2017年、国内ITサービスのトップベンダーは富士通‐IDC発表

公開日:
IT専門調査会社 IDC Japanは8月1日、2017年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。 それによると、 2017年の国内ITサービス市場規模は5兆5,389億円。ベンダー売上トップは富士通。次いで、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBMと続く結果となった。
2017年、国内ITサービスのトップベンダーは富士通‐IDC発表

国内ITサービス市場のトップ5は富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM

出典:「国内ITサービス市場 主要ベンダー サービスセグメント別売上額、2017年」IDC Japan

この調査では、まず、ランキングに先駆けて、2017年の国内ITサービス市場規模を発表した。それによると、市場規模は5兆5,389億円で前年比成長率は1.4%となった。

そして、ベンダー売上のランキングは富士通がトップとなった。以下、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBMと続いた。同社によると、2013年以降この順位に変動はないが、直近の3年間で7社の占めるシェア、特にトップ5の占める比率は徐々に減少しているという。

また、グラフを見るとNEC、日立製作所、NTTデータの3社の売上額の差は拮抗し、三つ巴の様相だ。

サービスセグメント別で見ると、プロジェクトベース市場は、NECを除き、上位ベンダーはいずれもプラス成長となった。

テクノロジーアウトソーシング市場でも、大規模案件終了の反動減のあったIBMを除いてすべての上位ベンダーがプラス成長であり、特にアクセンチュアが前年比22.7%増と高い成長率を示したという。

また、サポート&トレーニング市場では、上位10社のうち6社がハードウェアサポート&保守でのプラス成長が寄与し、前年比増となった。

また、産業分野別の「製造」では、アクセンチュアが製薬や化学、組立製造にけん引され、順位を2つ上げて6位に上昇した。さらに、政府/公共においても順位を上げた。

通信/メディアではSCSK、その他ではサービス向けを中心に中小規模の案件を積み上げたTISが、それぞれ前年よりランクアップしたという。

売上額成長率最高はアクセンチュア

これら大手ITサービスベンダーの中で前年比売上額成長率がもっとも高かったのはアクセンチュアだった。同社ではその要因として、デジタルトランスフォーメーション(DX)への積極的な取り組みを挙げている。

また、これに加えて、従来型のSIやテクノロジーアウトソーシングの着実な拡大により、全サービスセグメント、全産業分野で2桁成長を示し、3年連続の売上額成長率1位になったという。