積立年金とは | 個人年金保険の種類・控除・返戻率・iDeCo(イデコ)との違いは?

最終更新日: 公開日:
積立年金とは、老後の資金として一定額を定期的に積立て、年金として受け取ることを指します。近年、個人向けの積立年金として「個人年金保険」が注目を集めています。国民年金や厚生年金に上乗せする「第3の年金」である個人年金は、さまざまな控除を受けられます。しかし、解約には元本割れの可能性があるなど、注意が必要なことも否めません。企業年金やiDeCoとの違いにも言及し、わかりやすく解説します。
積立年金とは | 個人年金保険の種類・控除・返戻率・iDeCo(イデコ)との違いは?

積立年金とは?

積立年金とは、一定額を定期的に積立て、老後に年金として受け取る制度です。ただし、一口に積立年金といっても種類はさまざまな種類があります。

積立年金の種類(1)公的年金

公的年金は、主に国民年金、厚生年金、共済年金の3つに分類されます。

国民年金

もっとも基礎的な年金で、日本国内に住所がある60歳未満の成人は加入が義務付けられています。保険料は年ごとに変わりますが、令和2年度は16,540円となっています。

被保険者は1号・2号・3号の次の3つに区分されています。

  • 第1号被保険者…自営業
  • 第2号被保険者…会社員、公務員
  • 第3号被保険者…専業主婦・主夫

次の記事では、国民年金について詳しく解説しています。

厚生年金

企業に勤める労働者が加入する公的年金です。毎月の保険料は労使折半で、給料から天引きされるのが一般的です。国民年金よりも多額の給付をうけられるというメリットがあります。

また、厚生年金は原則として65歳から受け取れますが、給与の額によって受給額が違うことには注意しましょう。たとえば、高い給与の人は、将来高額の年金を受け取れます。

次の記事では、厚生年金と厚生年金基金の違いについて詳しく解説しています。

共済年金

2015年10月1日まで存在していた、公務員向けの年金です。共済年金は、会社員の方々が加入する「厚生年金」にあたります。民間企業のサラリーマンが加入する厚生年金に比べると、保険料が安い上に給付額も多く、不公平の温床であるといわれていました。

しかし、現在は厚生年金に一元化され、以前に比べて格差は小さくなっています。

積立年金の種類(2)企業年金

企業年金は、民間企業が独自に設けている年金制度です。公的年金に上乗せして給付を受けられることから、福利厚生の一環として普及しました。

よく、日本の年金制度を「3階建ての年金制度」と呼びます。これは、国民年金を1階部分、厚生年金を2階部分とするなら、企業年金を3階部分として考えたときの例です。(2015年9月以前は、共済年金の職域加算も3階部分として考えられていました。)

企業年金の種類には、確定給付企業年金(規約型・基金型)、確定拠出年金、厚生年金基金、税制適格年金および自社年金があります。

次の記事では、確定拠出年金について詳しく解説しています。

積立年金の種類(3)個人年金保険

公的年金への不安はもとより、企業年金の衰退にも懸念がある昨今、注目を集めているのが個人年金保険です。個人年金保険は、契約時に定めた年齢から毎年、一定額の年金が給付される制度です。期間は契約によって異なり、5年や10年と限定されているものから、一生涯受け取れるものまで幅広く存在します。

ここでは「積立年金」と呼ばれるもののほとんどが、個人年金保険を指しているという前提で、積立年金について詳しく解説していきます。

積立年金の「受け取り期間」による分類

積立年金を受け取り期間で分類すると、次の3つに分けられます。

  • 確定年金
  • 有期年金
  • 終身年金

確定年金

加入者(被保険者)の生死に関係なく、契約時に決めた期間は必ず年金を受け取れるタイプです。本人が死亡している場合は、遺族に給付が行われます。

一般的には、公的年金が給付されるまでの「つなぎ」として利用する人が多いでしょう。個人年金保険の中ではもっとも人気が高く、選択肢も豊富です。

有期年金

確定年金と同じように、契約時に決めた期間、給付が受けられます。ただし、加入者(被保険者)が生存していることが条件です。長生きして満額受け取ればお得ですが、そうでなければ元本割れの可能性もあります。

終身年金

いわゆる「一生涯型」と呼ばれる個人年金保険です。加入者(被保険者)が生存している限り、年金が給付されます。ただし、遺族に対しての支払いや死亡保険金はありません。お得かどうかは完全に本人の寿命とリンクしているため、長生きする自信がある方におすすめです。

積立年金の「年金額の変動の有無」による分類

積立年金を年金額の変動の有無で分類すると、次の2つに分けられます。

  • 変額年金
  • 定額年金

変額年金

年金として受け取る金額が、保険会社の運用実績によって変動するタイプです。「変額個人年金保険」と呼ばれることが多いです。運用成績次第では、掛け金を上回る年金が給付されますが、元本割れのリスクもあるわけです。投資の側面が強い商品といえます。

定額年金

契約時に給付される年金の額が決まっているタイプです。個人年金保険の大部分は定額年金で、加入者からの人気も高くなっています。

積立年金(個人年金保険)とiDeCo(イデコ)の違いは?

個人が積み立てる年金として「iDeCo(イデコ)」を思い浮かべる方も多いでしょう。

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、加入者が毎月一定の金額を積み立てて、定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取れる制度です。個人年金保険とiDeCoでは、掛け金の上限や税制上の取り扱いで違いがあるのと覚えておきましょう。

次の記事では、iDeCoについて詳しく解説しています。

次の記事では、少額投資非課税制度「NISA」について詳しく解説しています。

個人年金保険とiDeCoの比較

個人年金保険とiDeCoを表で比較してみましょう。ポイントは掛け金上限、税制上の控除金額、中途解約の可否などです。

個人年金保険 iDeCo(個人型確定拠出年金)
加入する場所 保険会社 証券会社
手数料など 毎月の保険料に含まれる 保険料とは別に管理費や信託報酬が必要
受け取れる金額 定額から変額までさまざま 基本的には運用成績次第で変動
掛け金上限 特になし 公的年金の加入状況や職業によって変動
中途解約の可否 可能(ただし受取額は減少する可能性がある) 原則として不可
積立時の控除上限 生命保険料控除として所得税は年間4万円 住民税は年間2万8千円 全額が所得控除の対象
受け取り時の扱い 支払った年金と受け取った年金の差分が雑所得になる 退職所得もしくは雑所得扱い 公的年金控除の対象となる

個人年金保険のメリットとデメリット

iDeCoとの比較から、個人年金保険のメリットとデメリットを整理すると、次のようになります。

メリット

  • 貯蓄が苦手でも老後資金を貯めやすい
  • 住民税や所得税の控除対象になる
  • iDeCoよりも柔軟な制度設計ができる

今は、銀行の普通預金にはほとんど利息が付きません。したがって、個人年金保険で老後の資金を貯めることは資産形成の面でも非常に役立つと言えます。

デメリット

  • 途中解約で元本割れのリスクが高い
  • 定額型の場合、急激なインフレに対応できない

保険会社が破たんした場合、支払った保険料は「生命保険契約者保護機構」により一定額が保障されます。しかし、将来受け取れるはずだった年金金額が減額される可能性があるので注意が必要です。

>>>人気の資産運用ランキングをTOP5をチェックする

個人年金保険をできるだけ多く受け取るには?

個人年金保険は、個人の収入やライフスタイルによって正解が異なります。したがって、万人におすすめできる商品となると非常に難しいものであるともいえるでしょう。

ただし、いくつかのポイントを抑えれば、多少なりとも給付される金額が増えます。

個人年金保険で重要な「返戻率」とは?

個人年金保険の指標となるのが「返戻率(へんれいりつ)」と呼ばれる数字。簡単に言えば、利回りのことです。支払った保険料に対して、どのくらいの割合が戻ってくるかを示した数字です。

一般的に、手堅さ重視なら返戻率101から104%が主流で、第一生命の 「しあわせ物語」や明治安田生命の「年金かけはし」などが代表的でしょう。

高利回りを狙うなら「外貨建て個人年金保険」

外貨建て個人年金保険は保険金の支払いや受け取りを、海外の通貨(外貨)で行う商品です。いわゆる変額保険のひとつで、給付額は運用成績や為替差益によって変動します。

返戻率150%越えを狙える高利回り商品ですが、当然元本割れのリスクもあります。また、為替手数料や解約手数料といったコストがかさみがちな点にも注意が必要です。

据え置き期間で返戻率アップ

個人年金保険には、保険料の払い込みが終了してから、実際に年金を受け取るまでにタイムラグを設定できることがあります。これを「据え置き期間」と呼び、返戻率をアップさせるポイントなのです。

たとえば60歳で保険料の支払いが完了し、実際の受け取りは65歳からとすれば、この5年が据え置き期間です。60歳からすぐに年金を受け取るよりも、多くのお金が受け取れます。

若いうちに加入する

多くの個人年金保険では、単純に加入年齢が若ければ若いほど返戻率が上がります。ただし、商品によっては加入年齢に条件が設定されていることもあるため、万人に当てはまるものではありません。

>>>人気の資産運用ランキングをTOP5をチェックする

どのタイプの積立年金が自分に合うかしっかり見極めよう

積立年金の種類から、積立年金を多く受け取る方法を解説しました。

ひと口に積立年金と言っても、さまざまな種類があり、どれが自分に適しているのか、最初はわからないかもしれません。しかし、自分が退職後どのような生活をしていきたいか「老後の計画」をきちんと立てることで、必要な積立年金の種類や費用がわかります。

今後の自分の生き方を考えるうえでも、積立年金について今一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの資産運用4選

資産運用は面倒な手続きが多く、始めるのに時間がかり、運用の変動を常にチェックしなければならなくて大変というイメージの方も多いかもしれません。

しかし、最近ではスマホを利用してカンタンにすぐ始められ、隙間時間で運用ができるサービスが多く提供されています。

手軽に始めれる資産運用ランキング形式で4つ紹介していきます。

SBI証券【iDeCo】

SBI証券【iDeCo】は、年金資産残高にかかわらず運営管理手数料が0円です。iDeCoは長期投資となるので、コスト抑えることで手元に残すお金を増やせます。

また、商品ラインナップも豊富で、コスト・多様性重視の「セレクトプラン」とは、総合的に選定された35商品である「オリジナルプラン」の2プラン要塞されています。

サポートも充実しており、固定電話・携帯電話どちらからでも問い合わせできます。新規問い合わせは土日も受けてつけているので、休日でも気軽に電話できます。

\多様な運用商品ラインナップ/

楽天証券

楽天証券は2019年新規口座開設数業界No.1(※1)の人気の証券会社です。

株式やFXだけではなく、NISA・iDeCoの申込みもできます。国内株式の手数料は0円で、楽天ポイントを貯めて、使うこともできます。楽天市場でもらえるポイントが+1倍になるので、楽天ユーザーにおすすめです。

\2019年新規口座開設数業界No.1/

※1:auカブコム証券・SBI証券・松井証券・マネックス証券・楽天証券で比較(2020年2月6時点楽天証券調べ)

マネックス証券【iDeCO】

マネックス証券【iDeCo】は、条件無し・どなたでも運営管理手数料は0円で運用できます。運用期間中の手数料は66円~171円/月必要ですが、安価で運用できる点はメリットです。

「運用商品が多すぎてどれを選べば良いか分からない」という方向けに、マネックス証券が厳選した26本をiDeCoで提供されています。

さらに土曜日も電話で専門スタッフに問い合わせできます。普段仕事で忙しい人でも気軽に相談できる点も人気のポイントです。

\運営管理手数料が0円&お客さま満足度94.5%!/

※2:マネックス証券iDeCo利用者645名からの2018年5月17日行ったアンケート結果

マネックス証券【NISA/積み立てNISA】

積み立てNISAは、最大800万円までの投資枠(20万円/年×40年間)の運用益が非課税となる点です。

本来投資による利益の20%に税金が必要ですが、積み立てNISAの場合は一切不要となります。

また投資対象は国が定めたリスクの高い運用を行っていない長期投資向けなどに限定されています。

さらに積み立てNISAは定期預金や個人年金保険などと異なりいつでも引き出しが可能な点も安心できるポイントです。

積み立てNISAの中でも人気が高い証券会社が、マネックス証券となっています。

特徴としては、取扱商品が145銘柄以上あり、引き落とし手数料が0円の点です。

\最大800万円までの運用益が非課税&いつでも引き出し可能/

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。