「高温注意情報」で学校プール活動中止相次ぐ - 最高気温41℃超えも

最終更新日: 公開日:
7月23日、気象庁は7月中旬以降の気温についての総括と今後の見通しについて発表した。これによれば、7月中旬の平均気温は、関東甲信越で平年差+4.1℃であった。また豪雨被害のあった東海地方は+3.6℃、近畿地方は+3.4℃となっており、被災した方やボランティアの方を苦しめているという。1961年の統計開始以来の危険な暑さ、一体いつまで続くだろうか。
「高温注意情報」で学校プール活動中止相次ぐ - 最高気温41℃超えも

関東は平年差+4.1℃、東海は+3.6℃で過去最高

7月中旬以降、東日本と西日本では、太平洋高気圧に覆われ晴天が続いている。これにより、各地での気温は平年より軒並み高くなっている。23日には、埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1℃を記録した。

出典:気象庁

気象庁によれば、各地の平年差は以下のとおりである。

●関東甲信地方は平年差+4.1℃
●東海地方は+3.6℃
●近畿地方は+3.4℃
●中国地方は+3.1℃

また、この気温が高い状態は、8月上旬にかけてもまだ続くとみられており、35℃以上の猛暑日が続くところもあると、気象庁では予想している。

出典:気象庁

知ってるようで知らない「高温注意情報」とは?

最近ニュースでよく耳にする高温注意情報。先日愛知県の小学1年生が熱中症で亡くなった際には、高温注意情報が出ていたのに活動を中止しなかったと、学校の対応へ批判する声もあった。

高温注意情報とは、翌日または当日の最高気温がおおむね35℃以上になることが予想される場合に、気象庁が発表するものだ。同省サイトでは、高温注意情報のページがあり、各地域ごとの時間ごとの気温グラフなどを確認できる。

以下は本日5時発表の東京都の気温グラフである。

出典:気象庁高温注意情報・東京都のページより

高温注意情報の発令を受け、夏休みに入った小学校や幼稚園などでも、屋外活動の禁止、夏祭り会場の変更などの対策がとられている。大田区のとある小学校では、保護者に連絡網で「高温によるプール活動中止」の知らせが届いたという。この学校では、プールサイドの気温は41℃になっていたという。

気象庁によれば、35℃以上の日、日当たりの良いアスファルトの路面温度は60℃にもなることもあるという。同じ地域内でも、場所や環境によって体感温度はさらに上がる可能性がある。「高温注意情報」が発令されている場合は、たかが暑さと思わずに、活動を停止する判断は必要だろう。