Google Homeでできること・使い方ガイド | アシスタント設定手順・コマンド・機能まとめ

最終更新日: 公開日:

注目されているスマートスピーカー(AIスピーカー)。グーグルが手がける「Google Home(グーグルホーム)」は、音楽やニュースを聞くといったスマートスピーカーの基本的な機能に加え、グーグルアカウントと連動した便利な機能が搭載されています。グーグルホームでできることや設定の仕方、使い方などを解説します。

今後搭載される予定の機能

さまざまな「お願いごと」に答えてくれるGoogle Home(グーグルホーム)ですが、もちろんできないこともあります。今後は、どのような機能が追加されるのでしょうか。実装予定の機能、また実装がうわさされている機能を紹介します。

  • メール送信機能

Google Home(グーグルホーム)ではまだ、特別なカスタマイズをしない限り、メールやテキストメッセージの送受信ができません。実装されれば、Gmailやハングアウトでのやり取りができるようになると考えられ、明言はされていないものの、2018年内には実装されるのではという声もあります。

  • 通話機能

米国など海外ではすでに、ハンズフリー通話機能がリリースされています。将来的には日本でも通話機能が搭載されることが予想されますが、回線の規格が異なることから実装までには時間がかかりそうだともいわれています。

  • スケジュール、予定の追加

いまでもGoogleカレンダーと連動しておりリマインダーの追加はできますが、予定の追加はできません。ただ、すでに予定の確認はできることから、実装間近では?という声もあります。

  • Google Home(グーグルホーム)で買い物

米国では、Google Home(グーグルホーム)にも「Amazon Echo(アマゾンエコー)」のような買い物機能がすでに搭載されています。残念ながら日本での実装は未定ですが、Google Homeアプリの設定メニューには「支払い」という項目があり、なんらかの支払いができるようになると予想されます。

アマゾン「アレクサ」誤発注、言い間違えたら法的にどうなるのか? | ボクシルマガジン
普及が進むスマートスピーカー。話しかけるだけで、ネット通販を介して買い物までできてしまう。しかし、誤って注文してし...

Google Home(グーグルホーム)で新しい生活を

話しかけるだけで、ウェブ検索、音楽再生、天気予報やカレンダーの確認など、さまざまな機能を利用できるスマートスピーカー。グーグルアカウントを持っていればなおさら、Google Home(グーグルホーム)が1台あるだけで、日常生活は一変します。

今後も様々な機能が搭載されることが予定されており、ますます普及していくと考えられます。

AI技術をフル活用した最新のスマートスピーカーを取り入れ、Google Home(グーグルホーム)とともに新しい生活を体験してみてください。

Google Homeの音声認識AI「Googleアシスタント」は、サードパーティーのAIスピーカーにも提供され、「OK、グーグル」の声に反応し処理を行います。参考価格は1万5,120円、廉価版としてGoogle Home miniも販売されています。