日本企業トップはイオン「世界の小売業ランキング2018」 - デロイト発表

公開日:
デロイト トーマツ コンサルティングは5月7日、Global Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2018」を発表した。それによると、Walmartが20年以上連続で1位となった。
日本企業トップはイオン「世界の小売業ランキング2018」 - デロイト発表

Walmartが20年以上連続で1位をキープ

「世界の小売業ランキング2018」は、デロイト トーマツ コンサルティングが毎年調査しているもので、今回で21回目となる。このレポートでは、世界の小売企業の中から2016年度の売上高上位250社をランキングにまとめた。そして、地域、セクター、チャネルごとに分析している。

それによると、まず、上位250社の総小売売上高合計は4兆4,100億米ドル、平均小売売上高は176億米ドルとなり、2011~2016年度の年平均成長率は4.8%となった。

出典:「世界の小売業ランキング2018」デロイト トーマツ コンサルティング

世界の小売業ランキング2018トップ10は米仏独

ランキングの上位10社は、1位はWalmartで2016年度の小売売上高は4,858億7,300万米ドルとなった。同社は20年以上トップをキープしている。2位がCostco Wholesaleで同1,187億1,900万米ドル、3位がThe Kroger で同1,153億3,700万米ドル、4位がSchwarz Groupで同992億5,600万米ドル、5位がWalgreens Boots Allianceで同970億5,800万米ドルとなった。この5社は前年と順位が変わらなかった。

以下、6位がAmazonで同946億6,500万米ドル、7位がThe Home Depotで同945億9,500万米ドル、8位がAldi Groupで849億2,300万米ドルの見通し、9位がCarrefourで841億3,100万米ドル、10位がCVS Healthで811億米ドルとなった。

注目はAmazon、プライムビデオの好調やスマートスピーカ―で10位から6位へ躍進

これら企業の中で、注目されるのがAmazonだ。同社は昨年初めてトップ10入りしたが、今回は6位へと躍進している。この要因として、ビジネスサービス展開国の拡大やプライムビデオといった動画配信が好調なことが挙げられる。また、スマートスピーカー「Echo」は大きな話題となった。スマートスピーカ―では、GoogleやAppleといった他の大手ベンダーに先行しており、米国では大きなシェアを占めている。