iPhoneを「探す」の設定方法 - Mac・Windows | 紛失モードやアプリの使い方

最終更新日: 公開日:
「探す」はiPhoneなどApple製品の紛失時に端末の場所を特定できる機能です。使用には事前設定が必要。「探す」の使い方や、PC・スマホからの設定方法、実際にiPhoneやAppleWatch、AirPodsなどを紛失してしまった場合にMacや別のiPhoneなどから探す方法も解説します。
iPhoneを「探す」の設定方法 - Mac・Windows | 紛失モードやアプリの使い方

「探す(旧:iPhoneを探す)」とは

iPhoneやMacのApple製品をなくした際に便利な機能が「探す」です。以前は「iPhoneを探す」と呼ばれていましたがアップデートにより「探す」へ名称が変更されました。

「探す」では、紛失・盗難時に音を鳴らしてiPhoneを探せますし、端末のロックやデータの完全消去などもできます。プライベートのスマートフォンはもちろん、社用携帯にiPhoneを活用する企業も増加しています。仮に紛失した社用iPhoneからデータを流出させてしまうと、二次被害が起きかねません。

もしものリスクに備え、使用方法を確認し、事前設定をしておきましょう。

iPhone以外の機器も探せる

「探す」は、iPhoneはもちろんのこと、MacやAppleWatch・AirPodsといった他Apple製品を紛失しても探せます。また自分のiPhone以外にも、アカウントを共有する家族のiPhoneも探せます。

「探す」の使い方

他のiPhoneから探す場合

紛失中のiPhoneを他のiPhoneから探す場合、「探す」のアプリを利用しましょう。「探す」はiPhoneに標準でインストールされています。

1. 「探す」を起動
2. Apple IDとパスワードを入力
3. 探したいiPhoneを選択
4. 「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」のいずれかを選択

PC(Mac・Windows)から探す場合

事前設定が必要

「探す」を有効にするには事前設定が必要です。具体的には「探す」を、アカウントを共有しているすべてのデバイスで有効にする必要があります。たとえば、Macを使っている場合はMacでも「探す」を有効にします。

PCでの事前設定方法

PCを使ってiPhoneを探す場合は、iCloud経由で行います。Webブラウザで、iCloudの「探す」を開いてください。

はじめてiCloudを利用する場合は、iCloud.comで登録を済ませてください。iCloudにログインできない場合はこちらを参考にしてください。

1. iCloud.comにアクセス
2. Apple IDとパスワードを入力
3. 2ファクタ認証を、iPhoneと連携して入力
4. 「信用する」を選択
5. 「iCloudを使って開始」を選択
6.「探す」を選択

1.iCloud.comにアクセス

2.Apple IDとパスワードを入力

3.2ファクタ認証を、iPhoneと連携して入力

4.「信用する」を選択

5.「iCloudを使って開始」を選択

6.「探す」を選択

PCで「探す」を使う方法

1. iCloudの「探す」にアクセス
2. 「すべてのデバイス」を選択
3. 探したいデバイスを選択
4. 「サウンドを再生」や「紛失モード」を選択

1.iCloudの「探す」にアクセス

2.「すべてのデバイス」を選択

3.探したいデバイスを選択

4.「サウンドを再生」や「紛失モード」を選択

「探す」が機能しない場合

iPhoneが紛失、盗難で見つからなくなったときに「探す」は非常に便利な機能です。しかし、次の場合は使えません。

  • iPhoneの電源が入っていない
  • インターネットに接続されていない

こういった場合は「探す」機能を使っても見つけられません。警察に届け出るなど他の対応も行ってください。

「探す」の探す以外の機能一覧

「探す」とは、iPhoneを盗難・紛失時に見つけ出すシステムです。主に、次の機能があります。

機能 特徴
サウンドを再生 デバイスが近くにある場合音を鳴らす
紛失モード デバイスに遠隔でロックをかけてマップ上で探す
iPhoneを消去 情報漏えいを防ぐためにデータを消去

「サウンドを再生」はiPhoneを探すための機能、「紛失モード」「iPhoneを消去」は情報漏えいを防ぐための機能です。それでは、それぞれの機能詳細を紹介しましょう。

サウンドを再生

「サウンドを再生」を選択するとiPhoneから音を鳴らせます。iPhoneが部屋のどこかにある場合は、音を鳴らして見つけるこの方法が有効でしょう。ただし、音の聞こえる範囲にiPhoneがある場合にしか効果的ではありません。

紛失モード

iPhoneを紛失モードにすると、以下の状態になります。

  • 画面がロックされ他人による使用は不可
  • メールをはじめ受信メッセージは非表示(電話は受けられる)
  • 登録されたクレジットカードは使用不可

紛失してしまい、悪用されないようにするためには必須の機能です。

アクティベーションロック

iPhoneが第三者の手に渡ったときは、個人情報を悪用される恐れがあります。アクティベーションロックは、これに備え、iPhoneを使えないようにする機能です。アクティベーションロックは、「探す」を有効にすれば自動的にオンになります。

なお、アクティベーションロックは紛失モードとは別の機能なので注意しましょう。

iPhoneを消去

「iPhoneを消去」を選択すると、保存されている写真や動画、メールといったすべてのコンテンツ・設定を削除し、初期状態にします。

これによって、データの漏えいのリスクを下げられます。ただし、設定が完全に消えるので、位置情報を利用した検索もできなくなります。

「探す」は悪用される可能性がある

紛失・盗難時にiPhoneを探せる「探す」は、非常に便利なアプリです。しかしその反面、悪用されるとiPhoneがどこにあるのか、つまり自分がどこにいるのかを常に第三者に把握されてしまいます。

居場所の監視

「探す」は他のデバイスを利用して、iPhoneがどこにあるのか調べられる便利な機能です。

しかし、悪意を持つ第三者が利用すると常に自分の居場所が監視された状態になります。監視には、Apple IDやパスコードを要しますが、漏えいすると簡単に居場所を把握されます。

データの全削除

「探す」は、遠隔でデータや設定を消去可能です。これは正しい使い方であれば情報漏えいを防げます。しかし、悪用されると勝手にデータを消去される可能性もあります。

「探す」を事前にPCでも設定しておこう

iPhoneが盗難や紛失で見つからないときに「探す」は非常に便利な機能です。他のiPhoneやMacからマップを見て、iPhoneの場所を迅速に探せます。

また、端末ロックやデータ消去など情報漏えいに対処するための仕組みも備わっています。Macなどからでも探せるように「探す」を設定してみてください。

待たずに買える!最新iPhoneを公式オンラインショップで購入する方法

「新しいiPhoneが欲しいけど、並ぶのは嫌だし、お店まで行く時間もない…」と悩むアナタは、公式オンラインショップでの購入がオススメです。

キャリアが運営するオンラインショップなので、偽物や不具合のあるiPhoneを購入する危険性もありません。

docomoオンラインショップ

docomoオンラインショップは、店頭で必要な契約時の事務手数料が無料とお得に購入できます。

また「質問したいけど、コールセンターにつながるまで待たされるのが嫌だな…」という人向けにチャットで相談できるサービスも用意されています。いつでも気軽に相談できます。

さらに購入時にはdポイントを1ポイント=1円で利用して、端末やオプション品の購入ができます。

\最新iPhoneを買ってdポイントを1%溜める/

auオンラインショップ


auオンラインショップは、2,500円以上の購入で送料無料です。さらに最短で購入の翌日には届きます。

「急に壊れてしまったけど店に行く時間はない・・」と急ぎの人にはピッタリです。

他にも、auユーザー限定の「三太郎の日」や「auスマートパス」でお得に買物もできます。

\三太郎の日&auスマートパスでお得に使える/

Softbankオンラインショップ


Softbankオンラインショップでは、Tポイントを使ってiPhoneを購入できます。

さらに、ヤフーショッピングでのポイントがいつでも10倍です。お得にネットショッピングできます。

\ヤフーショッピングのポイントがいつでも10倍/

月500円~!お得にiPhoneが使える格安SIMランキングTOP3

「iPhoneは使いたいけど、端末料金や月々の使用料は抑えたい」

というアナタは、格安SIMサービスがおすすめです。わずか月500円~で利用できるので、日々の固定費削減にもつながります。

1位:LINEモバイル


LINEモバイルは、電話を使用しないなら月600円~、電話を使っても月1,100円~利用できるサービスとなります。

数年前に販売されたiPhone7は、29,800円〜から購入可能です。最新のiPhoneを持っている場合は、LINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

\月600円~でiPhoneを使える/

2位:楽天モバイル

楽天モバイルに乗り換えれば、docomo/au/softbakで使っているiPhoneで使えます。

3年契約・月額1,480円(2GB+10分かけ放題)で利用できる点もメリットです。さらに楽天IDがあれば、月々の利用料金の1%がポイントとして貯めれます。

楽天カード発行のポイントキャンペーンも利用すれば、さらに楽天モバイルをお得に利用もできます。

>>>楽天カードの詳細をチェックする

\月1,480円~(10分かけ放題)でiPhoneを使える/

3位:UQモバイル

UQモバイルは、電話を使わない(データ通信専用)プランは月980円~、電話を使えるプランは2台目以降から月1,480円~で利用できます。

データ容量が月3GBとLINEモバイルの3倍あります。インターネットの利用が多いアナタはUQモバイルがおすすめです。

iPhone7も分割で購入できますし、お持ちのiPhoneにUQモバイルのSIMを差し替えて利用できる点は、LINEモバイルと同様です。

\月3GBが980円~でiPhoneを使える/

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定