「AI養命酒」にあなたは何を聞く?人に愛される広告とは

公開日:
薬用養命酒を販売する、養命酒酒造は「AI養命酒」があたるキャンペーンを実施している。AIと養命酒、一見まったく関係のないジャンルのものが掛け合わされているという驚き。体に良いものを販売する企業としてこれまで培ってきた「真面目」なイメージの転換。人の目を惹く広告には、理由がある。
「AI養命酒」にあなたは何を聞く?人に愛される広告とは

養命酒の販促キャンペーンで当たる「AI養命酒」

「AI養命酒」と聞いて、思わず気になってしまう人も多いのではないだろうか。実はこれ、薬用養命酒の販促キャンペ―ンである。抽選に応募すると最先端の養命酒グッズが当たる、と記載されている。

そもそも400年の歴史を持つ養命酒。その最先端グッズが当たるというのは違和感がある。しかしこの違和感こそが、「引っ掛かる広告」なのだろう。

AIと養命酒。まったくの異文化コラボレーションが、どんなものなのか?なぜAIなのか?その背景までも知りたいと思わせる演出がそこにはある。

同キャンペーンサイトでは、AI養命酒の動画を公開しており、思わず笑ってしまうようなAI養命酒とのやりとりがみられる。


出典:YouTube

「AI養命酒」の実際のスペックについて、同社キャンペーンサイトによると、以下のような記述がある。

●心臓部にはソニーのスピーカー内蔵ソニー スマートスピーカーLF-S50G
●360°サウンドでソニーならではの高音質設計でいい音が広がる
●手が濡れていても触れずにジェスチャーで操作
●Googleアシスタント搭載。音楽の再生やニュース・天気予報などの情報検索まで声で操作

また、さらなる特徴として以下の追記がされている。

【さらなる特徴】養命酒カバーを外すことで機能アップスピーカーの持つ魅力を100%発揮。密閉された状態から360°サウンドが広がるジェスチャー動作ができるようになる。無駄なデカさから解放され、コンパクトサイズに。

外して使うかどうかは、お好みということだろう。

養命酒酒造キャンペーンサイトより

広告の変わるもの、変わらないもの

ソーシャルメディアやモバイル利用率の高まりをうけ、マーケターたちは複雑な分析を迫られている。ユーザーが接触するメディアは、テレビや新聞が主だった時代は過ぎ、今やスマホやPCからオンラインで情報を得る人が主流だ。

ネット広告業界も市場規模を拡大している。電通の予測によれば、2018年はネット広告全体で1兆4,000億円を上回り、そのうちモバイル市場は1兆円を超えると予測している。

しかしメディアやユーザー行動が変わっても、人から愛される広告には、変わらないものがある。それは驚き、笑い、感動、好奇心、共感など「人の心にふれる、なにか」である。

単なる商品情報だけの広告にはないもの。

さまざまなメディアで無料で情報を得られる時代、待っていなくても勝手に情報が流れている時代。だからこそ、作りこみ「人の心にふれる、なにか」を残せる情報は強い。情報の付加価値といってもいいだろう。

AI養命酒は、笑いと少しの学びを私たちに与えてくれた。