インスタが縦長動画アプリ「IGTV」開始 世界で月間10億人が見るInstagramのインパクト

米国時間6月20日、Instagramは写真共有アプリ「インスタグラム」の新しいサービスを発表した。縦長動画を配信できる、Instagram TV――「IGTV」だ。インスタグラム内から利用できるほか、iOS、Android向けの同名アプリもリリースされている。

インスタが縦長動画アプリ「IGTV」開始 世界で月間10億人が見るInstagramのインパクト

「IGTV」がスタート

米国時間6月20日、写真共有アプリ「インスタグラム」の新しいサービスがリリースされた。縦長動画を配信できる、Instagram TV――「IGTV」だ。インスタグラム内から利用できるほか、iOS、Android向けの同名アプリも配信されている。

リリース後、人気インスタグラマーたちが、さまざまな動画をさっそく投稿している。

IGTVの2つの特徴

IGTVアプリを開くと、数秒の「砂嵐」の後に、自動で動画が再生される。テレビのような演出だ。そこで視聴できる動画には大きく2つの特徴がある。

スマホにフィットする「縦長」

1つめの特徴は、スマートフォンの画面に最適化された「縦長」動画。全画面表示でストレスなく閲覧でき、左右のフリックで素早く動画を切り替えられる。

従来より格段に長い「60分」

2つめの特徴は、投稿できる動画の長さ。IGTVでは、最長1時間の動画を投稿、および共有できる。従来の最大「60秒」と比べれば、圧倒的に長い。

インスタグラムと“連動”

IGTVはインスタグラムと“連動”しているため、新たに動画やユーザーを検索せずとも、インスタグラムアカウントに基づく「おすすめ動画」などを視聴できる。ほか、「フォロー中」「人気」「視聴を再開」のタブも用意されおり、さまざまなコンテンツを見つけられる。

また動画には「いいね!」やコメントをつけたり、ダイレクト機能を介して「友だち」とシェアできたりと、インスタグラムユーザーにとっておなじみの機能を利用可能。


出典:プレスリリース


もちろん動画の投稿も、インスタグラムのアカウントを持っていれば、簡単に行える。

今回の発表にあたり、Instagram共同創業者兼最高経営責任者のケビン・シストロム氏は、次のようにコメントしている。

Instagramはこれまでも、人との繋がりからインスピレーションを受けたり、新しいことを知ったり、楽しみを発見したりする場であり続けてきました。IGTVが新しい章の始まりとなり、コミュニティの皆さまの力で、Instagramにおける動画の可能性がさらに広がることを楽しみにしています。IGTVを通して、大切な人や大好きなことと、皆さまの距離がいっそう近づけば幸いです。

拡大を続ける動画広告市場

スマートフォンにおける動画広告の市場規模は、2020年には2,300億円を突破するという(サイバーエージェント オンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ、2017年)。その後も拡大を続け、2023年には3,000億円を超える見込みだ。

Instagramは、IGTVのローンチとともに、全世界の月間アクティブアカウント数(MAU)が10億を突破したことを発表した。広告市場としての魅力はますます増大するだろう。

【特集】Instagramの使い方・テクニック徹底解説!

初めて使う人向け

PCで使いたい人向け

裏技・テクニック

ビジネスで使いたい人向け