セルフマネジメント(自己管理能力)が身につく方法・本・ツールまとめ

最終更新日: 公開日:

生産性向上のために、セルフマネジメントが重要視され始めています。 セルフマネジメントが仕事にどう影響するのか、具体例を挙げながら解説します。 自己管理能力とも言われるセルフマネジメント力が身につくと、タスク管理しかできなかった人が、自ら問題点を発見して課題を設定、タスクの組み立て、さらに成果まで出せるようなるというメリットがあるのです。 本記事では、セルフマネジメントが身につく方法やおすすめの本・役立つツールもまとめて紹介しています。

セルフマネジメント(自己管理能力)が身につく方法・本・ツールまとめ

セルフマネジメントとは

セルフマネジメントとは、課題を自分で発見して解決することです。英語の直訳は、自己管理能力です。セルフマネジメントができると、客観的な物事の判断、課題解決のための目標設定、行動のタスク化、タスク管理などを自律的できるようになります。

セルフマネジメントができれば、「何をすればいいのかわからない」「時間がなくて仕事ができない」といったロスタイムを減らすことにつながり、生産性向上のために役立つとしていま重要視され始めているのです。

セルフマネジメントが注目されるワケ

労働力人口が減少の一途をたどる日本では、一人当たりの生産性向上が社会的な課題となっています。生産性を上げるのに必要なスキルとして注目されているのが、セルフマネジメントです。

セルフマネジメントができると、限られた時間の中で成果を出すことを日常的に意識できるようになります。

また、万が一のトラブルに備え余裕を持ったスケジュール管理、成果に対するコミットメントが高まり仕事の質も改善が期待されます。

セルフマネジメントにはちょっとしたコツが必要です。本記事では、セルフマネジメントの身につけ方を解説します。

セルフマネジメントの具体例

人事部のAさんは、通常業務に加え、新店舗立ち上げに向けて、従業員100名を採用しなければなりません。セルフマネジメントができない場合、できる場合とで、どのような違いが生まれるのか見てみましょう。

セルフマネジメントできない場合

Aさんは通常業務も新店舗採用業務も、指示がなければできないでしょう。この場合、Aさんの上司は、Aさんの業務管理をして指示を出さなければなりません。こうすると、手間も時間も余計にかかってしまいます。

マネジメントとは?意味・定義、果たすべき役割と主な業務5つ | ボクシルマガジン
日本語では「管理」と翻訳されがちなマネジメントですが、実際の仕事は管理だけにとどまりません。マネジメントの意味や定...

セルフマネジメントできる場合

100名採用するために、Aさんはどんな仕事をいつまでにしなければならないのか、自分で考えて実行できます。また、タスクの優先順位を把握しているので、通常業務との兼ね合いを考えながら作業できます。

Aさんの上司は進捗を確認し、必要に応じたサポートや軌道修正をするというマネジメントスタイルを取ることが可能になります。

セルフマネジメントできない理由とは

セルフマネジメントができていないと優先順位をつけられません。やるべきことを後回しにしたり、やらなくていいことをやったりします。

セルフマネジメントできない理由は、ひとつには自己肯定感の低さにあると言われています。自分の能力を信用していないので、自分の行動を管理しようと考えません。逆に自己肯定感の高い人は、自分で責任をとる意識が強いので、行動をコントロールできます。