インターンシップ先は「実体験重視」で選ぶ 2020卒のリアルな就活事情

広まるインターンシップ。実施企業も増え、さまざまな活動が日々行われている。そんななかマイナビは7月、「2020年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査」として、インターンシップに参加する学生の興味や関心を尋ねた調査の結果を発表した。この内容をもとに、2020年卒の就活事情を紐といていく。

インターンシップ先は「実体験重視」で選ぶ 2020卒のリアルな就活事情

年々広まるインターンシップ

新卒採用活動において、インターンシップのポジションは不動のものとなりつつあり、実施企業や参加学生が年々増加している。

これを受けてマイナビは、今年初めて、学生の参加意思や興味・関心を尋ねる調査を実施した。調査対象は2020年春卒業予定の大学生・大学院生である。調査期間は2018年6月19日(火)~6月30日(土)、WEBフォーム上で実施。有効回答数は6,038名で、文系男子が1,036名、理系男子が812名、文系女子が3,240名、理系女子950名だった。

その結果、学生はインターン先を選ぶときに「実体験を重視している」ことがわかった。ほか、2020卒の「就活事情」について、以下で詳細を見ていく。

6月末時点で「アクション済み」7割

まず、学部3年生になる以前(学部1、2年次)にインターンシップを経験したことがあるか尋ねた。その回答結果が下記のグラフである。「ある」と答えたのは9.8%と、全体の1割程度が「経験済み」という結果となった。

出典:プレスリリース

あわせて回答時点(6月後半)の状況を聞くと、「今後、参加するインターンシップの具体的な予定が1つ以上ある」と回答した学生が最多の34.2%。「すでに参加経験あり」「申し込み済み」と合わせると、6月末の時点ですでに全体の69.9%の学生が、インターンシップに対して何らかのアクションを起こしていることがわかった。

出典:プレスリリース

複数回参加は当たり前?

出典:プレスリリース

次に、在学中にインターンシップに参加したい回数を尋ねた。結果、「3回」「4回」「5回」「6回」をあわせて、なんと78.0%が3回以上でと考えていることに。平均でも4.2回となり、2020卒の学生は、インターンシップへの参加意欲が高いことがわかる。

なお回答時点でインターンシップに参加した経験が1回以上ある学生は18.8%と全体の2割程度だった。

参加企業は「実体験重視」で選ぶ

かれらをインターンシップへ駆り立てるものは、何だろうか。続いて「参加企業選び」に関する設問をみてみよう。

まずインターンシップ先を選ぶとき、実に全体の92.2%が就職活動を意識している。

出典:プレスリリース

複数回答で参加目的を尋ねると、「どの業界を志望するか明確にするため(64.0%)」「どの職種を志望するか明確にするため(60.5%)」が多数を占めた。具体的な企業を探すことよりも、業界や職種、自身の興味や適正の確認を、インターンシップの参加目的としているようだ。

なお理系学生の場合は文系の学生と比べて、「特定の企業のことをよく知るため」と回答した割合が高い。同社は、専攻と紐づけて、「企業の具体的な業務内容」や「どのような研究や製造を行っているか」を知りたい学生が多いためではないかと分析している。

出典:プレスリリース

最後に「興味があるインターンシップの内容」をみると、「現場の社員に交じって業務を体験する『同行体験型』」と「現場を社員の説明で見学する『職場見学型』」の人気が高く、いずれも6割を超えている。「現場」での「体験」を重視していることが伺える結果となった。

出典:プレスリリース

インターンシップを実施する企業が増加するとともに、その実施内容や期間は多様化している。1日〜1週間程度の短期でなく、数か月、半年、1年以上をかける長期インターンも多い。インターンシップは、学生にとって自身のキャリアを考える一助となる一方で、採用に係る問題が山積しているいま、企業にとってのメリットも大きいといわれている。双方がしっかりと目的意識を持って臨む必要があるだろう。

奇しくも夏季休暇を利用した「サマーインターン」の実施時期。有意義な時間を過ごせるよう取り組んでほしい。

編集部より

当メディア「ビヨンド(beyond)」を運営するスマートキャンプ株式会社では、2020〜2022卒を対象としたサマーインターンを実施します。エントリーお待ちしています!

SUMMER CAMP INTERNSHIP 2018 - SMARTCAMP
「オフィスでやるインターンシップなんてもう飽きた。」スマートキャンプはキャンプ場でのサマーインターン開催に挑戦致し...