ドローンレースとは?種類と初心者の参加、日本開催のレースを紹介

最近、世界的に注目されているeスポーツ、ドローンレースとは?ドローンレースの魅力やレースの種類、初心者が競技に参加するうえで必要な資格、日本国内で行われているドローンレースの大会について紹介します。

日本のドローンレース

最後に、現在日本で開催されているメジャーなドローンレースをいくつか紹介しておきましょう。興味のある大会があれば、ぜひ主催者のホームページなどで詳細な情報を確認してみてください。

JDRA

JDRA(日本ドローンレース協会)の開催する『JAPAN DRONE NATIONALS』は、日本でもっとも有名なドローンレース大会といえます。昨年(2017年)に仙台で行われた大会はさまざまなメディアで取り上げられ、国内のドローンレース人口を増やすきっかけとなりました。

JDRAはドローンレースのみならず、ドローンを普及するためのさまざまな活動も行っている団体ですので、ドローンに関する情報を知りたい方は、ぜひ公式ホームページにアクセスしてみるとよいでしょう。

Drone Impact Chalenge

Drone Impact Challenge実行委員会は、2015年にスタートした日本のドローンレースを海外にもアピールすることを目指したイベントで、これまで幕張メッセや横浜の赤レンガ倉庫などでレースが行われてきました。

FPVによるマスターコースや、目視のみのレギュラーコースなど、初心者から上級者まで広く楽しめる大会となっており、さらに横浜の大会からはTinyWhoopを用いたTINYクラスも開催されています。詳細は公式サイトで確認してみてください。

JDL

JDL(一般社団法人ジャパンドローンリーグ)は、日本発のプロドローンレーシングチーム「RAIDEN」を発足させた団体です。JDLの大会で上位の選手が参加しているチームであり、高度な技術によるレベルの高いレースが展開されています。

今年の年間チャンピオンに賞金100万円が進呈されるなど、今後ますます国内初のプロドローンレーサーの大会として注目を集めるでしょう。こちらも詳細は公式ホームページでご確認ください。

ドローンレースを始めてみよう!

世界的に注目されているドローンレースについて、ドローンについての基本情報から説明してきました。ドローンレースの競技人口は今後ますます増加することが予想され、国内の大会も各地で開催されるようになるでしょう。

ドローンは敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、初心者向けの大会では、1万円程度の機体を購入するだけで気軽に参加ができます。ぜひ、この機会にドローンレースに参加してみてはいかがでしょうか。特にプロを目指す人は今が狙い目かもしれません。