アディッシュ、「シェアリングエコノミー向け損害保険」で三井住友海上と協業

アディッシュは5月8日、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険と協業することを発表した。これにより、両社はシェアリングエコノミー向け損害保険でネット完結事故受付システムの整備を開始する。

アディッシュ、「シェアリングエコノミー向け損害保険」で三井住友海上と協業

新たな問題として浮上する「ネットの上でのトラブル」

インタ―ネットの進化に伴い、「ネットの上でのトラブル」というこれまでになかった新たな問題が浮上している。それは、不正アクセスやシステムトラブル、個人情報の漏えいやいじめといったさまざまな形で、我々の脅威となっている。

このような状況に対応しようとしているのがアディッシュだ。同社は、2014年10月にガイアックスから分社化した。そして3つの基盤事業と2つの次世代事業の5事業を手がけている。また、2018年1月中旬より「LINE」上でいじめの通報や相談に応じるサービスの提供を発表し話題となった。