スマートスピーカーとは|AI搭載の最新デバイスで「できること」機能紹介

最終更新日: 公開日:
スマートスピーカーは音声認識AIを搭載したスピーカーで、家電操作や音楽・動画再生、情報検索などを音声だけで行うことができます。2014年のAmazon Echoの発売以降人気が高まり、企業がこぞって開発を進めています。スマートスピーカーでできることや、人気の機種などを紹介します。
スマートスピーカーとは|AI搭載の最新デバイスで「できること」機能紹介

スマートスピーカーとは

スマートスピーカーは「AIスピーカー」とも呼ばれ、人の言葉を認識し私たちの生活をサポートしてくれるAIアシスタント機能を搭載したスピーカーのことです。

PCやスマートフォンのように手を使って情報入力することなく、言葉で話しかけるだけで必要な情報の入手やアプリケーション・機器の操作ができます。音声のみで操作できることから、会話を通じて生活をサポートしてくれる家族のような存在となり得る可能性を秘めたツールといえるでしょう。

スマートスピーカーが実際に何ができるのかについて、次章で紹介します。

スマートスピーカーができること

インターネットによりモノを制御するIoT(Internet of Things)が発達し、さまざまな分野で使われるようになりました。

それは私たちの日常生活にも広がりを見せており、たとえば、快適な暮らしを実現する「スマートホーム」が普及しつつあります。スマートホームは家電などのデバイスとその管理システムから成り立っており、スマートスピーカーは人の声を認識する管理システムとして、次のようなことを実現可能にしています。

音楽を聞く

スマートスピーカーは「Google Playミュージック」「Spotify」「AmazonMusic」といった音楽配信サービスと連動することで、楽曲の再生を可能にしています。利用できる音楽サービスはスマートスピーカーに搭載されるAIアシスタントによって異なります。

音楽再生にともない、ボリュームコントロールやプレイリストの作成、再生も可能です。

調べ物をする

スマートスピーカーはインターネットと接続されており、検索エンジンと連動することで天気やニュースをはじめとするさまざまな情報を調べられます。

しかもキーボードや画面をタッチすることなく、言葉で問いかけることで言葉で答えが返ってくるので、調べ物というよりも会話感覚で知りたい情報が得られます。

読み上げる

スマートスピーカーではニュースや天気などの検索リクエストの結果を音声で読み上げてくれます。

他に、明日の予定などのスケジュールや、受信したメールなども読み上げてくれるので、何か別の作業をしながら必要情報を入手することも可能です。

メモやタスク管理をする

スマートスピーカーなら日常のちょっとしたことを、話しかけるだけでメモとして残せます。

また大事な予定をスケジュール帳に記入し、やるべきことをTodoリスト化してタスク管理できます。

家電を操作する

スマートスピーカーがあれば、対応するすべての家電製品の操作が可能になります。

すでに各AIアシスタントに対応した家電であればそのまま操作可能ですし、赤外線を利用した家電ならスマートリモコンを使うことで操作できます。それ以外の家電もスマートプラグやボタンロボットを用意することで操作可能になります。

主なスマートスピーカー

スマートスピーカーは2016年後半からアメリカでの市場が拡大し、日本でも2017年以降急速に普及しています。今やスマートスピーカーはGoogle、Amazonを筆頭とする世界の名だたるIT企業がしのぎを削って開発を行っています。

そこで、日本で販売され人気となっている、主なスマートスピーカーについて紹介しましょう。

アマゾン「Amazon Echo(アマゾンエコー)」

Amazon Echoは2014年に発売され大ヒットを記録。スマートスピーカー市場を先導する世界シェアNo.1の商品です。

音声認識AIアシスタント・Alexa(アレクサ)と高性能マイクの組み合わせにより、遠くからでも操作可能です。また「Amazon Music Unlimited」と連携し、4000万超の楽曲を月額380円で自由に聞けるのはAmazonならではの魅力です。

Amazon Echoの参考価格は1万1,980円、廉価版には「Echo Dot(同5,980円)」、上位版には「Echo Plus(同1万7,980円)」が用意されています。

グーグル「Google Home(グーグルホーム)」

Google Homeは2016年(日本では2017年)から販売されているグーグルのスマートスピーカーです。

搭載されている音声認識AI「Google Assistant(グーグルアシスタント)」は日本語の認識性能に優れ、Google検索やマップ、カレンダーといった、グーグルが提供する多くのサービスを利用できるほか、Android端末やChromecastなどのグーグル製品と連携していることも大きな強みとなっています。

Google Homeの参考価格は約1万4,000円、廉価版の「Google Home Mini(グーグルホームミニ)」は同6,000円となっています。

ライン「Clova WAVE(クローバウェイブ)」

Clova WAVEはClova音声認識AIアシスタントを搭載した、ラインのスマートスピーカーです。

当然LINEとの連携・相性がとても良く、音声でメッセージの送受信ができることから、LINEユーザーの多い日本ではとても重宝するスマートスピーカーといえそうです。

また赤外線操作機能が標準で装備され、オプションなしに赤外線家電の操作を行えることも大きな特徴です。

Clova WAVEの参考価格は1万4,000円。LINEのキャラクターをかたどった「Clova Friends(同8,640円)」、「Clova Friends mini(同5,400円)」も用意されています。

Apple「HomePod(ホームポッド)」

Apple 「HomePod」は音声認識AIアシスタント「Siri」を搭載した、iPhoneでおなじみApple社のスマートスピーカーです。

日本では未発売ながら、米国ではすでに9%のシェアを占めています。日本での発売予定は未定ながらも、2018年中には発売されるのではといわれています。

Apple Musicと連携して音楽を楽しめるのはもちろん、音質にこだわった1ウーファー7ツィーターのスピーカーシステムは、他社とは一線を画す音質重視のオーディオ機器といった趣があります。

価格は349ドル(約3万8,000円)と、アマゾンやグーグルに比べると高めの設定となっており、廉価版も今のところ用意されていません。

スマートスピーカーを「買うべき」人

スマートスピーカーは人間の言葉を認識し、ニュースや天気予報を読み上げる、音楽を鳴らす、家電製品を動かすなど、さまざまな要求に応えてくれます。

音声で操作できるため煩わしい操作も要らず、会話感覚で日常生活を快適にしてくれます。

1. 毎日が忙しい社会人

忙しい毎日を過ごす社会人にとって、朝は出勤準備に追われ1分1秒でも貴重です。

そんなときスマートスピーカーがあれば、身支度をしながら話しかけるだけで、ニュースや天気など知りたい情報を得られます。

2. アマゾン、グーグル、LINEをよく利用する人

アマゾンやグーグルなどIT企業が発売しているスマートスピーカーは、各社のいろいろなサービスと連携しています。

このため情報検索や音楽再生、メッセージの送受信などのサービスが音声だけで簡単に使えるようになります。

3. 音楽や動画ストリーミングサービスを使っている人

SpotifyやAmazonプライムビデオなどの音楽配信サービス、動画ストリーミングサービスを利用している人は、対応するスマートスピーカーを使うことによって、音声操作による検索や再生が可能です。

スマートスピーカーはこうした配信サービスとの相性が抜群です。

スマートスピーカーって便利!

スマートスピーカーは音声認識AIアシスタントを搭載したスピーカーで、2014年にアマゾンから「Amazon Echo」が発売されて以降、各社がこぞって新商品を投入し、しのぎを削っています。

スマートスピーカーはさまざまな情報サービスと連携することで、各サービスを音声入力だけで操作する機能を持ち合わせています。

ニュースや天気などの情報検索や読み上げ、スケジュールやタスクの管理、音楽・動画再生などが、スピーカーに話しかけるだけで簡単にできてしまいます。テレビやエアコンなど、身の回りにある家電の操作も思うがままです。

さらにアメリカではスマートスピーカー所有者の5人に1人が音声による買い物を経験しています。スマートスピーカーは、あらゆるか所で生活を大きく変えるツールであり、生活のパートナーとなるでしょう。