「必要なのは攻撃からのレジリエンス」国内情報セキュリティ市場規模予測/IDC

公開日:
IDC Japanは5月28日、2017年~2022年の国内情報セキュリティ市場の予測調査を実施し、2022年のセキュリティ製品の市場規模は3,602億円、セキュリティサービスの市場規模は9,870億円にそれぞれ拡大する見込みであることを発表した。
「必要なのは攻撃からのレジリエンス」国内情報セキュリティ市場規模予測/IDC

2022年までの国内セキュリティ市場は拡大の一途

まずセキュリティソフトウェア市場の動向だが、IDC Japanの調査によると2018年はEU 一般データ保護規則(GDPR)などへの対応により、アクセス管理やセキュリティ/ぜい弱性管理の内部脅威対策製品の需要が拡大する見込みだ。

2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック/パラリンピックが開催され、サイバー攻撃対策や個人情報保護対策が需要拡大に拍車をかけるとみられる。

2021年~2022年はその反動から需要の伸びは軟化するが、2017年~2022年の期間全体としては年間平均成長率は3.5%、2022年時点の市場規模は2,892億円にまで拡大すると同社では予測している。

セキュリティアプライアンス市場については、2018年は悪質化するサイバー攻撃に対するソリューションのニーズが高まり、多層防御を備えたUTM(Unified Threat Management)と不正侵入を防御するIDS/IPS(Intrusion Detection System/Intrusion Protection System)の需要が拡大。

2019年~2020年、2021年~2022年の動向はセキュリティソフトウェア市場と同様に需要拡大~軟化の傾向であり、2017年~2022年の年間平均成長率は5.9%、2022年の市場規模は710億円に拡大するとみている。

国内セキュリティサービス市場は2018年、セキュリティ侵害向けサービス、サイバー攻撃向け外部脅威対策製品の構築サービス、マネージドセキュリティサービスの運用管理サービスへのニーズが高まると予想。

2019年以降は大規模イベント開催に伴うサイバー攻撃、デジタルトランスフォーメーション(DX)化も進展が予想され、クラウド環境でのセキュリティ・運用管理サービスの需要が拡大するとみられる。

このため同社では、2017年~2022年にかけての年間平均成長率は5.4%、2022年の市場規模(支出額ベース)は9,870億円に達するとみている。

出典:IDC Japan「国内情報セキュリティ製品市場 製品セグメント別 売上額予測、2015年~2022年」

レジリエンス向上には他社製品と連携すべし

悪質化するサイバー攻撃への対応としては、マルウェアの侵入阻止だけなく侵入後の活動を検知しその動きに対処するレジリエンス(回復力)が求められる。

そしてそのレジリエンスを高めるために有効とされるのが外部脅威対策製品間の連携であり、セキュリティ製品のレジリエンスを高めるべく、サプライヤーは自社製品だけでなく他社製品との連携を積極的に行っていく必要があるとIDCでは指摘している。

セキュリティへの早急な企業対応が必要

国内セキュリティ市場の拡大予測がある一方で、セキュリティへの危機意識に乏しく楽観する企業が6割にものぼると言われている。

今後、企業が世界の中で成長し生き残るためには、セキュリティ対策への強い意識を持ち、早急に対応することが求められる。


人気記事
資本主義から価値主義へ移行する社会
スマートコントラクトの仕組みとは?
アマゾン銀行業参入の脅威
メガバンクRPA導入で迫るリストラXデー
「サイバーセキュリティの5大トレンド」