Microsoft Azureの日本パートナ―に「mijin v.1」が採用、世界88か国で利用可能に

4/26、テックビューロは、ブロックチェーン「mijin v.1」が日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」、Azure Marketplaceのブロックチェーンソリューションに、日本のパートナーとして初めて採用されたことを発表した。

Microsoft Azureの日本パートナ―に「mijin v.1」が採用、世界88か国で利用可能に

ブロックチェーン「mijin v.1」、Azure Marketplaceに日本のパートナーとして初採用!

同社のプライベートブロックチェーン「mijin v.1」は、日本マイクロソフトが採用するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAzure Marketplaceのブロックチェーンソリューションに、日本のパートナーとして初めて採用された。このことにより、mijin v.1は、世界88か国で利用可能になるという。

「mijin」は発表当初、「NEM」の開発者がテックビューロに合流して開発したことでも話題となったブロックチェーン。「NEMプロトコル」を採用した製品であり、信頼性は高い。

また「mijin v.1」ブロックチェーンとは、2015年9月の発売以来300社以上に提供しているプライベートブロックチェーンであり、金融機関から、電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで幅広く使える汎用性の高さがあるという。


人気の会員限定記事
WeWork(ウィーワーク)を徹底解説
中国「最強のユニコーン企業」10社
Uber・Airbnb流「ディスラプターの必勝法」
勝てるSaaS企業「5つの共通点」
中国・深センの人材エコシステム


mijin v.1がAzure Marketplaceで採用されたことによるユーザーメリット

同社プライベートブロックチェーンmijin v.1が、Azure Marketplaceから提供できることにより、今までのインストールが不要になり、デプロイまで最短5分、ユーザーの利便性は格段に向上することとなる。

4/26から提供開始のmijin v.1 on Azureの特徴は、

• インストールが不要
• ノード5台分を自動構築
• 最短5分でmijin v.1の利用が可能
• ノードのスペックや台数を自由に設定可能
• 申し込みから30日間無料
• 利用時間単位での課金システム(ノード1台当たり0.65ドル/時間)

さらに、同社は、パートナー関係をより強固なものにするため、マイクロソフトの共同マーケティングプログラム「Partner Seller Program」に参加し、日本のみならず世界中の多くのMicrosoft Azureユーザーに、ブロックチェーンの有用性を広め、汎用型プライベートブロックチェーンmijinシリーズの利用を促していくという。

今回のmijin v.1がマイクロソフト社の日本初のパートナーとなることで、ブロックチェーンがより身近に簡単に利用できるようになることが期待でき、それぞれのユーザーの利便性が飛躍的に向上するだろう。