キャッシュレス頂上決戦 LINEPayは自社デバイス開発で対抗

最終更新日: 公開日:
LINEPayは7月30日、自社決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」を開発し、年内に日本と台湾の2か国で申し込みを開始すると発表した。先日ヤフーとソフトバンクが、QR決済での連携を発表し、キャッシュレス決済市場はまさに戦国時代をむかえている。
キャッシュレス頂上決戦 LINEPayは自社デバイス開発で対抗

LINEの「決済革命」は自社決済端末

30日、LINEPayはQRコード決済に対応するスタンドアローンの自社決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」の開発を発表した。

6月に開催された「LINE CONFERENCE 2018」では、年内に国内での決済可能箇所を1,000,000箇所に拡大する計画を「決済革命」と銘打っていた。開発している自社決済端末により、その数字を現実のものにしようとしている。

キャッシュレス決済では、先日やヤフーとソフトバンクの合弁会社であるPayPayが、インドのPaytmと連携し、今秋から決済サービス「PayPay」のスタートを発表したばかり。

LINEPayは2018年の決済額が前年比1.5倍に増加、QRコード決済だけで見れば11倍に増加しているというが、ネット利用がほとんどのため、実店舗利用を拡大し、キャッシュレス市場を制したい考えだ。

また6月に同じく発表されていた「加盟店舗の決済手数料を0円」とする施策が、いよいよ8月1日からスタートする。3年間の期間限定であるものの、他社に先駆けて囲い込みを狙う。

「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」の概要

2018年7月末時点で判明しているデバイスの概要は以下のとおりだ。

・本体サイズ(mm):H95×W80×D155
・重量:約900g
・接続方法:Bluetooth V4.2/Wi-fi/WCDMA/NFC
・バッテリー持続時間:12時間持続、7,800mAh充電式バッテリー
・QRコード表示画面:2.4”TFT-LCD(320x240)モノクロ表示
・カラー:2色(グリーン、ホワイト)

2018年内に日本と台湾で申し込み受付開始予定で、詳細は追って発表されるという。プレスリリースによれば、「POS改修不要、お店用スマホ不要、QR印刷物貼り出し不要でスマホ決済に対応可能」とのことで、導入にかかるコストや手間が少ないことも売りのひとつのようだ。

8月からAmazonPayも実店舗での実証実験を開始するとされており、キャッシュレス決済市場の動向から、ますます目が離せなくなりそうだ。

類似のキャッシュレス決済サービス「PayPay」

PayPayは、ソフトバンクとZホールディングス(旧ヤフー)の合同出資で運営されているキャッシュレス決済サービスだ。「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめとした多くのキャンペーンにより利用者数や知名度が急上昇している。スマートフォンに表示されたバーコードを提示すれば支払いができ、簡単かつスピーディに決済可能(その他決済方法あり)。

大手コンビニや総合スーパー、ドラッグストア、飲食店など300以上のチェーン店が加盟しており汎用性は高い。期間限定のキャンペーンが多かったり、最短1分・無料で登録できたりするのも利用者が多い要因だろう。