シェアリングエコノミー型介護とは?「クラウドケア」が利用動向調査を実施

シェアリングエコノミー型の訪問介護・家事・生活支援サービス「CrowdCare(クラウドケア)」を提供するクラウドケアは、「シェアリングエコノミー型の介護保険外サービスの利用動向調査(訪問介護)」を実施、5月22日にその結果を発表した。それによると、サービスの利用は「見守り・話し相手」が38%とトップだった。

シェアリングエコノミー型介護とは?「クラウドケア」が利用動向調査を実施

介護人口の増加により、人手不足が深刻な業界のひとつでもある介護。今後、利用者と介護提供者、双方が満足できるしくみを続けていかなくては、立ち行かなくなるだろう。この状況に対応するため、さまざまなサービスが登場しているが、「CrowdCare(クラウドケア)」もその一つである。