リモートワークとは?意味、導入のメリット・デメリット、在宅ワークとの違い

最終更新日: 公開日:

近年働き方の多様化によりリモートワークが注目を集めています。今後、リモートワークという働き方が徐々に社会に浸透していくでしょう。そこで本記事ではリモートワークの意味、導入するメリット・デメリット、テレワークや在宅ワークとの違いも解説します。

リモートワークのメリット

では、リモートワークを導入することによってどのようなメリットがあるのか、企業と労働者にわけてメリットを解説します。

企業側のメリット

まず、テレワークの社員が会社で働く場所を確保する必要があります。

固定の席を設けずフリーアドレスにすればテレワークの社員の分だけ、オフィスのフロア面積を圧縮することが可能になります。電気代など従業員が働くためにかかっている間接経費の削減が期待できます。

また、多様な働き方を容認することにより、優秀だけれども通常のオフィスワークで働けない人材を採用できることが期待できます。

従業員側のメリット

従業員はリモートワークにより、通勤に時間を取られませんし、満員電車に乗る必要もありません。従業員の可処分時間が多くなり、心身にかかる負荷が減る効果も期待できます。

あらかじめコミットする仕事量や内容などを決めておけば、仕事の合間に家事や育児などもできて、融通の利いた働き方ができるのです。

リモートワークのデメリット

一方でリモートワークを許可することによってデメリットが発生することも考えられます。

企業側のデメリット

企業側のデメリットとして挙げられるのが、コミュニケーションロスによる生産性の低下です。

オフィス内で働いていれば顔を合わせてコミュニケーションを取ることができます。ツールの進歩によって遠隔のコミュニケーションが容易になっていますが、それでもオフィスで勤務しているよりは不便でしょう。

セキュリティの問題もあります。データの共有や通信の過程で情報漏えいをしないようにセキュリティには注意する必要があります。オフィス外でのパソコンなどモバイル機器の取り扱いについても、従業員のリテラシーを向上させなければ、リモートワークの許可は厳しいでしょう。

リモートワークのパソコンの取り扱いやセキュリティ対策、有事の際のエスカレーションルール、遠隔からどこまでの情報にアクセスを許可するのかなどを事前に決めておくことは多岐に渡ります。

生産性向上のために取るべき4つの手法 | 業務効率化との違いや成功事例を交えて解説 | ボクシルマガジン
日本の労働人口の減少を背景に政府や企業では働き方改革の重要性が叫ばれていますが、生産性向上という言葉だけが先行して...

従業員側のデメリット

リモートワークにより、顔を合わせないのでどうしてもコミュニケーションの密度は薄くなりがちです。この孤独感に耐えられないという人もいるでしょう。

また、セルフコントロールができるのかという問題もあります。遠隔で監視もされていないということで、つい気が緩んで仕事の進捗が遅れたり、クオリティが下がったりしてしまう可能性もあります。逆に、十分に評価されていないのではないかという不安から、会社の預かり知らないところで過重労働に陥ってしまうケースも報告されています。

リモートワークをする働き手にもまた、オフィスと同様に仕事をする自制心や自律性が求められるのです。