仮想通貨の売買手数料が無料な取引所「DMM Bitcoin」口座開設方法から使い方までを徹底解説!

DMM Bitcoinは2018年1月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。他の取引所とは違ったDMM Bitcoinの特徴やメリット・デメリット、さらに登録方法や使い方を徹底的に解説していきます。DMM Bitcoinの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の売買手数料が無料な取引所「DMM Bitcoin」口座開設方法から使い方までを徹底解説!

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料

仮想通貨取引所DMM Bitcoinとは

2018年1月からDMMが運営する仮想通貨取引所DMM Bitcoinがサービスを開始しました。DMMはFXや証券なども運営していたため、新しい仮想通貨取引所サービスには、どのような特徴のある取引所なのか気になっている方も多いと思います。

本記事では、DMM Bitcoinの特徴、メリットやデメリット、また口座開設方法から実際の取引方法までを詳しく解説していきます。

目次

DMM Bitcoinで取引する5つのメリット

DMM Bitcoin

すでに国内にはbitFlyerやZaif(ザイフ)といった国内大手の仮想通貨取引所がありますが、DMM Bitcoinを利用するメリットには以下のようなメリットがあります。

  • 現物取引手数料が無料
  • 入金手数料が無料
  • チャート、スマホアプリが見やすい
  • 24時間対応してくれるカスタマーサポート

これらのメリットについて詳しく説明していきます。

現物取引手数料が無料

DMM Bitcoinでは現物取引の手数料が無料です。仮想通貨の取引では手数料が少なければ少ないrほど利益を出しやすくなるため、手数料が無料であることは大きな利点です。

レバレッジ取引の手数料も無料となっていますが、レバレッジ手数料が毎日0.04%掛かるため長期保有する場合には手数料が発生してしまいます。

入金手数料が無料

DMM Bitcoinでは日本円の入出金手数料が無料となっているため、細かく入金や出金を繰り返す方には大きなメリットがあります。振込入金はもちろん、クイック入金も手数料が無料であるため、素早く入金をしたいという時でもコストを掛けずに入金が可能です。

大きな金額を入金する方は、取引を行わないときに出金しておくなどセキュリティ面でも対策を行うことができます。

チャート・スマホアプリが見やすい

スマホアプリを導入している取引所は多いなかで、DMM Bitcoinアプリが見やすいことから人気があります。カラフルで見やすいチャートに加え、テクニカル指数も確認できるため、初心者の方からプロの方まで誰でも使いやすいアプリになっています。

データの更新も1秒ごとに行われるため、外出中にリアルタイムで価格の変動を確認したいときにも役立ちます。

アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinではアルトコインの最大4倍のレバレッジ取引ができます。レバレッジをかけることによって少ない元手でも大きな金額の取引を行うことができるため、現物取引よりも大きな利益を生み出すことができます。

他の取引所ではビットコインのみレバレッジ取引が可能ということもあるため、アルトコインの取引でもレバレッジを掛けることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

仮想通貨でレバレッジ取引するメリット・デメリットとは | 取引所も徹底比較してみた | ボクシルマガジン
仮想通貨で手元の資金が少なくてもテコの原理のように大きな資金を運用するレバレッジという方法があります。今回はそのレ...

24時間対応のカスタマーサポート

DMM Bitcoinでは24時間365日カスタマーサポートで問い合わせに対応しており、なにかしらのトラブルが発生時や取引所利用時の疑問点などをいつでも問い合わせることができます。

また、LINEでの問い合わせにも対応しており、電話が苦手という方でも気軽に問い合わせが可能です。

DMM Bitcoinはサポートが充実しているため、初めて仮想通貨の取引をするという方でも使いやすい取引所になっています。

また、アルトコインのレバレッジ取引や現物取引の手数料無料チャートが見やすいアプリなどのメリットもあるため、すでに仮想通貨の取引を別の取引所で行っている方でも十分にメリットのある取引所です。

DMM Bitcoinで取引する4つのデメリット

DMM Bitcoinにはメリットがある一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • スプレッドが高い
  • セキュリティがイマイチ
  • 現物取引できる銘柄が少ない
  • 販売所しかない

これからDMM Bitcoinのデメリットについてそれぞれ詳しく説明していきます。

スプレッドが高い

DMM Bitcoinではスプレッドが高いというデメリットがあります。スプレッドとは、買い値と売り値の差額のことです。

たとえばビットコインの買い値が100万円のときに売り値が98万円になっている場合、スプレッドは2万円となり実質的な手数料として損をすることになってしまいます。

スプレッドは時期によって変動しますが、価格が大きく動くときにはスプレッドも大きくなってしまうため、利益を上げるのが難しくなってしまう場合もあります。

販売所しかない

仮想通貨取引所にはユーザー間で取引を行う取引所と、ユーザーと運営で取引を行う販売所がありますが、DMM Bitcoinには取引所はなく販売所しかありません。

取引所では前述のスプレッドがないため利益を上げやすいのですが、販売所ではスプレッドがある分利益を上げるのが難しいのが現状です。

DMM Bitcoinでは販売所しか用意されていないため、必ずスプレッドが発生してしまうという点がデメリットになってしまいます。

セキュリティがイマイチ

DMM Bitcoinはセキュリティ面でイマイチな点もデメリットとして挙げられます。パスワードが20文字までしか設定できない点や出金アドレス制限などがないため、ハッキングなどの被害を受けた際に、不安要素が残ってしまいます。

ただし2段階認証設定は用意されており、ログイン時だけでなく出金口座の変更や出金時などに2段階認証を設定できるため、ある程度のセキュリティ対策は可能です。

現物取引できる銘柄が少ない

DMM Bitcoinは現物取引ができる銘柄がビットコインイーサリアムのみとなっています。そのため、その他のコインに関してはレバレッジ取引しかできず、送金や支払いに利用する目的で購入できません。

現物取引の手数料が無料となっていますが、実際に取引できるのは2通貨のみというのは残念な点といえるでしょう。

DMM Bitcoinは販売所しかないため、どの通貨を購入するにもスプレッド手数料を取られてしまいます。また、ビットコインとイーサリアム以外は現物取引できないため、仮想通貨を送金や支払いの目的で購入するには向いていません。セキュリティ面でも完璧とは言えない点もデメリットといえるでしょう。

DMM Bitcoin登録方法

DMM Bitcoinの口座開設は以下の手順で行うことができます。

【DMM Bitcoinの口座開設の手順】

  1. メールアドレスの登録
  2. パスワードの設定
  3. 本登録
  4. 審査
  5. 届いたハガキに書かれたコードを入力

1. メールアドレスの登録を行う

DMM Bitcoinの公式サイトから右上にある「口座開設」をクリックし、メールアドレスを入力します。

2. パスワードの設定

登録したメールアドレス宛にメールが届くので、添付されているURLをクリックすると登録画面に移動します。そこで、パスワードの設定を行うと仮登録が完了し、マイページにログインできるようになります。

3. 本登録を行う

マイページにログインすると「こちらから本登録をおこなってください。」という表示があるため、クリックして、個人情報の入力を行います。

個人情報の入力が終わり、「申し込む」というボタンを押すと本人確認書類を提出する画面に移動します。本人確認書類は顔写真付きであれば1種類、顔写真なしであれば2種類の提出が必要です。

4. 口座開設のための審査を受ける

本人確認書類提出後、SMSでの携帯電話番号認証があるため、認証コードを入力します。認証が完了すると本登録が完了し、口座開設のための審査が行われます。

5. 届いたハガキに書かれたコードを入力

審査は5日程度で終わり、登録した住所にハガキが届くようになっているため、ハガキに書かれたコードを入力すれば取引を始めることができます。

DMM Bitcoinに入金する方法

DMM Bitcoinに入金する方法には「銀行振込」と「クイック入金」という2つの方法があります。どちらも手数料は無料となっていますが、クイック入金の場合入金額に、5,000円以上1億円未満という制限があり、振込の場合は制限なしとなっています。

また、振込の場合は口座に反映されるのが当日から翌営業日となっており、クイック入金の場合は即時反映となっているので、今すぐ入金したいという場合にはクイック入金を利用しましょう。

ログインして左のタブの入金ボタンから入金手続き


DMM Bitcoinに入金するにはまず、マイページにログインしてから、左側にある「入金・入庫」というタブを開きます。タブの中にある「日本円入金(クイック入金)」もしくは「日本円入金(銀行振込)」というボタンを押して、指定の方法で入金を行いましょう。

入金手数料は無料ですが、振込手数料の場合振込手数料は実費負担であるため、指定口座と同じりそな銀行など手数料の掛からない口座から振込を行うといいでしょう。

DMM Bitcoinで現物取引する方法

DMM Bitcoinの口座を開設し、入金が完了したら、次は現物取引の方法について説明していきます。

1. DMM Bitcoinにログインし、マイページのトレード口座をクリック

DMM Bitcoinで現物取引をするにはまずマイページににログインし、左側にある「トレード口座」のタブをクリックします。「トレード口座」を押すと新しい窓で取引画面が表示されるので、ここで取引を行うことができます。

2. 左上のレイアウトをクリックする


取引画面のレイアウトは自由に変更できますが、初期レイアウトが4種類用意されているため、自分の好みでレイアウトを選びましょう。

普段別の取引所を利用している方の場合は「初期レイアウト4(チャート画面)」が見やすいかもしれません。

3. 左上のメニュ→現物注文(購入・売却)をクリックする

初期設定のままの場合、チャートや注文画面がレバレッジ取引になっているため、現物注文に変更する必要があります。左上のメニューから現物注文(購入・売却)を押すことで現物注文の板を表示できます。

4. 新しく出てきた注文板(赤)を、注文板(青)上に置く


新しく出てきた注文板(赤)が現物注文用の板となるため、最初からおかれていたレバレッジ取引用の注文板(青)上に置いてわかりやすくアレンジしましょう。

5. 数量の所に欲しい枚数を入力し、コインを購入する

数量の所(赤枠)に欲しい枚数を入力し、「買ask」となっているボタンを押すことでコインを購入できます。これでDMM Bitcoinでの現物取引ができたことになります。

アルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinではアルトコインのレバレッジ取引が可能なため、ビットコイン以外の通貨を売買したい方にはおすすめの取引所です。

レバレッジは4倍まで掛けることができ、入出金や現物取引の手数料が無料となっているため使いやすいといえるでしょう。アルトコインの購入にレバレッジを掛けたいという場合はDMM Bitcoinを使ってみてください。

国内仮想通貨取引所TOP3

1位:GMOコイン

>>>GMOコインの公式サイトをチェックする<<<

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。

GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

2位:DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェックする<<<

DMMBitcoinは2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。

取引手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料となっています。

3位:Liquid by Quoine

>>>Liquidの公式サイトをチェックする<<<

Liquid by Quoineは金融庁登録第一号の取引所です。直近12か月で5.6兆円の取引高を誇っています。

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2019年価格予測と上昇理由 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年12月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...