平成生まれが注目する著名人、桐谷広人氏が1位 若手投資家の意識調査

公開日:
FOLIOでは、平成生まれの株式投資経験者を対象としたアンケート調査を実施。若手投資家の現状や意識について尋ねた。また、エンジェル投資家である家入一真氏が6月、ベンチャーキャピタル「NOW」の設立を発表。
平成生まれが注目する著名人、桐谷広人氏が1位 若手投資家の意識調査

若者の投資が活発化

若者のスタートアップ活動や投資が活発化している。そのプロセスには、やはり彼らなりの特徴があるようだ。今回は2つのニュースを取り上げ、「投資が活発になることが経済の活力になる」という視点から、現在の投資動向を見てみたい。

まず特徴的な事例を挙げよう。エンジェル投資家西川潔氏、鶴田浩之氏らが「PoliPoli」に投資を決定した、というニュースだ。「PoliPoli」は、若干19歳のメンバーが政治家と有権者双方のニーズを満たすために立ち上けプラットフォームプロジェクト。ユーザーの良い発言に対し独自のトークンをインセンティブとして発行し、「荒れやすい政治コミュニティサービスの質を担保する」仕組みとしている。

またオンライン証券サービスを展開するFOLIOは、平成生まれ(20~29歳)の株式投資経験者を対象とした、インターネットによるアンケート調査を実施。その主な集計分析結果を6月、『平成生まれの若手個人投資家 投資実態調査結果(速報版)』として発表した。

それによると、

  • 20代の株取引の約7割はスマートフォン経由
  • ネット証券ユーザーが約8割で、対面大手証券は約2割にとどまる
  • 株式投資で預金以上に儲かっている人は8割以上

といった特徴がみられたという。次ページより、その内容を詳しくみていこう。