ランチ難民を救え!職場の自販機で弁当注文「宅弁」、徒歩配達でコスト抑制 サントリーとぐるなび

サントリーとぐるなびが、法人向け宅配弁当の新サービス「宅弁(たくべん)」を発表した。職場の自販機で注文すると、昼どきに近隣の店舗から弁当が届くというものだ。購入者の利便性も高いが、飲食店にとってのメリットもある。初期費用を極力おさえつつデリバリーに参入できるというのだ。

ランチ難民を救え!職場の自販機で弁当注文「宅弁」、徒歩配達でコスト抑制 サントリーとぐるなび

増加するランチ難民

職場における昼食の確保は、大きな悩みの一つ。職場の近くに飲食店がなかったり、あっても混雑していて入りづらかったり――「ランチ難民」という言葉にみられるように、多くの人が苦労しているのが現状だ。

「働き方改革」が進むなかで、昼休みを少しでも有効に使いたいというニーズも高まっている。昼食を効率よくとりたいと思っている人も多いだろう。

そんななか、サントリーとぐるなびが、法人向け宅配弁当の新サービス「宅弁(たくべん)」を発表した。飲料と同じように自販機でボタンを押すと、昼どきに弁当が届く、というものだ。都内の一部エリアで7月より随時開始している。

自販機で弁当を注文!?

サントリーの飲料自動販売機(自販機)をはじめとした総合飲料サービスを展開するサントリービバレッジソリューションと、飲食店情報サイトを運営するぐるなびが、共同で提供する。

朝8時〜10時の間に、飲料を買うように自販機から弁当を「注文」しておくと、12時までに付近の飲食店から弁当が届くという流れ。購入者にとっては、飲食店に並ぶ必要も買いに行く必要もなく弁当を受け取れるため、時間の有効活用につながる。

「宅弁」5つのポイント

宅弁には大きく、次のような5つのポイントがある。

  1. 職場近くの飲食店と提携
    移動距離が短いため、よりできたてに近い状態の弁当を受け取れる。また注文を受けてからつくるため弁当の廃棄を減らせる

  2. 弁当は日替わり、700円〜
    月曜日から金曜日にかけて、提供レストランが変わるため、日替わりで楽しめる

  3. 飲み物が10円引きに
    弁当注文時に出てくるコインを使えば、飲み物を10円で購入できる

  4. 自販機を設置するだけ
    職場へ導入するには対象自販機を設置する必要があるが、通常の飲料用自販機同様に運用できるため、特別なコストはかからない

  5. 金銭のやり取りが不要
    注文も支払いも自販機を通すため、人が介在してのやり取りが不要。結果的に、担当者の手間を削減できる

日替わり弁当のイメージ(出典:プレスリリース)