ピラミッドストラクチャーとは?作成方法・考え方・具体例 - フレームワークを考える

最終更新日: 公開日:

ロジカルシンキングを身に着けるうえで重要なピラミッドストラクチャーについて、基本的なところから解説するとともに、論理ピラミッドの作成方法や注意点について具体例を挙げながら説明していきます。

ピラミッドストラクチャーとは?作成方法・考え方・具体例 - フレームワークを考える

ビジネスシーンでは、論理的に物事を考え、相手にわかりやすく伝えることが重要だというのは、多くの人がご存知でしょう。プレゼンや報告書の作成などでも、相手に理解しやすいようにロジカルな構成を心がけるよう上司に言われた経験を持つ人は少なくないはずです。

しかし、実際にやってみると論理的に思考したり、書いたりするのは意外に難しいことがわかります。特に、これまでロジカルに物事を考えるということに意識を向けてこなかった人は、いざ相手に正確なメッセージを伝えようとすると、何から話せばよいのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

そんな人におすすめなのが、物事を「ピラミッドストラクチャー(ピラミッド構造)」を意識しながら整理し、話の内容を構成することです。ピラミッドストラクチャーによって自分の思考を整理しながら話の構成を考えることで、相手に正確にメッセージを伝えられ、説得力のある主張ができるようになります。

ピラミッドストラクチャーとは

ピラミッドストラクチャーとは、頂点に伝えたいもっとも大きな考えを置き、それを小さな考えのグループで支える話の構造のことをいいます。このように主張をピラミッドの頂点とし、その下にそれを支える根拠を置くことで、どんな相手にも理解しやすい話の構成になります。

ピラミッドストラクチャー図解

ピラミッドストラクチャーでは、それぞれの考えが縦と横とで関連づけられています。以下の図を見てください。

縦の関係では、ピラミッドの上部の考えは下部の考えのグループを要約するものになっており、横の関係は何らかの論理的な共通点をもつものがグループ化されています。もっとも伝えたい最終的な主張をピラミッドの頂点とし、その正しさを示すための根拠がその下を支えます。さらに、その根拠を裏付けるデータがその下にくるようになっています。

このような構造にすることで、相手は「なぜ、その結論になるのか?」が体系的に理解できるようになります。主張する側も、まず結論からはじめ、徐々にピラミッドの下に移るように根拠づけをしていけばいいので、自分の考えを整理して相手に伝えられます。

ピラミッドストラクチャーとMECE

ピラミッドストラクチャーの横のつながりでは、上部の考えの正しさを支える要素をなるべく「漏れなく、ダブりなく」揃えておいた方が説得力のある主張になります。これをMECE(ミッシーあるいはミーシー)といい、ロジカルシンキングでは非常に重要な考え方です。

その結論を出すために必要な要素を「漏れ」も「ダブり」もなく網羅することで、相手に不足点や矛盾点などを指摘されづらくなり、納得感のある主張が可能になります。

MECEの基本的な考え方や具体例については以下の記事を参考にしてください。

今さら聞けない「MECE」とは?ロジカルシンキングの基本的な考え方・コツ・フレームワークを解説 | ボクシルマガジン
ビジネスのさまざまな場面でロジカルシンキングの重要性が指摘されて久しいですが、今ではマッキンゼーなどの大手コンサル...

ピラミッドストラクチャーの作成方法

ピラミッドストラクチャーの概要を説明したところで、特にビジネスの現場において、自分の主張をピラミッド構造で説明するための具体的な方法について解説します。

1. 主張を出す

まずはピラミッドの頂点にあたる「主張」や「結論」を決めます。相手にもっとも伝えたいこと、理解してもらいたいことを最終的な結論として定め、その後にその正しさを証明するための根拠を並べていきます。

たとえば「広告費を増やすべきか?」、「新規採用枠を拡大すべきか?」というテーマで意見を述べるのであれば、それぞれ「増やすべき(増やすべきではない)」、「拡大すべき(拡大すべきではない)」という主張がピラミッドの頂点に来ます。

特にビジネスでは、一定のテーマに沿った意見や主張を求められることが多いですから、そのテーマに沿った結論にしなければ的外れになってしまいます。つまり何について聞かれているのかをしっかり理解することが重要です。

2. フレームワークを考える

最終的な結論を決めたら、次に下部構造でその主張が充分説明できるようにフレームワークを作成していきます。つまり「何をいえば(証明すれば)この結論の根拠となるのか?」について、論理の枠組みを考えるということです。

ここで重要となるのが、上述のMECEに考えるということです。その結論の正しさを証明するには、どんな要素があれば「漏れ」がなく、どういう構成にすれば「ダブり」なく体系的に説明できるかを考えましょう。たとえば「この事業をはじめるべきだ」という主張をしたいならば、その事業の「市場(顧客の状況)」と「競合の状況」、そして「自社の状況」の3つの観点から根拠付けをすれば効果的であることがわかります。

これはいわゆる「3C」のフレームワークですが、これらは事業を考えるうえで必要な要素を「漏れ」も「ダブり」もなく考えるために有効です。

3. 情報を収集してグループ分けする

論理の枠組みが決まったら、それに関連するデータを洗い出していきます。収集するデータは、その結論に関するものであればどんなものでも構いません。データを収集したら、その一つひとつの要素について共通する内容ごとにグループ分けしていきます。

たとえば、上述の「3C」の例でいえば、「市場(顧客)」に関しては「成長期にある」「潜在的規模が大きい」といった事実があれば、最終的な主張を裏付ける根拠となります。

同様に「競合」に関しては「各社の市場シェアの状況」や「その市場を代表する商品をもつ企業の有無」などの情報が得られればよいでしょう。「自社」の状況に関しては、「販路の拡大が可能」「既存の技術を転用できる」といった要素が挙げられるでしょう。

4. 情報から根拠につなげる

情報をグループ分けしたら、各々の情報から「どういうことが言えるのか?」「何がわかるのか」というメッセージをそれぞれの枠組みの根拠として抽出していきます。ここでは演繹法や帰納法を使いながら、ピラミッドの縦のつながりがスムーズかどうかを確認していきます。

たとえば「市場が成長期にある」「潜在的規模が大きい」「機能面に対するニーズが高い」といった事実が確認できるならば、「自社にとって魅力的な市場だ」といったメッセージが導き出せるでしょう。同様に「競合」や「自社の状況」のカテゴリでも、個々のデータからメッセージを抽出していきます。

5. 確認作業

メッセージを抽出したら、一つひとつのデータから「何がいえるのか?(so what)」を確認し、逆にそれぞれの枠組みの結論(メッセージ)から「なぜそう言えるのか?(why so)」を自問してみて、縦のつながりに無関係なところはないか、論理の飛躍はないかなどをチェックしましょう。

上の図を確認しながら、ぜひ自分なりに論理ピラミッドを作成してみてください。