グーグル、「アンドロイド」独禁法違反でEUから制裁金5,700億円

公開日:
欧州委員会は7月18日、米IT大手グーグルに対し、自社のOSアンドロイド(Android)が独占禁止法に違反しているとして、制裁金を科すことがわかった。その額は過去最高額となる5,700億円だ。
グーグル、「アンドロイド」独禁法違反でEUから制裁金5,700億円

EUの政策執行機関である欧州委員会は、現地時間18日、米IT大手Googleに対し、独占禁止法違反であるとして、43億4,000万ユーロ、日本円にして5,700億円の制裁金を科すことを発表している。

グーグル側はこれを不服として、欧州司法裁判所に異議を申し立てる方針だ。

EU側は、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」をサムスン、LGなどのメーカーに不当に搭載させていると主張している。これが消費者の選択肢を奪い、メーカー各社にも不利益を生じさせているというのだ。
欧州連合は、メーカーとグーグルの間のこうした慣行を、90日以内に撤廃するように要請している。

グーグルのCEOサンダー・ピチャイ氏は「この決定はビジネスモデルを否定するもの」とし、ブログで反論している。

2017年6月~2018年6月のOSシェアランキングを見ると、世界ではアンドロイドがiOSを圧倒的に上回っていることがわかる。ちなみに日本では、このデータはほぼ逆転している状態であるものの、2017年以降少しずつアンドロイドがシェアを伸ばしている。

出典:statcounter「Mobile Operating System Market Share Worldwide」June 2017 - June 2018

EUの制裁を受け、グーグルがどのように対応していくのか。それによる消費者への影響はあるのか。今後の状況を見守りたい。