行政処分を受けたGMOコインの実際の評判は? 特徴・手数料・アプリ・キャンペーンも詳しく解説

最終更新日: 公開日:

行政処分を受けたGMOコイン。実際のところの評判や特長、手数料などはどうなんでしょうか。本記事ではGMOコインのサービスや実際の評判について詳しく解説していきます。

行政処分を受けたGMOコインの実際の評判は? 特徴・手数料・アプリ・キャンペーンも詳しく解説

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Coincheck
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
最短10秒で購入可能
スマホアプリは累計200万DL

>>>【最新】稼げる副業おすすめランキングはこちら

GMOコインとは

GMOコインとは大手インターネット会社GMOの子会社GMOコインが運営する仮想通貨取引所です。

まずはGMOコインについて簡単におさらいしていきましょう。

GMOコイン

GMOコインは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所のことです。
特にレバレッジをかけた信用取引でも話題になりました。

今さら聞けないGMOコイン手数料・スプレッドを徹底解説 | 他の取引所との比較 | ボクシルマガジン
GMOコインの取引手数料は他社の取引所と比べると安いのでしょうか?本記事ではGMOコインの手数料について他の取引所...

GMOコインは「販売所」

仮想通貨取引所には、「取引所」「販売所」の2種類があります。

取引所とは買い手と売り手が出会うプラットフォームのことで、買い手が希望する買値と売り手が希望する売値が一致したときにはじめて取引が成立します。
取引の際の手数料が安いのが特長ですが、希望価格がマッチしないと取引そのものが行えないので、注意が必要です。

その一方で販売所は販売所が仕入れた仮想通貨を購入する形式なので、いつでも取引が行えます。
しかしその分取引所よりも高い手数料がかかってしまうため、取引のたびに高いコストがかかってしまいます。

取り扱い銘柄は?

GMOコインでは5つの銘柄が取引されています。

またビットコインFXにも対応しており、最大で4倍のレバレッジの取引が可能です。

公式アプリも

GMOコインで取引を行う場合、「ビットレ君」というアプリを使うことになります。

豊富な情報を見ながらトレードができ、1タップで注文が出せる「スピード注文」など初心者の方でも取引しやすいアプリになっています。

GMOコイン、行政処分でどうなる?

GMOコインは2018年3月8日、関東財務局による行政処分を受けました。
GMOコインが受けた行政処分とはどんなものだったのでしょうか。

なぜ行政処分を受けたのか

2018年3月金融庁からシステムリスク管理体制が不十分であるという指摘を受け、GMOコインは行政処分を受けました。
金融庁はcoincheckのハッキング事件以来、仮想通貨業者の取引システムを注視しており、GMOコイン以外にもZaifなど大手取引所が処分を受けています。

金融庁、仮想通貨交換業者7社を行政処分 - 業務改善・停止命令措置実行へ | ボクシルマガジン
金融庁は8日午前、テックビューロ、GMOコイン等を含む仮想通貨交換業者7社に対して業務改善命令などの行政処分を下した。

業務改善命令でどう変わる?

金融庁からの行政処分が行われると、

  • 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築
  • 業務改善計画の提出

を実施しなくてはなりません。

こうした業務改善命令によって取引への影響はなく、問題なく取引を行えるようになっています。

GMOコインの評判は?

GMOコインは大手インターネット会社GMOがバックについていることもあって、やはり信用度が高いのが特長です。

GMOはFXや株取引でも長い実績を積んできていることから、取引システムの使いやすさや手数料の安さに特に定評があります。

ただ取引所ではなく販売所形式であるため、どうしても手数料が高くなってしまうのがデメリットといえるかもしれません。

アプリの使い心地

GMOコインで特に評判なのがアプリの使いやすさで、豊富なテクニカル分析が使えることや、スピード注文機能など、スマートフォンだけでも取引がスムーズに行えるようになっています。

入出金手数料

GMOコインの入出金には「即時入金」と「振込入金」の2種類があります。
即時入金はネットで振り込む方法で、振込入金は銀行から振り込む方法です。

即時入金の手数料は、以下のとおりになっています。

入金方法 入金手数料 最低入金額 最高入金額
楽天銀行・住信SBIネット銀行 無料 1,000円/回 1,000万円/回
ペイジー 無料 1,000円/回 999,999円/回

特に以下の提携先の銀行口座を持っていると入金がスムーズに行えます。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

振込入金の手数料は以下のとおりです。

入金方法 入金手数料 最低入金額 最高入金額
口座をもっている銀行 振込手数料 1,000円/回 制限なし

振込手数料の場合銀行指定の振込手数料がかかりますが、入金額の制限がないのが特長です。

出金手数料は無料になっていますが、1日の出金額は1,000円~1,000万円、17時~18時までは出勤の受付は行われていません。

入出金速度は速い?

入金の場合即時入金であれば即日、銀行振込の場合は即日から銀行の翌営業日までに口座に反映されます。

17時までに出金依頼をしていれば、翌営業日には指定の銀行口座に振り込まれます。
出金までのスピードもかなり早いのが特長です。

取引手数料

GMOコインの取引手数料は無料になっています。
何回も取引を行いたい方にとってはうれしいサービスですね。

しかし以下のレバレッジ手数料やスプレッドに注意が必要です。

レバレッジ手数料

GMOコインの大きなメリットであるレバレッジ取引ですが、レバレッジ取引を行う場合レバレッジ手数料がかかってきます。

レバレッジ手数料はポジションをまたいで保有していると0.04%の手数料がかかってきます。
ビットコインFXではニューヨーククローズにポジションを所有していると手数料がかかる仕組みになっており、午前7時をまたいでポジションを所有していると手数料が徴収されるようになっています。

仮想通貨でレバレッジ取引するメリット・デメリットとは | 取引所も徹底比較してみた | ボクシルマガジン
仮想通貨で手元の資金が少なくてもテコの原理のように大きな資金を運用するレバレッジという方法があります。今回はそのレ...

スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差のことを指します。
たとえば1ビットコインを200万円で購入し、売却価格が198万円となって場合、差額が2万円となり、この差額がスプレッドとなります。

取引手数料は無料ですが、このスプレッドが実質的な手数料となります。
スプレッドは通貨ごとに異なり、その時々の通貨の価格によって変動するため、注意が必要です。

仮想通貨のスプレッドとは?仕組み・幅・見方を徹底解説 - 各取引所比較 | ボクシルマガジン
仮想通貨の販売所で発生するスプレッドとは何のことなのか?初心者の方にもわかりやすいように、スプレッドが発生する理由...

強制ロスカットに注意

ロスカットとは損失が大きくなった時にポジションが強制的に決済されることを言います。
GMOコインでは証拠金維持率が75%以下になった場合です。

証拠金維持率はアプリやマイページなどで確認できますが、以下の公式で求められます。

(口座残高+評価損益)÷必要証拠金

追証にも注意

GMOコインの場合、追加証拠金、つまり「追証」の制度はありません。
口座の証拠金維持率が100%を下回った場合、ロスカットアラートの通知が行われ、所定の証拠金維持率を維持できなくなるとロスカットが執行されます。
その際に口座に不足金が発生した場合は、不足分が請求されます。

GMOコインの口座開設方法

レバレッジ取引や入出金の速さなどさまざまなメリットがあるGMOコイン。
そんなGMOコインの口座開設方法について詳しく解説していきます。

シンプルプランとフルアクセスプラン

GMOコインには「シンプルプラン」と「フルアクセスプラン」のふたつの口座プランがあります。

シンプルプランは会員登録のみが完了した状態のことをいい、仮想通貨の預け入れと送金はできますが、入出金や取引はできません。
こうした取引を行うためには本人確認書類を提出し、フルアクセスプランにアップグレードしなくてはなりません。

口座開設の流れ

■ シンプルプラン

口座開設をするためにはまず公式ホームページにアクセスします。
ページの右上の方に「口座開設」と書かれたボタンがあるので、こちらをクリックします。

口座開設ページに移動したらメールアドレスを入力し、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

その後登録したメール宛てに認証メールが届くので、メールに記載されたリンクをクリックします。

リンク先でパスワードを設定したら、設定したメールアドレスとパスワードを入力して管理画面にログインします。

これでシンプルプランの設定は完了です。

■ フルアクセスプラン

シンプルプランからフルアクセスプランにグレードアップするためには、まず管理画面にログインします。
その後管理画面から「アップグレード申し込み」ボタンをクリックします。

すると個人情報の登録画面になるので、必要な項目を入力していきます。

すべての項目の入力が終わったら「確認画面へ」のボタンをクリックします。

■ 本人確認書類の提出

GMOコインで本人確認書類を提出する場合「本人確認書類アップロード」と「受取時本人確認」の2種類から選べます。

本人確認書類アップロードはインターネットで運転免許証などをアップロードする方法で、受取時本人確認は登録住所あてに届く書留郵便で本人確認をする方法です。

受取時本人確認は登録した本人が郵便物を受け取らなくてはならないなど、手間がかかることが多いので、本人確認書類アップロードがおすすめです。

必要書類は?

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバー通知カードは不可)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

いずれも有効期限内のもので、顔写真がはっきり写っていることが条件になってくるので、撮影の際は注意するようにしましょう。

これらの画像をアップロードし、「アップロード」ボタンをクリックすれば、手続きは完了です。

その後は審査を待ち、審査を無事に通過すれば取引を開始できます。

貸仮想通貨サービス開始

GMOコインでは新しいサービスとして「貸仮想通貨」の取り扱いを開始しました。
貸仮想通貨サービスとは現在保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで、その数量に応じた貸借料を受け取れるサービスです。

応募の流れ

貸仮想通貨サービスに申し込む場合、お問い合わせフォームより申し込むことになります。

件名は「貸仮想通貨の応募」と記入し、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 貸出を希望する数量(10 BTC単位)

の4項目を入力します。

お問い合わせの種類は「貸仮想通貨」とし、ご利用の端末・OS、ブラウザは「その他」を選びます。

申し込みが完了すると、GMOコイン内で審査が行われ、当選または落選の結果が通知されます。
当選になると貸し出しの手順の案内があります。

GMOコインの今後は?

行政処分を受けることになったGMOコインですが、大手インターネット会社GMOのグループ会社であることや、取引手数料の安さなどはやはり大きなメリットと言えます。

今後の対応を注意深く見ていく必要はありますが、ぜひ口座開設をしておきたい重要な業者と言えるでしょう。

国内仮想通貨取引所TOP3

1位:GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。
GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。
取引手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料となっています。

3位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckは、スマートフォンのアプリが累計200万ダウンロードに到達した取引所です。最短10秒で500円から購入できるので、仮想通貨をはじめたい初心者の方におすすめです。
スマートフォンのウィジェットで価格を確認できる他、大きな価格変動の際には通知してくれるので、仮想通貨に慣れていない方でも安心して利用できます。

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けに、おすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『ABCash(エービーキャッシュ)』

ABCashは、毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけられます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

J.P.RETURNS【不動産投資セミナー】

J.P.RETURNS【不動産投資セミナー】の特徴としては、日本取引所グループ・SBI証券・幻冬舎など名だたる大企業と共催でセミナーと行っている点です。不動産投資のメリット・デメリットを複数の企業の視点から学べるので好評です。参加者の女性が75%の無料セミナーなので、安心して参加できます。

リアネスト【マンション投資セミナー】

リアネスト【マンション投資セミナー】は、マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加できます。また一人ひとりに対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受けられます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2020年価格予測と上昇理由 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2019年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2019年12月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2019年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落、その後2019年には持ち直した...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...