スマートスピーカーが「世界スマートホームデバイス市場」を牽引―IDC発表

最終更新日: 公開日:
IT専門調査会社 IDC Japanは4月17日、コンシューマー向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測を発表した。それによると、市場でもっとも成長率が高いのは、スマートスピーカーだった。
スマートスピーカーが「世界スマートホームデバイス市場」を牽引―IDC発表

2017年の世界のスマートホームデバイスの出荷台数は前年比27.6%増の4億3,310万台

スマートホームデバイスが注目を集めている。スマートホームデバイスとは、住居のさまざまな機器を自動化するために統合・制御するデバイスのこと。この調査では、スマートスピーカー、デジタルメディアアダプター、照明、温度調節器など、家庭で使用するIP接続デバイスをスマートデバイスとして扱っている。

調査によると、2017年の世界のスマートホームデバイスの出荷台数は、前年比27.6%増の4億3,310万台となった。また、2017年~2022年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.5%と予測している。これにより、2022年には出荷台数が9億3,970万台に達する見通しだという。

もっとも出荷台数が多いのはビデオエンターテインメントデバイス

カテゴリー別にみると、もっとも出荷台数が多かったのは、スマートテレビ、デジタルメディアアダプターなど、IP接続ビデオデバイスを含むビデオエンターテインメントデバイスだった。さらに、これらのデバイスは、スマートホーム市場全体の売上高で約4分の3を占めると見込まれるという。


人気の会員限定記事
WeWork(ウィーワーク)を徹底解説
中国「最強のユニコーン企業」10社
Uber・Airbnb流「ディスラプターの必勝法」
勝てるSaaS企業「5つの共通点」
中国・深センの人材エコシステム


もっとも成長率が高いスマートスピーカー

また、スマートホーム市場でもっとも成長率が高いのは、スマートスピーカーだった。スマートスピーカーはAIを搭載しているスピーカーで、スマホやパソコンのスマホやパソコンの周辺機器と接続できるだけなく、音声での会話が可能なデバイスだ。

先行しているのは欧米で、米国ではAmazonの「Amazon Echo」とGoogleの「Google Home」がシェアのほとんどを占めている。日本でも2017年から発売され始め、この2シリーズに加え、Lineの「Clova Wave」3シリーズが発売されている。

また、その他のカテゴリーも、ビデオエンターテインメント製品を除いて、2桁のCAGRになると予測している。

出典:プレスリリース

IoTエコシステム定着に向けて

米国IDC Consumer IoT Program シニアリサーチアナリストのアダム・ライト氏はこう語る。

「スマートアシスタントは、スマートスピーカーの形式でも、温度調節器、冷蔵庫、テレビなどのデバイスに組み込まれた形式でも、急速にコンシューマーIoTの基盤になりつつある。コネクテッドデバイスのアクセシビリティ、用途、機能を拡張するスマートアシスタントの普及率は、近い将来、著しく上昇するだろう」

Appleの参入、AmazonやGoogleの新商品開発なども続き、スマートスピーカー市場はますます拡大する。AlexaまたはGoogle Assistant対応のスピーカーを投入しようという他ブランドの動きも活発だ。今後大手ベンダーに集約されるのか。各社の動きを注視したい。