ネット広告が変わる?!デジタルコンテンツ視聴率が測定可能に

公開日:
ニールセン デジタルは7月2日、ニールセンが推進するトータルオーディエンスソリューションのキーコンポーネントである「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のサービス提供を日本で開始した。
ネット広告が変わる?!デジタルコンテンツ視聴率が測定可能に

これまでになかったネット広告の効果測定とは

出典:「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の特徴」ニールセン デジタル

出典:「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の特徴」ニールセン デジタル

今回の、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、ストリーミングビデオ、静的(テキスト)コンテンツページ、モバイルアプリなど、デジタルコンテンツのメディア接触を包括的に測定するシステムだ。また、どんな人(性別・年齢)が視聴したのか、といった人ベースのリーチ計測で、公平な媒体評価、広告取引のための標準指標を提供するという。


人気の会員限定記事
WeWork(ウィーワーク)を徹底解説
中国「最強のユニコーン企業」10社
Uber・Airbnb流「ディスラプターの必勝法」
勝てるSaaS企業「5つの共通点」
中国・深センの人材エコシステム


ニールセンが従来から提供している業界標準のパネルベースのネット視聴率であるNetView(PC版)、Mobile NetView(スマートフォン版)を進化させ、パネルデータと全数データのレポートとして提供する。また、全数データの活用により、たとえば、動画であれば番組単位、放送回単位というコンテンツ単位の粒度の細かいレポートの提供も可能にしている。

今回のサービスは革命的だ。これまではそれぞれのデバイスに対するデータであり、PCとモバイルデバイスを横断したトータルでの利用状況を細かく測定できなかったからだ。

効果が見えにくかったデジタルコンテンツマーケディングにおいて、ターゲットに対してより適切なデバイスを把握し、適切なメディアやコンテンツを特定できるようになるだろう。