソフトバンク副業解禁の背景
もしアマゾンがトイザらスを買収したら?


仮想通貨市場の拡大で、その周辺市場も活発になる

2017年の仮想通貨による所得が20万円を超える場合は、2018年2月16日〜3月15日の期間中に確定申告が必要となる。しかし、取引所ごとに取引履歴のフォーマットが異なるほか、仮想通貨の売買・交換、仮想通貨による商品の購入、仮想通貨の分裂など課税対象取引が多く、損益の計算が難しくなっている。

クリプトンクの他にも、仮想通貨の確定申告用計算サービスには「Coin Tool」、「freee for 仮想通貨」など続々と発表されており、今後もこうしたサービスの提供は増えていくものとみられる。目に見えない、手にとって数えられない通貨だからこそ、自分では難しい部分をツールに頼るのは賢い選択である。

仮想通貨をめぐる市場は、周辺のこうしたサービスも含めてますます拡大することで、よりわたしたちのリアルな生活に根付いてくることになるだろう。2018年にどこまでリアル化が進行するか、今後も注目していきたい。