採用ブランディングに知っておくべき6つのタイプとは?「状況観察型」が最多

公開日:
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、国内学生および社会人2年目までを対象に「就業観に関する調査」を実施し、6月25日にその分析結果を発表した。それによると、状況を見て最適キャリアを選択したい「状況観察型」が最多だった。
採用ブランディングに知っておくべき6つのタイプとは?「状況観察型」が最多

企業に求められる採用ブランディング

少子化の影響で、企業の新卒採用は売り手優位の状況が続いている。一方、学生側はインターネットや最新のテクノロジーを自由に使いこなすミレニアル世代(デジタル世代)に移行している。このため、求人媒体を中心とした既存の採用手法のみでは、幅広い候補者を集めることが困難な状況になってきている。

この課題を解決するには、採用ターゲットを明確にすること、適切なメッセージ、媒体を用いてターゲットに訴求する、といった採用ブランディングが重要だ。

今回、DTCが実施した「就業観に関する調査」は、このような背景のもと、企業の採用活動における人材のターゲティングおよびアプローチの検討材料として、国内学生および社会人2年目までを対象にしたもの。期間は2018年4月18日~4月20日。対象者数は計1,362人の大学生(うち920人)、新卒2年目までの社会人(うち442人)。

回答結果から導き出された「6つのタイプ」とは?以下で詳しくみていこう。

全体では「状況観察型」が31%で最多。早慶上智では「自己裁量重視型」の割合が高い

回答から導きだされたのは、以下の6つのタイプ分類である。

出典:プレスリリース

また、調査対象全体に占める割合では「状況観察型」が最多の31%となった。次いで「チームワーク重視型」が21%、「自由重視型」が18%となった。残る「自己裁量重視型」や「プロフェッショナル志向型」の割合は10%以下と少なかった。

出典:プレスリリース

また、出身大学分類別や男女別に比較した場合、旧帝大では「状況観察型」の割合が低い、早慶上智では「自己裁量重視型」の割合が高い、などタイプごとの構成比に差があることがわかった。

出典:プレスリリース

そして調査で質問した就職希望業界・職種やライフステージの考え方や働き方の価値観、魅力的な会社や仕事などの回答をもとに各タイプについてペルソナ分析を行い、その特徴を明らかにした。それが下のグラフである。

これをみると、最多のタイプである「状況観察型」は、会社選定における絶対的な括りはなく、状況に応じた最適な意思決定がしたく、常に状況を観察しながら柔軟に対応することを好むことがわかった。

労働人口の不足により、企業は採用難が続いている。採用側と学生のギャップを埋めることこそ、採用を容易に進めるためには有効な手段となるだろう。