副業推進へ本気「シューマツワーカー」と「ペイミー」がタッグ

副業を探す人と企業をつなげるサービス「シューマツワーカー」を運営するシューマツワーカーは7月5日、給与即日払いサービス「Payme」を提供するペイミーと、協業を発表した。副業と働き方改革の推進に向け、協力していくという。

副業推進へ本気「シューマツワーカー」と「ペイミー」がタッグ

副業したい人と企業をつなぐ「シューマツワーカー」とは

副業人材と企業をマッチングするサービス「シューマツワーカー」は2017年7月にリリースされたサービスだ。IT人材不足という課題をかかえる企業に、170人以上の副業社員をマッチングしてきたという。

このサービスの特徴は、VR、ヘルスケアなど自分の興味がある分野の最先端スタートアップで働けることだ。副業を単に収入のための手段としてとらえるのではなく、自身の成長の機会としてスタートアップ企業体験を進めている。

同サービスに登録者は、エンジニアやデザイナー・マーケターなどWeb業界での経験が豊富で、企業にとっても優秀な人材と出会えるメリットは大きい。

協業で副業の給与即日払いが可能に

シューマツワーカーが協業するのは、給与即日払い「payme」を提供するペイミーだ。給与即日払いのしくみを提供しているペイミーは、7月3日にセブン銀行との協業も発表しており、注目が集まっている。

フィンテックで「給与の自由化」目指すペイミー、スタートアップバトル制す | ボクシルマガジン
7月3日、フィンテックを活用した給与即日払いサービス「Payme」を提供するペイミーが、「Nikkei FinTe...

出典:プレスリリース

協業の背景には、「シューマツワーカー」を利用する副業社員のリアルな事情にあるという。

「急な出費」がきっかけで副業をはじめる実情

シューマツワーカーによると、副業社員の多くが20~30代で、副業を始めるきっかけが「急な出費」によるものだという。しかし現状の給与支払いシステムでは、翌月にしか給与は支払われず、課題があった。

副業は収入のためだけではないメリットがあるとはいえ、本業と両立して高いモチベーションを維持するためには収入における課題を克服する必要がある。「Payme」との協業により、急な出費へ対応し、モチベーション維持を実現したい考えだ。