働き方改革は、業績がよいほど有効? 中小企業社員1000名調査

最終更新日: 公開日:
ビジネスチャット「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは、働き方改革に関連した調査「中小企業の業績別働き方改革意識・実態調査」を実施、6月26日、結果を発表した。働き方改革に取り組む中小企業は約4割で、業績好調な中小企業の社員ほど好影響を実感してることがわかったという。
働き方改革は、業績がよいほど有効? 中小企業社員1000名調査

ビジネスチャット「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは、働き方改革に関連した調査「中小企業の業績別働き方改革意識・実態調査」を実施、6月26日にその結果を発表した。これによると、働き方改革に取り組む中小企業は約4割で、業績好調な中小企業の社員ほど好影響を実感してることがわかったという。

業績が好調なほど「働き方改革」の好影響を実感

調査は全国の20~59歳の正社員を対象に2018年5月17日〜同18日に実施された。対象は1,036名(男性778名、女性258名)、 調査方法はインターネット調査である。

その結果、働き方改革に取り組む中小企業は約4割で、2017年10月に実施した同調査と比較するとほぼ横ばいだった。業績別に取り組んでいる企業をみると、好調な中小企業で40.9%、不調な中小企業で31.1%。

出典:プレスリリース

ここで注目されるのは、業績好調な中小企業の社員の場合、38.7%が「働き方改革が会社に好影響」と回答したことだ。業績不調な中小企業の社員だと19.9%にとどまっている。この差は19.8ポイント、約2割とかなり大きい。

これにより、業績が好調な中小企業に勤める社員の方が、より「働き方改革による会社業績への好影響」を感じている傾向にあることがわかる。また、業績別に見ると、取り組み内容のうち効果の実感にもっとも差があるのが「ITツールの導入」だった。

なお、勤務先企業の姿勢をについて尋ねたところ、勤務先企業が積極的だと思う取り組みは、1位が「時間外労働の上限設定」、2位が「ITツールの導入」、3位が「社員のスキルアップ」となった。