オンライン書店「Amazon」がトップ ショップを選ぶ3つのポイントとは

公開日:
MMD研究所は、「オンライン書店の利用に関する調査」を実施、7月3日にその結果を発表した。それによると、オンライン書店の中で利用したことがあるサービストップはアマゾンだった。一方で、「街中などの書店」で購入との回答も5割いた。
オンライン書店「Amazon」がトップ ショップを選ぶ3つのポイントとは

書籍購入は「街中などの書店」が5割

この調査は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間に実施された。

まず、書籍を購入したことがある場所を聞いたところ(複数回答可)、「街中などの書店」が47.7%ともっとも多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が35.1%、「デパートなど商業施設の中の書店」が32.5%だった。

これを男女別で見た場合、男性は「街中などの書店」が47.7%と最多で、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が33.8%、「ブックオフ」が32.6%だった。一方、女性も「街中などの書店」(47.7%)、「オンライン書店で現物の本の購入」(36.4%)と並び、「デパートなど商業施設の中の書店」(33.9%)が続いた。

オンライン書店の興隆で閉店する、または存続が危ぶまれる実店舗も多いとされているが、現状では実店舗での現物購入が多いことがみてとれる。とはいえ、オンライン書店を利用したことのある人は3割程度と、無視できない数字ではある。次章よりその内情を詳しくみていく。

「書店にいかなくても注文できる」オンラインの利便性

出典:プレスリリース

まず、上のグラフを見てほしい。オンライン書店での書籍購入経験者(n=1,753)を対象に、利用した理由を聞いたところ(複数回答可)、男性でもっとも多かった回答は「書店にいかなくても注文ができるから」(41.8%)。次いで「書店に置いてない書籍が購入できるから」が40.9%、「品ぞろえが豊富だから」が37.9%となった。

一方女性の場合、1位は男性同様「書店にいかなくても注文ができるから」(49.3%)。次いで「時間を問わずいつでも検索、注文できるから」が47.0%、「書店に置いてない書籍が購入できるから」が43.8%であった。

男女とも、書店に行かなくてもいいという利便性を重視しているようだ。

利用サービス1位はアマゾン

出典:プレスリリース

次に、利用したことがあるサービスを聞いたところ(複数回答可)、男性でもっとも多かったのは「Amazon」でなんと78.9%を占めている。次いで「楽天ブックス」が61.1%、「Yahoo!ショッピング」が23.3%となった。

女性も「Amazon」が76.0%でトップ。「楽天ブックス」(60.2%)、「Yahoo!ショッピング」(17.4%)が続いた。

「オンライン書店=Amazon」という認識が強いようだ。

利用の決め手は「送料無料」「品ぞろえ豊富」「ポイント貯まる」

出典:プレスリリース

最後に、利用するうえで重要なポイントを聞いたところ(複数回答可)、男性は「送料が無料」(62.4%)がもっとも多かった。次いで「品ぞろえが豊富」が45.5%、「ポイントが貯まる」が41.7%。

女性も「送料が無料」が67.9%ともっとも多く、「品ぞろえが豊富」が49.3%、「ポイントが貯まる」が45.0%と続いた。

たしかに、送料は通販において一番気になるポイントだ。たとえばアマゾンでは中古本も扱っているが、書籍自体の価格は「1円」という商品もあり非常に魅力的だ。一方、送料を入れると結局400円近くになることも多い。商品価格と送料、トータルで検討するという視点は欠かせない。

アマゾンの場合は小計2,000円を超えれば送料無料、楽天ブックスはすべて無料といった施策で、顧客を取り込もうとしている。

とはいえ、アマゾンがトップに挙がったのは、ネームバリューの大きさがあるだろう。加えて、「送料が無料」「品ぞろえ豊富」「ポイントが貯まる」という3つの重要ポイントが、利用者にとってバランスよく揃っているからではないだろうか。