2018年7月24日「テレワーク・デイズ」開催決定

2017年、2020年東京五輪開会式が開催される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置付けて開催された、全国一斉テレワーク。今年は、7月23日から27日のうち7月24日(火)プラスその他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」として実施することが発表された。

2018年7月24日「テレワーク・デイズ」開催決定

2018年「テレワーク・デイズ」参加登録開始

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都や関係団体と連携して展開する、働き方改革の国民運動。昨年は、2020年東京五輪開会式が開催される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて、全国一斉テレワーク実施を呼びかけた。その結果、約950団体、6.3万人が参加したという。

2018年は、7月24日と23日から27日の間のもう1日以上、合計2日以上テレワーク」を実施する「テレワーク・デイズ」としてさらに盛り上げていく予定だ。「24日以外のもう1日以上」は、各企業・団体の状況に応じて決めてよいとのことで、参加登録の受付を開始受付を開始した。

テレワークはマネジメントが難しい? 米IBMやヤフーも直面した「フルリモート3つの壁」を乗り越える方法 | ボクシルマガジン
働き方改革のためにテレワークや在宅勤務を導入する企業が増えている。一方、アメリカではヤフーやIBMが在宅勤務を禁止...
「働き方改革」背景と課題、生産性向上7つのポイントと企業事例紹介 | ボクシルマガジン
働き方改革関連法が成立したが、減らない残業や副業の是非など課題は山積だ。今回は、働き方改革の最終ゴールは知的生産性...