Amazon Echo/Echo Spotですき家持ち帰り全メニュー予約可能に

公開日:
牛丼チェーン「すき家」は27日、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)/Echo Spot(アマゾンエコースポット)」ですき家の持ち帰り全メニューが予約可能になると発表した。
Amazon Echo/Echo Spotですき家持ち帰り全メニュー予約可能に

Amazon Alexaで、すき家の持ち帰り全メニューを予約可能に

すき家では、2017年11月からAmazon Alexa(アマゾンアレクサ)での「すき家のお弁当注文」を開始していた。今回の発表は、これまで一部のメニューのみの対応だったが、7月4日から全メニューで予約注文が可能になったというもの。

音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」に「アレクサ、すき家の牛丼を開いて」あるいは「すき家の牛丼を開いて、前回の注文をして」と話しかけるだけで、すき家のお弁当を予約できる。

予約した日時に店舗にいけば待ち時間なしで弁当を受け取れる。また、スクリーン付きスマートスピーカーの「Amazon Echo Spot(アマゾンエコースポット)」の画面にメニューや予約情報を確認できる。

新製品「Amazon Echo Spot」は食べログとの連携も

Amazon Echo Spotは、7月26日に日本国内で出荷開始予定されるEchoシリーズの新製品。6月20日に予約を開始したばかりだ。

発売前にもかかわらず、すき家のほかカカクコムの飲食店予約サイト「食べログ」も、同製品に対応することをすでに発表するなど、飲食系企業が積極的にサービス連携をすすめている。

「Amazon Echo Spot」食べログサービス 概要

これはすき家も食べログも、これまでのEchoシリーズに搭載されていなかったスクリーンに注目しているためだ。

すき家ではメニューや予約情報、食べログでは写真・評価情報をスクリーンで確認、タッチして詳細が見られる。これまで音声を最後まで聞かなければ対応できなかったことが、目で見て確認、対応できる。

Amazon Echo Spotは音声に加えてスクリーンがついたことで、これまでより利便性高くユーザーの行動をサポートできるスマートスピーカーになったといえるだろう。