リクルーターは就職・採用活動キーパーソン?面談・メール・電話のポイント

“就活解禁”日が後ろ倒しされていることもあり、「リクルーター」の存在が際立つようになってきました。そもそも、リクルーターやリクルーター制度とは、どのようなものでしょうか。企業が気をつけるべきポイント、面談の実態やメール返信の要点、就活生にとってのメリットなども紹介します。

リクルーターは就職・採用活動キーパーソン?面談・メール・電話のポイント

“就活解禁”日が後ろ倒しされていることもあり、「リクルーター」の存在が際立つようになってきました。そもそも、リクルーターやリクルーター制度とは、どのようなものでしょうか。企業が気をつけるべきポイント、面談の実態やメール返信の要点、就活生にとってのメリットなども紹介します。

リクルーターとは

リクルーターとは、入社志望者と直接コンタクトを取ることを目的として選ばれる社員のことです。若手の採用担当者が選ばれることが多く、出身大学のゼミやサークルに出向いて人材の発掘を行ったり、OB・OG訪問を受け付けたりと、採用活動の支援、調整役を担っています。

リクルーター制度を導入する理由

リクルーターが採用活動に関わる仕組みをリクルーター制度といいます。まず企業にとっての導入メリットは何でしょうか。おもに新卒採用の場を想定してまとめます。

企業がリクルーター制度を導入するメリット

まず、企業がイメージする人物像に当てはまる求職者を集めやすくなります。またリクルーターと求職者はおもに一対一で関わりを持つため、非常に密度の濃い時間を共有できます。 よい関係を築ければ、より効果的に自社をプロモーションできるのです。数ある企業から自社の志望度を向上させるという仕事もリクルーターの重要な役割です。

2018年卒を対象とした調査では、内定辞退率が6割を超え過去最高を記録。辞退者を減らすためにも、リクルーター制度が役に立つかもしれません。

就活生がリクルーターと会うメリット

では、就職活動をする学生がリクルーターと会うメリットは、何でしょうか。

まず不安や疑問の多い就活生にとって、早い段階からリクルーターとの接点を持てることは心強いでしょう。とくにリクルーターが若手の社員だと、年が近いため親近感を抱きやすく、質問しやすいのです。アドバイスなど就活のヒントをもらえる場合もあります。

リクルーターと実際に話をするなかで、どんな企業なのかを直接判断できるのも利点です。実際の現場や仕事についてリクルーターと意見を交わすことで、採用後に生じるミスマッチを回避しやすくなります。

さらにリクルーターとの面談で高評価を得られれば一次・二次選考をパスできることもあり、スピーディーな内定につながるチャンス。就活時の手段のひとつとして、十分に活用できるでしょう。

リクルーター面談のポイント

リクルーターと接点を持つポイントはさまざま。「面談」や「面接」というかたちで会うこともあります。どういったところで、どのような話をするのでしょうか。

リクルーター面談とは

一般的に、カフェなどを利用し、リクルーターと学生1~3名で1時間ほど話をします。お茶をしながら、あるいはランチをしながらと、カジュアルな場を設定されるものの、実質は面接を兼ねている場合が多いようです。オフィスではないからと気をぬかず、しっかりと準備をして臨みましょう。

質問のポイント

先述したように、企業側からも学生側からも「認識」をすり合わせることが重要です。採用ホームページなどを読むだけではわかりづらい社風や社員のようす、具体的な業務内容、忙しさや残業の実態などを話すなかで、企業と合うかどうかを互いに図ります。

学生からリクルーターへの“逆質問”を求められることも多々あります。会社説明会やホームページを読み込んだうえで、より仔細で具体的な内容を聞けるよう、用意しておくことが大切です。