ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の使い方 | メリット特徴・手数料・DeTAX・自動積立

最近テレビCMでも放映され、話題となっている「ウェルスナビ(WealthNavi)」とは?この記事では、ウェルスナビの使い方を解説。資産運用の新たな選択肢として注目されているロボアドバイザーの概要についてご紹介します。

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の使い方 | メリット特徴・手数料・DeTAX・自動積立
THEO[テオ] WealthNavi
アプリの使いやすさに定評
2017年にグッドデザイン賞も受賞
預かり資産・運用者数No.1の信頼
世界レベルの資産運用


ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、自動で資産運用を行うサービスのことです。

自動運用なので、投資初心者の方でも手軽に投資ができると注目されています。具体的には、いくつかの質問に答え、その答えに合わせてロボアドバイザーがプランを提示したり、実際に運用したりします。

ロボアドバイザーサービスは、次の記事でもくわしく解説しています。

ロボアドバイザーとは | サービス比較12選・メリット・選び方・手数料 | ボクシルマガジン
ロボアドバイザー(ロボットアドバイザー)とは、資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスの総称です。今回はロボ...

2つのタイプに分類

ロボアドバイザーには「無料アドバイス型」と「投資一任型」があります。

「無料アドバイス型」は、ロボアドバイザーが運用の提案までに留まります。一方「投資一任型」は運用の提案に加え、買い付けなど資産運用まで一括でサポートするものです。

現在では「投資一任型」に注目が集まっているようです。

ウェルスナビは「投資一任型」

出典:ウェルスナビ

今回紹介するウェルスナビは「投資一任型」のロボアドバイザーです。

「投資一任型」の魅力はやはり、資産運用を自動で行う点です。すべて自動なので、投資の時間が確保できない忙しい方や、投資の知識が少ない投資初心者の方でも資産運用が可能というメリットがあります。

ウェルスナビはどんなロボアドバイザーサービスか?

それでは、具体的にウェルスナビの特徴について紹介します。特に多くの方が関心を持っている入金システムや、ウェルスナビ独自の機能について紹介します。

ウェルスナビしか持たない「DeTAX」

ウェルスナビには「DeTAX」という機能が備わっています。

「DeTAX」とは、利益によって生じる税負担の一部または全部に対し、あえて損をすることで利益を相殺し、税負担を翌年以降に繰り延べる機能のことです。

具体的には、ウェルスナビが自動的に作成したポートフォリオの中に含み損がある銘柄があれば、それを一度売却し、売却と同時に売却したときと同じ条件で買い戻すという行動をします。すると、結果的にポートフォリオは売却する前の状態になり、損だけが発生するので、その損によって税負担から免れます。

この画期的な機能はウェルスナビ独自の技術であり、非常に注目されています。

資産運用は10万円から

ウェルスナビを活用して資産運用をする場合、運用最低額が10万円という点には注意が必要です。つまり、1万円ではウェルスナビを活用できないのです。そのため、少額の投資を希望される方には少し高いと感じるかもしれません。

ただ、初期の運用最低額は100万円で、次第に下がってきました。今後さらに運用最低額が低くなることも、可能性としてはあります。

リアルタイムでの入金

ウェルスナビの入金・出金システムは非常にユーザーに配慮しています。クイック入金を利用すれば、リアルタイムでWelthNaviの口座に入金できます。しかも、クイック入金は手数料無料で利用できるため非常に便利です。

入金に対応している銀行は三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行であり、多くの方が利用できる環境が整っています。出金の場合も出金手数料無料となっており、最短3営業日で顧客の銀行口座へ送金されるようです。こまめに出金する方にはありがたいサービスですね。

ウェルスナビを使うメリット

ウェルスナビを使うメリットは、やはりロボットが自動で資産運用を行ってくれるという点です。これによってあまり金融知識がない方や、忙しくて時間がない方でも手軽に資産運用が行えます。資産運用に興味があるけれど、なかなか手をつけられていない方は特にメリットがあるのではないでしょうか。

自動積立

自動積立とは、あらかじめ自分が設定した金額を毎月一定の日にウェルスナビの口座へ入金するサービスのことです。自動でコツコツと一定の基準にしたがって積立をするため、あらかじめ設定しておけば、簡単に積立できます。

自動積立のメリットとして、一時的な株価・為替の変動の影響を受けにくいという点があります。そして、取引時の感情的なミスの防止や、価格変化による精神的な疲弊も防げるため、より長期に渡って資産運用しやすいという点もあります。

これらは特に投資初心者が悩みがちな点ですので、それを未然に防止できる可能性が大きいのは、メリットの1つです。

自動リバランス

自動リバランスとは、資産の再配分を自動で行うことを意味します。

具体的に説明すると、複数の株式などに分散投資し資産運用を行う中で、定期的に資産状況を判断し、保有する株式の比率を変更するなど、自分の投資プランに適した資産運用に自動で切り替えることです。

知識・時間が不必要

このリバランスは、自分の保有している資産全体のバランスを考慮して調整を行う必要があるため、プロの投資家でも的確にリバランスを行うことが難しいとされています。それを自動で行うので、専門的な知識がなくても問題なくリバランスを行える点は非常に魅力的です。

個人では必要となる手数料が無料

ウェルスナビでは自動リバランスの手数料がかかりません。本来、自分で投資先を変更するには、その都度決済が発生するため、手数料が必要になります。それを考慮すると、ただ単に自動でリバランスを行うだけでなく、それ以外のメリットもあることがわかります。

「税金」を最適化する、「DeTAX」

「DeTAX」の仕組みは上記で説明しました。では税金が最適化されると、どんなメリットがあるのか具体的に説明します。

税金は、ある一定の基準額を超えたら税金の課税率が上昇していく仕組みになっています。この基準を大幅に超えるならば影響は少ないのですが、わずかに基準を超えてしまった場合、基準を超える前よりも手元に残る額が少なくなってしまうケースがあります。せっかく利益を得たのに手元に残る額が少なくなることは避けたいですよね。

そこで「DeTAX」を利用して税金を最適化すると、手元に残る利益が大きくなるため、メリットと言えます。

ウェルスナビの使い方

無料でできる診断の6問に答えると、自分に最適なポートフォリオが提案されます。

出典:ウェルスナビ

たとえば、これは6問目の最後の質問ですが、これらの診断によってリスク許容度に合わせたポートフォリオが提案されます。

どんなポートフォリオに?

ウェルスナビでは、この診断まで無料で行ってくれます。このようなポートフォリオに合わせた資産運用を行いたい場合は、別途登録が必要になります。

出典:ウェルスナビ

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものは、運転免許証と通知カード(またはマイナンバーカード)、メールアドレス、銀行の口座番号になります。もしくは、運転免許証の代わりにパスポート、通知カードの代わりに「マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写し」を利用することも可能です。いずれにせよ、合計4種類の情報が口座開設に必要になります。

運転免許証やパスワードなどは、有効期限内であるかをあらかじめ確認することも重要です。

ウェブでの口座開設

ウェルスナビはウェブ上で口座開設できます。口座開設にかかる時間は最短で3分ほどで、ストレスなく手続きできます。口座開設の際は、まずメールアドレスの登録を済ませ、本人確認書類の登録、お客さま情報の入力(電話番号など)、本人確認書類のアップロード、銀行口座の入力の順に入力していきます。あらかじめ手元に書類などを準備しておけば、よりスムーズな入力が可能です。

審査後、入金手続きへ

口座開設の審査に最短で2営業日かかります。審査に通過すれば、入力した住所に簡易書留が郵送されてきます。その後、届いた簡易書留を確認したうえで、実際に自分の運用プランを設定し、指定の口座に10万円以上を入金するという流れになっています。

まずは診断から初めてみよう

ウェルスナビはさまざまな機能を持った、非常に高機能なロボアドバイザーだと思います。資産運用に興味がある方や、忙しくて時間が確保できない方、投資初心者の方には特におすすめだと感じました。

今後、さらにウェルスナビに機能が追加されることも考えられるので、こまめに情報をチェックしておくのも良いかもしれません。診断は手軽にすぐできるので、この機会にぜひ試してみてください。

「ロボアドバイザー 」特徴や選び方は?おすすめサービスも - 投資初心者にも! | ボクシルマガジン
ロボアドバイザーは投資に対するアドバイスや運用を代行してくれるサービスで、今後急成長が予想されています。そこでロボ...